NO IMAGE

ナノチップ入りワクチン、5G推進と電磁波神経コントロール、スマートダスト計画:新型コロナウイルス

NO IMAGE

タイミングが良すぎる次世代通信システム5G推進。
異常なまでに執着するワクチン推進。

ワクチンで体内に注入した粉状のチップで通信するわけです。人間に粉状のSIMカードを入れてスマホ化する計画を本気で実行しようとしています。

電磁波を浴びることにより体内の電子が吹っ飛ばされますから、それによって血液が酸性化してがんになることが考えられます。

電磁波自体が電子を吹き飛ばしてできた波だから、浴びると電子が奪い取られ、酸化が進み体が悪くなっていきます。

コロナワクチンを作っているジョンソン・エンド・ジョンソンはベビーパウダーで有名。細かい粉を製造している会社といってもいいでしょう。 その粉チップを入れたワクチンを人間に注入するわけです。

体内に粉チップ入れるのがクール的なCMがバンバン流され若者が引っかかるのかもしれません。テレビ局のワクチン推進も広告です。報道されるものはすべて「これは広告です」を意識しましょう。

ナノチップの狙いとは

News:ニュース速報 2003年2月14日 04:54 PM 更新
日立が「ミューチップ」をさらに小型化、0.3ミリに

日立製作所は2月14日、大きさが0.3ミリ角と世界最小の非接触型ICチップを開発、動作を確認したと発表した。同社が既に実用化した「ミューチップ」よりさらに0.1ミリ小さい上、量産性を高めたという。

新チップでは表面と裏面に電極を設け、サンドイッチ上にICチップを挟むアンテナ構造を採用。チップ面積が小さくて済むのに加え、チップが上下反転しても動作するなどのメリットがある。生産時にチップ面の上下面を考慮する必要がなくなるため、量産性が高まっているという。

ミューチップは、128ビットの数字列をワイヤレス送信できる超小型ICチップ。紙幣にすき込んで偽札を防止するといった用途が考案されている。
https://www.itmedia.co.jp/news/0302/14/njbt_02.html

2003年の時点ですでに超小型チップが完成しています。
体内にナノチップなんか入れて一体何をするのでしょうか。

まず一つ目は体内の監視です。 体内の状態をチェックして、 どこかの会社にその情報を送信するわけです。

そうすると、その人の体の状態が手に取るようにわかるということです。

 チームはまた、神経を刺激するだけでなく、神経をモニターして神経系の活動をクローズドループで制御できるインプラントの開発も計画しています。これは、電気治療薬と呼ばれる全く新しいクラスの治療法を提供することを約束するバイオ電気医学の新興分野での潜在的なアプリケーションを持っています。例えば、グラクソ・スミスクラインは最近、グーグルの姉妹会社であるベリリー・ライフサイエンス社と提携し、ガルバニ・バイオエレクトロニクス社を設立すると発表した。動物実験では、この技術が2型糖尿病の治療に利用できることがすでに示唆されており、他にも多くの可能性があるという。妹尾氏によると、彼らは膀胱コントロールの問題や腸疾患の治療を検討しているという。

次のステップとしては、移植したダストモットが長期間生きているかどうかを検証し、覚醒して自由に動いている動物を使って実験を行うことになる。その後、様々な改良を加えていく予定である。”これらのプラットフォームが慢性的に使用しても安定していることを確認しながら、より小型化し、刺激や他の種類のセンサーなどの機能を追加していく予定です」とマハルビズ氏は言う。”これらを使用して、pH、酸素、化学物質、腫瘍、あらゆる種類のデータを体の奥深くで取得し、ロバストな通信を行うことができるというアイデアは、非常にエキサイティングなものです」。https://www.scientificamerican.com/article/neural-dust-could-enable-a-fitbit-for-the-nervous-system/

機能と動作の改善に協力する yes!
使用統計情報や障害レポートを自動送信します  yes!

AppleWatchをつけていれば心拍数や血圧がわかる的なガジェットで喜んでいる輩。大企業は体の中に装置を入れて、体の状態を把握したがっています。スマホに標準搭載されたヘルスケア系アプリで個人の体内データを収集したいのも納得できます。

次に考えられることは神経のコントロールです。

神経をコントロールして遠隔操作によって自由自在に人間を操作する。そして神経の集中している脳細胞までをも操り、思考も支配してしまうということが考えられます 。

1回の接種では注入するチップの量が足りない、だから2回接種だ3回だと騙して接種回数を増やし、いつのまにやら体内はチップだらけ、人間スマホのできあがりです。

チップで神経をコントロールすれば、糖尿が治るとが豪語しているようですが、 糖尿の原因は血液の酸性化、アシドーシスが原因でありアルカリ性食品を食べること、重曹とクエン酸を食事に組み合わせることで十分治療することは可能。チップで神経を操り治療できるわけがありません。

チップで神経をコントロールできるということは、言い換えると遠隔で殺すことも容易であることを意味します。思考をコントロールして自殺させればいいのです。

コロナワクチンを打ってしまうと悪性の腫瘍ができ、後で大変な健康問題になって現れます。腫瘍程度で済んだらマシなほうです。ワクチンに含まれる発がん性物質とナノチップ入りワクチンを注入された腕周辺と、松果体のある眉間の皮膚表面に沈着、集中して黒い痕になります。これが獣の刻印であることは義務教育を終えた者なら容易に予想がつきます。

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節)獣の数字 wiki

病院内での立場、給料など目先の利益に飛びつきワクチン打ちに走る医療従事者は大変なものを失っているのです。患者の健康や命を気軽に奪って大儲けしてきたのだから失うのは妥当な結論といえます。

「そんなことはありえない」

髪の毛真っ白の石頭有識者どもは現実から逃避します。偉いだけで存在価値なし。

スマートダスト
https://en.wikipedia.org/wiki/Smartdust
Smartdust は、センサー、ロボット、その他のデバイスなど、光、温度、振動、磁気、化学物質などを検出できる多くの小さな微小電気機械システム(MEMS)のシステムです。それらは通常、コンピュータネットワーク上でワイヤレスで操作され、タスクを実行するために一部のエリアに分散され、通常は無線周波数識別を通じて検知します。はるかに大きなサイズのアンテナがない場合、小さなスマートダスト通信デバイスの範囲は数ミリメートルで測定されます また、マイクロ波への曝露による電磁的無効化および破壊に対して脆弱である可能性があります。

1997 年、カリフォルニア大学バークレー校の Kristofer S. J. Pister、Joe Kahn、Bernhard Boser が執筆したスマートダストの研究提案が DARPA に提出されました。この提案は、体積が1立方ミリメートルのワイヤレスセンサーノードを構築するというもので、1998年に資金援助の対象に選ばれました。このプロジェクトは、米粒よりも小さいサイズの作業用モートにつながり、より大きな「COTS Dust」デバイスは、バークレーでのTinyOSの取り組みをスタートさせました。

このコンセプトは後に2001年にKris Pisterによって拡張されました[5] [5] 最近のレビューでは、センサーネットワークのスマートダストをミリサイズを超えてマイクロメートルレベルにするための様々な技術について論じています[。

グラスゴー大学のナノエレクトロニクス研究センターの超高速システム部門は、関連するコンセプトであるスマート・スペッ クスを開発している大規模な国際コンソーシアムの創設メンバーです。

スマートダストは、2003年にガートナーの「新興技術に関するハイプ・サイクル」に参加し、2013年には最も投機的な参入企業として戻ってきた。

センサーノード(主に北米ではモーテとも呼ばれる)は、センサーネットワークの中で、何らかの処理を行い、感覚情報を収集し、ネットワーク内の他の接続されたノードと通信することができるノードのことである。モーテはノードであるが、ノードは必ずしもモーテであるとは限らない

私たちの知らないうちにテクノロジーはとてつもなく進んでいるわけです。それが私たちの健康に役に立つわけではなく、むしろ有害になってしまうのだから頭を使って避けることが重要です 。

ワイ、先端恐怖症やしアナフィラキシーショック起こしたことあるしパニック症候群で会場入れんし尻も2つに割れてるしイケメンやないし知能低いしNHKの受信料徴収員にドア蹴っ飛ばされとるし

なんで打つのやめときますわ…….

やってる本人は人類のためだと信じているのでしょうが。コロナ騒動で調子に乗りすぎです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

この会社はアメリカでアメリカの大企業なわけですが、 販売する製品に毒物を混入するなどして数々の被害を引き起こしている模様。wikiを見る限りでも訴訟ばかりやっているようです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンとは

赤ちゃん・子供のケア用品として、ジョンソンベビーには、スージングナチュラルズシリーズ、ベビーローション、ベビークリーム、ベビーオイル、ベビーパウダーがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

取り扱い製品
日本の一般向け製品は日本法人のコンシューマーカンパニーが、使い捨てコンタクトレンズの「アキュビュー」は同じ日本法人のビジョンケアカンパニーが、それぞれ販売している。

一般用医薬品は、アメリカ本社が2006年5月にファイザー社の一般用医薬品事業を譲受し、日本も2007年8月にファイザー株式会社の一般用医薬品事業をコンシューマーカンパニーが譲り受けたが、2012年10月から武田薬品工業が販売する。すでに製造委託している一部製品は販売提携となる[10]。2017年4月に武田薬品工業のコンシューマーヘルスケア事業が分社化され、武田コンシューマーヘルスケアが販売する。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

米食品医薬品局(FDA)は24日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンが開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、安全で有効であるとの判断を示した。同ワクチンはこれまでに認められたワクチンとは異なり、2度の接種を必要としない。
https://www.bbc.com/japanese/56180300

日本の製薬会社と提携し、ジョンソン・エンド・ジョンソンの商品を販売するといった形になっているわけです 。ファイザーとの関係もあります。マスコミの異常なまでのファイザー製ワクチン推しも狙いがみえてきます。

毒物入れようが裁判起こされようが、会社が潰れることもなく逆に巨大化していく一方 。少なくともアメリカの 製薬会社・大企業が全て連携してると言ってもいいでしょう。GやMなど大企業は個別の会社ではなく全て連携しているということなのです。その後ろにいる人は誰なのかを考えてみれば分かるでしょう 。

ここまで巨大な会社に成長することができたのは偶然ではありません。

自分でついた嘘を自分で信じる自称専門家

専門家の方々はワクチンに対して肯定的な発言ばかりをしていますが、いまだにワクチンに含まれている成分を説明した専門家は一人もいません。インチキPCRのメカニズムを調べようとも説明しようともせず、いまだにまともな検査であると、自分でついた嘘を自分で信じようとしているくらいです。

ナノチップとスマートダスト計画の存在も知らず、 ビタミン剤が体にいいレベルの専門家。不自然なコロナ騒動とワクチン推しによる人類奴隷化計画が着々と進んでいるのに嘘ついて金儲け。なんでも知ってると思い上がっているだけで、大切なことは何も知らないのでした。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!