NO IMAGE

コロナウイルスだろうが原因不明の体調不良だろうが治すには抵抗力を回復させることだけ

NO IMAGE
Sponsored link

新型ウイルス治療の医師「患者の抵抗力で治るのを待った」
2020年2月13日 21時10分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012284441000.html

京都市で新型コロナウイルスへの感染が確認された2人の治療を担当した医師がNHKの単独インタビューに応じ、「治療薬がないので、静養して栄養をとってもらい、患者自身の抵抗力で治るのを待った」と振り返りました。

京都市立病院感染症内科部長の清水恒広医師は京都市で新型コロナウイルスへの感染が確認され入院した中国・武漢に帰省していた20代の中国人留学生の女性と京都市内の販売店で観光客の接客をしていた20代の中国人男性の治療を担当しました。

2人の容体が回復し、今週までに退院したのを受け、清水医師がNHKの単独インタビューに応じました。

この中で清水医師は2人の症状について、「最初は熱が出て体がだるく、そのうちせきが出てくる症状だった。これが数日ですむなら、かぜかなと思うが、それが5日から1週間、続いた」と振り返りました。

また治療について、直接効果がある薬がないため、「基本的にはゆっくり静養してもらって栄養をとってもらい、患者自身の抵抗力で治るのを待った」と話しました。

「無症状の感染者」

もはや今年の流行語とも言える「無症状の感染者」

マスコミ的にはPCR検査で陽性となった無症状の患者がが感染を広めているそう。

そしてPCR検査を積極的に行い、早く患者を人工呼吸器やステロイドで治療しなければならないという結論に。コロナウイルスを実際に確認してるわけでもない、何の検査だかよくわからないPCR検査は正しいの一点張りです。

血液が汚れればウイルスは体内から自然発生することを知らない専門家は、未だに鼻くそほじらないを連呼。ほじらなくても敏感すぎるPCR検査でコロナ認定の可能性があります。

風邪 → 体内からウイルス発生 → 感度の高すぎるPCR検査陽性 →コロナ認定 → 人工呼吸器 → お陀仏 → ありがとう
ワクチン → 異物で体内からウイルス発生 → 感度の高すぎるPCR検査陽性 → コロナ認定 → 人工呼吸器 → お陀仏 → ありがとう

冬になれば風邪っぴきがふえますから感度の高すぎるPCR検査で陽性続出。誤解されて殺される状況では、おちおち風邪も引けず、ありがたくありません。

感度の高すぎるPCR検査で風邪で陽性患者が大量発生。治療を施して人口減少に拍車をかけ、医療で金を儲け、コロナ&インフルワクチンで陽性続出という本末転倒が予想されます。

2020年11月23日
今冬は、新型コロナとインフルエンザが同時流行するのではと言われてきた。だが新型コロナ患者は急増している一方で、インフルの患者数は過去3年の平均の100分の1未満にとどまる。なぜこんなに少ないのか。
https://www.asahi.com/articles/ASNCP0HNNNCLUBQU006.html

記者もボケるのに必死。インフルワクチン打ちに行くやつがいないから、というのは明白。インフル流行の原因はインフルワクチン。

オーストラリア政府は、国内の大学とバイオテクノロジー企業が進めてきた新型コロナウイルスワクチンの開発を中止したと発表しました。臨床試験に参加した一部の人からエイズウイルスの検査で感染していないのに陽性となる偽陽性の結果が出たということで政府はイギリスの製薬大手アストラゼネカなどのワクチンを追加購入するとしています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201211/k10012759411000.html

コロナワクチン → エイズ陽性

オーストラリア政府 が
臨床試験に参加した一部の人からエイズウイルスの検査で感染していないのに陽性となる偽陽性の結果が出た
ため
新型コロナウイルスワクチンの開発を中止した
ということで
(オーストラリア)政府は
イギリスの製薬大手アストラゼネカなどのワクチンを追加購入する
だそうです。変な記事です。「ということで」じゃないだろ。
☓ ということで → ○ にもかかわらず

直前合宿中に受けた新型コロナウイルスのPCR検査で偽陽性が出たことについて、「最初に陽性と言われた時は、絶対うそだと思った」。一方で「検査する人もちゃんとやってくれているし、選手もイレギュラーな中で、できることをしっかりやっている。その中で偽陽性が出たので、しょうがないと思う」とも話した。https://www.asahi.com/articles/ASNC75RH7NC7UTQP01R.html

激しい体操 → 免疫力低下 → ウイルス自然発生 → 感度の高すぎるPCR検査陽性 → コロナ認定

私はこの動画をみるまで、全く知らなかったのでかなり驚きました。

・まずエイズのHIVウィルスなんて言うものは存在していない事。

・エイズのテストはアフリカの人々によくみられる特別な遺伝子の形質的要因を調べるテストだという事。

・インフルエンザのワクチンはHIV抗体を作るもので、このワクチンを受けるとHIV抗体陽性になってしまう事。

実際ワクチンを受けてHIV陽性と診断され、病気そのものよりも有害な薬の治療が行われ沢山の人々が犠牲になったという事http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=286027

インフルワクチン → エイズ陽性

体に悪い行為 → 免疫力低下 → ウイルス自然発生 →コロナ&エイズ陽性

陽性になるのに三密、鼻くそ関係ナシ。

近代におけるワクチンの使用方法として、生物兵器として使用されているという話があります。http://thinker-japan.com/vaccine.html#10

患者が減ったら閉店ガラガラ、そりゃ崩壊するわ。インフルワクチンで儲けられないから医療崩壊を防ぐために半強制コロナワクチン。同じCD何枚も買わせる商法、中身一緒でラベル違うだけだったりして。

医学の目的

様々病気の治療と言うものは痛みや苦しみを取り除くのが目的です症状もないのに治療しても、治療する対象が存在しません。

痛くもかゆくもないのに治療を始めるのはおかしな話。

二人に一人がなることでおなじみのがん治療についても同様のことがいえます。

痛くもないのに医師がご親切にがんを早期発見して治療開始。具合がどんどん悪くなって抗がん剤でがんだらけになり、勝手に安楽死させられる本末転倒。「がん治す薬なんてないんだからやめろ」と周りが止めても、我慢できず人の目を盗んで薬剤投与で「殺しちゃいました(笑)」なんて医師も。

酸素吸入で患者が窒息し意識障害まで起こしてるのに「お薬を飲ませないと」と無理やり口を開けてお薬を流し込もうとする看護婦。

誰も治ってないどころか、みるみる具合が悪くなっているにも関わらず、医師は真面目な顔してやっているのだからどうしようもありません。こんな方々に拍手をしなければならないのだからこれほど不幸なことはありません。

痛くもないし治せもしないのなら、何もしないという選択は懸命です。

免疫力がなんだか知らん医師

結局、風邪の治し方と一緒です。そして風邪が治せないことでおなじみなのが現代医学です。

鎮痛剤を使って風邪の症状を抑えても治ったことにはなりません。とにかく免疫力を上げることです。

自宅からのリモート出演でリラックスしすぎて「免疫力を上げる方法がわからない」とつい本音を口走る医師。免疫免疫と騒いでただけだった模様。

異物の排出力、及び異物が付着した赤血球メトヘモグロビンを還元反応させ、まともな赤血球ヘモグロビンに戻す、という単純すぎる免疫力の真の意味を医師が答えることもできず、アルファベットのついた細胞の名を叫んでカネだけを稼ぐのだから世も末です。

まるで成長していないこの一年でまるで成長していない

出典:http://e-village.main.jp/gazou/entry/000355.html

この一年、知ったような口をきいていたのは何だったのでしょうか。免疫力を下げる薬はあるけれど、上げる方法を知らない医師。こんな連中のために高い金を払っていたのですから、がっかりしないならその人は気が狂っています。

患者自身の抵抗力

血液をきれいにすること、血液を弱アルカリ性に保つことが上記引用文「基本的にはゆっくり静養してもらって栄養をとってもらい、患者自身の抵抗力で治る」ことに等しいわけです。

アルカリ性食品を食べ、クエン酸サイクルを活性化させることに尽きます。

残念ながら専門家の方々はこのことを知りません。薬屋付属病院に勤務、薬屋付属大学に進学しても薬屋がもうかる医学しか教わらないので体調改善には無益です。

薬屋の医学が病人を増やしているのが現状。病人を増やし手術や薬で利益を上げることは、利益を追求する薬屋の目的と合致するからです。会社としては正しいですが実態は死の商人です。

今回のコロナ騒動は、無症状の感染者という健康体の人間まで病人にしてしまうのですから、厄介な話です。

免疫力を下げると言う無茶苦茶な薬まで患者に飲ませているからコロナでなくても具合が悪くなります。今まででたらめばかりをやってきた医療だから、コロナによってさらに追い込まれているわけです。

回復するのに薬いらない

医療の目的も理解できず患者の病気を治すことなく悪化させてきた現代医療の方々。まずは風邪の治し方を覚えるべきです。簡単なことができないのだから難しい病気が治るわけがありません。

薬をたくさん飲ませれば病気が治る、保険点数の高い治療器具を使えば病気が治る、必要のない手術を何回も行う、これで多くの患者の基礎疾患が治らないわけです。

馬鹿なことををいつまでやっているのでしょうか。

マスコミは人工呼吸機ばかりこぞって取り上げ
PCR検査で安心とデマを流す

お陀仏の一歩手前で安心なわけがありません。

基礎疾患を持つ患者がコロナによって具合が悪くなると言う妄想を捨て、基礎疾患を持つ患者が医療によってさらに基礎疾患を悪くする現実を受け入れ、変な機材や薬品に頼らず、ゆっくり静養して、栄養をとって、自身の抵抗力で免疫力を上げていきましょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">