Sponsored link
NO IMAGE

メッセンジャーRNAで遺伝子を改変されて病気になるワクチン:新型コロナウイルス

NO IMAGE
Sponsored link

メッセンジャーRNAを注入するというコロナワクチン。評判どおりの最悪の結果の数々。マスコミは悪い結果は隠蔽し、安全安全を強調。原発だろうがワクチンだろうが安全と言うやつにろくなものはいません。

毒だ毒だと騒いでいるけどビビって「自分の意思で決めて」「毒物を注入するのもしないものあなたしだい」と逃げる腰抜けyoutuber。リスクを理解してワクチン打ったんだから賠償しませんというどこかのインチキ政府と同じで中庸の精神で詐欺を容認。

毒なんだからやめろと一言いってやれよ。
だけど自信がないから言い切れない。

そんな毒ワクチンに含まれるメッセンジャーRNAについてみていきます。

メッセンジャーRNA

メッセンジャーRNA(mRNA)は、遺伝子のDNA鎖の一方と相補的な関係にある一本鎖のRNA分子のこと。

メッセンジャーRNAは、mRNAとも呼ばれ、細胞内に存在するRNAの一種。このmRNAは、他の多くのRNAと同様、核内で作られた後、細胞質に移動しタンパク質を作る器官である翻訳機がこのmRNA分子に結合。mRNA上のコードを読み取って特定のタンパク質を作ります。

mRNAは細胞核を離れて細胞質に移動し、そこでタンパク質が作られる。

タンパク質の合成時には、リボソームと呼ばれる小器官がmRNAに沿って移動、その塩基配列を読み取り、遺伝暗号を用いて3塩基のトリプレット(コドン)をそれぞれ対応するアミノ酸に翻訳します。

リボソームがmRNAに移動

リボソームがその塩基配列を読む

リボソームがアミノ酸に翻訳

1つの遺伝子のDNAがmRNA分子に転写され、最終的に1つの特定のタンパク質を作ることになるのです。

ワクチン危険説

ワクチンでRNAを使用する危険性は、ネット上の書き込みを介して広まった誤った情報であると専門家は強調します。

注入したワクチンのRNAが人のDNAを変えると主張したり、エビデンスの蓄積を無視しながら、これまで隠蔽してきた危険性を強調したりしていると批判します。

が、ワクチン事故が起こっているので妥当です。嘘つきが批判されると批判者を嘘つき呼ばわりです。ワクチンで病気が治ったり予防されたことなどなくエビデンスはありません。

発症しなかったのはその人の免疫力が高かっただけであり、ワクチンのおかげではありません。エビデンスもないのに何でもかんでも自分の手柄にするのはやめましょう。

mRNAワクチン

mRNAワクチンは細胞内のDNAに影響を与えたり再プログラムしたりしません。合成mRNAフラグメントは、ウイルスの抗原を構築するための指示(主要なコロナウイルスmRNAワクチンの場合はタンパク質スパイク)を運ぶウイルスRNAの特定の部分のコピーであり、ヒトDNAとは関係ありません。この誤解は、COVID-19 mRNAワクチンが一般に知られるようになったときに広まり、陰謀説です。[41] [42]https://en.wikipedia.org/wiki/RNA_vaccine

都合が悪けりゃみんな陰謀。mRNAワクチンは人工的に作ったmRNAを注入します。細胞内のDNAに影響を与え、再プログラムするようです。

ウイルスの抗原を構築するための指示で、ヒトDNAと関係ないという。が、実はDNAは赤血球からできます。赤血球とワクチンの成分が結合して病的分化した細胞ができます。そして何らかの病気になるのです。

外来タンパク質を産生した後、mRNAは細胞内で分解するはずです。ただし、特定の製剤(脂質ナノ粒子ドラッグデリバリーコーティングの正確な組成を含む)は候補mRNAワクチンの製造業者によって秘密にされているため、詳細とタイミングはまだによって調査されていません。[43]https://en.wikipedia.org/wiki/RNA_vaccine

mRNAは細胞内で分解するはずと製薬会社は主張するが、第三者機関もなく誰も調査していません。どうなるかわからないということです。そのくせ安全と主張するというのですから無責任にもほどがあります。

安全とほざき回る専門家と製薬会社の嘘を真に受けてはいけません。

ワクチン目的

ワクチンの目標は、適応免疫システムを刺激して、その特定の病原体を正確に標的とする抗体を作成することです。抗体が標的とする病原体上のマーカーは抗原と呼ばれます。[33]

mRNAワクチンは、従来のワクチンとは非常に異なる方法で機能します。[1]従来のワクチンは、抗原、弱毒化ウイルス(弱毒化または無害ウイルス)、または組換え抗原をコードするウイルスベクター(抗原を持つように設計されたキャリアウイルス[引用が必要])を筋肉に注入することによって抗体応答を刺激します。これらの抗原含有成分は、体外で調製され、成長します。[要出典]

対照的に、mRNAワクチンは、ワクチン接種を受けた個人に、ウイルスのRNA配列の短命[34] 合成的に作成されたフラグメントを導入します。これらのmRNAフラグメントは、食作用によって樹状細胞(免疫系細胞の一種)に取り込まれます。[35]樹状細胞は、独自の内部機構(リボソーム)を使用してmRNAを読み取り、mRNAを破壊する前にmRNAがコードするウイルス抗原を生成します。[4]非免疫細胞はワクチンのmRNAを吸収し、スパイクを生成し、その表面にスパイクを表示する可能性がありますが、樹状細胞はmRNAの小球をはるかに熱心に吸収します。[36]

ウイルス抗原が宿主細胞によって産生されると、通常の適応免疫系プロセスが続きます。抗原はプロテアソームによって分解され、次にクラスIおよびクラスIIのMHC分子が抗原に付着し、それを細胞膜に輸送して樹状細胞を「活性化」します。[37]樹状細胞が活性化されると、それらはリンパ節に移動し、そこで抗原がT細胞とB細胞に提示されます。[38]これは最終的に、抗原を特異的に標的とする抗体の産生をもたらし、免疫をもたらします。[33]

ワクチン→抗原→抗体→免疫

病気の原因が抗体です。病的に成長した細胞のことであり、酸化した赤血球が成長した細胞である。血栓も抗体です。毒を入れると血液が固まります。

英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン接種後に血栓ができる事例が報告されたことを受け、デンマーク、ノルウェー、アイスランドは11日、同ワクチンの接種を一時中止した。https://www.epochtimes.jp/p/2021/03/69723.html

ワクチンによるサイトカインストームが発症。大好きな サイトカインストームなのに血栓とゴマカシで言葉遊び。コロナの症状も血栓ワクチンの副作用も血栓でどっちも類似した生物兵器なのは明らか。

都合が悪いんでワクチンと血栓との因果関係ナシ、と調べもしないであわてて反論する政府。

抗体ができると病気が治るというのは大嘘。体内に異物を入れたから抗体ができた。異物や毒物から守るために赤血球が毒物を包み込み毒が回らないようにする生体防御反応です。

抗体が守る が間違い
守った結果抗体になった が正しい
因果関係が逆です。

因果関係をひっくり返して毒を注入するのを正当化したのが免疫学です。免疫の本質は異物の排出です、異物を入れれば免疫は低下します。

発がん性物質を注入してできるがん細胞。抗がん剤でがんだらけになるのも赤血球が発がん性物質を包み込んできるというメカニズムです。だめな細胞が体内に増えて体が動かなくなるのが自己免疫疾患です。抗がん剤の副作用にも自己免疫疾患があります。毒の取り込みすぎが原因です。

インフルワクチンで抗体ができるからインフルが流行してきました。コロナ騒動でインフルワクチン打つ人少ないため流行しません。スペイン風邪も抗体詐欺でワクチン打った人から重症化し死亡。

この抗体が増えると死亡するわけです。PCRなども抗体を拾い陽性判定が出ます。抗体になった汚い赤血球がメトヘモグロビンです。赤血球は鉄でできているから錆びます。

メトヘモグロビン(Methemoglobin)は、ヘモグロビンの一種であり、通常のヘモグロビンに配位されている二価(フェロ)の鉄イオンが三価(フェリ)のものである。メトヘモグロビンは、酸素を運ぶことができない。チョコレートの茶色に青みがかった色をしている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3

健康体ならヘモグロビンの1-2%がメトヘモグロビンです。数値が高いのは、遺伝的要因か様々な化学物質への曝露が可能性として考えられます。現代では化学物質の要因が大きすぎます。

ワクチンの化学物質でメトヘモグロビンの増加から疾患・死亡に至ります。

メトヘモグロビンの飽和度
1-2% – 通常
10% 以下 – 無症状
10-20% – 皮膚の変色
20-30% – 不安 頭痛 呼吸が苦しい
30-50% – 疲労 精神錯乱 めまい 頻呼吸 動悸
50-70% – 昏睡 発作 不整脈 アシドーシス
70% 以上 –  死亡
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3

結局、アシドーシスが進行してるだけの話です。医師たちは偽医療でメトヘモグロビンの飽和度を上げてるだけだから誰も治りません。

メトヘモグロビンの数値が高い場合には、実際の酸素飽和濃度に関わらずパルスオキシメーターでは85%近くの数値が出る傾向にある[1]。

コロナ対策は人工呼吸器・毒物ワクチンではなく、メトヘモグロビンを減少させることです。コロナ対策どころか放射能対策、病気の治療にもなります。

愚かな専門家は人工酸素を吸わせてメトヘモグロビンを増やして窒息死させて「コロナのせいだ」の大合唱。酸素飽和濃度を上げるのではなく、メトヘモグロビンを減らすことです。

コロナの後遺症は治療でメトヘモグロビンの増やしすぎ。

医療従事者もコロナワクチン打ってメトヘモグロビンの増加して病気に。

アスコルビン酸による再還元、生成したデヒドロアスコルビン酸はグルタチオン、NADHによりアスコルビン酸に再生される。

アスコルビン酸、いわゆるビタミンCのこと。アスコルビン酸を体内で生むクエン酸、アルカリ性食品でメトヘモグロビンをヘモグロビンに戻すことが可能。

錆びた鉄のサビをとるのと何ら変わりません。がんも血液がきれいになると出血して取れますが、自分の生活を第一に考える医師は抗がん剤を無理やり注入する患者殺害をやめません。

病気の治し方もメトヘモグロビンも調べず、自分で殺して患者をバカにしたり、キレれて怒鳴って逃げる、自殺にみせかけるなど蛮行を繰り返すゴミ専門家ばかりです。

ワクチン騒動

メッセンジャーRNAなどたいそうなことを叫んでいますが、体に不要な薬品入れれば病気になるのは当たり前。予防も治療もできないのは当然です。

酸化で病気、還元で治療。酸化還元反応ですべて説明がつくが製薬会社と専門家は人体実験と金儲けが目的なので隠し続けます。

血液汚してメトヘモグロビンを増やして病人と死人が増えるだけ。死ななくても痛くないアピールするうっとおしい専門家もいますが、後でどうなるかなど製薬会社も誰も調べていません。

実験して安全性か確認されたワクチンを打つのではなく、ワクチン打ちが安全かどうかを確かめる実験なのですから。

総理大臣も「安全性を確認しながら」と言っています。「安全でないことも確認しながら」進めてたくさんの被害が出ることを確認するから人体実験なのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock