Sponsored link
NO IMAGE

政府・地方自治体の信用できない大本営発表:新型コロナウイルス

NO IMAGE
Sponsored link

マスコミの流す情報は鵜呑みにしない

【速報】自宅療養中の60代男性死亡 福岡県 基礎疾患なし無症状
2021/01/25 19:03FNNプライムオンライン
https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-135448.html
福岡県でも、自宅療養中の男性が死亡していたことがわかった。

男性は60代で、1月15日に発熱し、22日にPCR検査を受け、新型コロナウイルス陽性と判明した。

その後、症状はなく自宅療養を続けていたが、24日夜、呼吸状態が悪化し、25日未明、死亡が確認された。

男性に重篤な基礎疾患はなく、福岡県内で自宅療養中に死亡したのは、これが初めて。

1 1月15日 発熱

2 22日 PCR検査 陽性 自宅療養 無症状

3 24日夜 呼吸状態悪化

4 25日未明 死亡確認

医師が関わるとしたら3の24日夜以降
24日夜以前は誰がみていたのか
周りにいた者、家族の話がソースになるが伝聞である
3 4の間は3〜9時間程度だが確認が早い
自宅なら「朝起きたら死んでました」となるかも
22日に入院し人工呼吸器を使用していたのでは(3日で急激に悪くできる)
PCR検査後急激悪化は都合がよすぎる
入院中治療死を自宅療養中と変えたか
亡くなったその日(1月25日)に発表は早いが新聞でも死んでからおくやみ欄に掲載されるまで数日かかる 事実関係を調べるだけでも時間はかかりそうなものだが福岡の死亡者を都内のマスコミが死亡した日に放送、よほど煽りたいのだろう
ほっといても日本では1日平均3000人は死ぬがコロナ死に変換しているのだろうhttps://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei19/dl/2019suikei.pdf

A 本当に具合が悪く急死
B 発熱(もともと入院) → 入院(☓自宅)→ 22日検査・治療 → 24日悪化 → 25日死亡の可能性

治療後に急変 死亡ではさすがに言えない
事実関係を改ざんしたか
今もっとも当てにならない政府・地方自治体がソースだから怪しい
入院治療死を自宅療養中死亡に変えるだけで宣伝になる
(早く病院行かないとやばい、と煽る)
コロナに治療法ない 新型コロナ発見されてない
人工呼吸器 → 窒息
ステロイド→ 発がん 免疫力低下で本末転倒 基礎疾患悪化するが専門家はやたら推奨する副作用ひどすぎ 製薬会社の回し者 ステロイドで治る病なし
コロナの症状とをよばれるものとステロイドの副作用は同じ→血栓
ステロイド盛りまくりで殺してもコロナ死にできる

人工呼吸器→肺の線維化・呼吸困難 コロナの症状と同じ→コロナ死

急死は医師を疑えが基本です。抗がん剤(毒物)を殺す目的で内緒で打って回ってた輩(医師)も存在します。

医療関係者は人にあらず 人間としての価値なし外道 それでも信じるか

まずやることは自称専門家と医療関係者の舌を抜くことだ
こいつらの言うこと真に受けてろくなことになった者なし

言い方はひどいかもしれませんが自宅で死ねたら幸せです。医療に無駄にひっかき回されない、無駄金使わない死に方。善人顔して往診までして殺して人工呼吸器でカネにできそうな年寄り探して回るハイエナ医師。

口癖は「自宅で死んだら殺人と疑われるよ」と家族を脅して年寄りを連れ込み、チューブにつなぎまくり人工呼吸器にかけて殺して金儲け。死因は病死と改ざん。挙げ句には病状の改善してる患者まで手にかけ殺す始末。

こんなクズが跳梁跋扈する日本。これらの蛮行に拍手を強制されるくらいなら舌を噛み切り自害したほうがマシなレベルです。

治療と称した虐待も多いですが、自分も将来同じことをやられるというのに愚かです。本気で信じて暴力や虐待を行う医師・医療関係者が多いですが、彼らのようなゴミはろくな死にかたをしません。

人間死ぬときは死ぬわけで、病院で寿命伸ばせるわけがありません。コロナ以前も死にぞこないでの点数稼ぎがひどいかったわけですが、いままで偽医師たちがやってきたまったく同じ蛮行をコロナ治療を言い訳に正当化しています。

患者を虫けら扱い気軽に殺して贅沢してきた医師・医療関係者たちの本性は人体実験・毒物遊びと薬の売人。マスコミ・医療ドラマ医療漫画がこの実体を美化して隠します。感謝しよう拍手しようキャンペーンは腐った人間を美化する演出に過ぎません。

コロナ前から救急車が多すぎますが、特に311以降、他の原因での急死は多いですが放射能はないことにして無視してもあるものはあるのです。

政府・地方自治体、信用できない大本営ソースばかり

新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210125k0000m040214000c.html
2021/01/25 20:41

厚生労働省は25日、東京都在住の40代男性が、英国で見つかった新型コロナウイルスの変異株に感染していたと発表した。

男性は、22日に公表された都内在住の10代未満の女児の濃厚接触者で英国の滞在歴はなく、市中感染したとみられる。男性は15日に発症し、21日に都内の医療機関に入院した。不特定多数との接触はないとしている。

新型コロナ関連のニュースで注目するべき点。

情報ソースがすべて政府や厚生労働省・地方自治体の発表のみに偏っているということです。

(厚生労働省・地方自治体)が〇〇代〇性がコロナウイルスに感染して死亡と発表、がテンプレ。発表する者は事実関係を確認するわけでもなく与えられた原稿を読むだけ。役所・テレビ局でぬくぬくしている人間がいちいち事実を確認しに走るわけがありません。

マスコミが自力で調べたわけではない様子。政府が出すものをそのままニュースとしてたれ流しているものと思われますが、政府に都合のいい情報であり誘導です。

大本営発表 権力者・利権者による信用できない情報の垂れ流し

普通に死んだまたは治療死を、コロナが悪化して急に死んだ、という風に事実をすり替えているものと思われます。

コロナの恐怖を煽るという目的があります。イカサマPCR検査で陽性が出てすぐ死んだ、というニュースは、恐怖を煽り、無症状なのに病院に駆け込んでくる馬鹿を増やせる道具となります。

政治家ですら割り込んでも入院したい、とゴキブリホイホイに突っ込んでくるというのですから大した効果です。また、このイカサマ騒動を知っている政治家と知らない政治家がいるものとも推測されます。逮捕から逃れるための入院とも考えられます。

発熱してからPCR検査を受けて症状がなく自宅で療養している人が急激に具合が悪くなって亡くなった、という過程がワクチン打ちを表明してからよく見られます。

これらが本当に確認されたものなのかはではありません。ワクチン打ち表明からタイミングよく変異種の出現、タイミングよくPCR陽性判定後、重症化する患者続出。これだけタイミングがいいと「ありがとう」としか言いようがありません。

病院に行っていたわけでもなく、疾患がないのだから医師が観察し続けているわけもなく、無症状から死亡までの過程を誰が確認しているのかも謎。改ざん、作られた事実を垂れ流して恐怖を煽り、ワクチン打ちにいざなう部隊がマスコミです。テレビ・ネットニュースもいちいち疑う姿勢が必要な時代です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock