Sponsored link
NO IMAGE

インフルで確立した重症化を防いだ詐欺をコロナ騒動に転用:新型コロナウイルス

NO IMAGE
Sponsored link

インフルワクチンで確立した重症化を防げた詐欺。

転用しコロナワクチンでも大活躍です。

重症化を防げた詐欺とは、ワクチンを打って具合が悪くなった、それはウイルスに感染したせいなんだけど重症化を防げたんでよかったね、とごまかす詐欺手法の一種です。

この詐欺は、薬物注入の責任を逃れつつ、患者を喜ばせて病院のリビーターにする効果が期待できます。毒を注入したから具合が悪くなっただけなのですが……

製薬会社はワクチン打って事故ったときのために必死に詭弁を考えます。末端の医師は患者を殺したときに、MRに教わった詭弁を放って逃げます。医師という健康詐欺師が今日も元気に患者を騙します。

重症化を防いだ

ワクチン打ったaさんが無症状だったとします。効いたとの結論となります。
ワクチンを打った後、具合が悪くなると、ワクチン打ったaさんに重症化を防げたと説明します。ここでの比較対象はワクチン打たなかったaさんです。

ここで、ワクチン打ったaさん、ワクチン打たなかったaさんは同一人物です。
ワクチン打ったaさん、ワクチン打たなかったaさんは同時に存在しないので比較しようがありません。aさんはこの世に一人しかいませんから比べるのは無理です。

ワクチン打たなかったaも無症状だったかもしれません。「ワクチン打たなかったaさんは重症化したはず」は仮定の話です。仮定の条件はいくらでも好きな状況を設定できるわけです。

これが重症化を防げた詐欺の根幹です。

「仮に、ワクチン打たなかったaさんは重症化したはず」という条件がインチキなのです。

この詭弁を編み出したときに製薬会社の一室では拍手がやまなかった、というのは想像に難くありません。

「すばらしい詭弁だ!」
「ブラボー!」
「この詭弁で30年は食っていける」
「末端の医者に毒持たせてこの詭弁擦り込め」

大学教授から町医者までこの詭弁を使うようになりました、とさ。

ワクチン打って具合が悪くなった奴は「因果関係ナシ」「患者のせい」「病気のせい」そして「隠蔽」です。

ワクチン打たなくて無症状という都合の悪いケースは存在しないことになります。

(1-a)ワクチン・治療あり(1-b)ワクチン・治療あり(1-c)ワクチン・治療あり(2)ワクチン・治療なし
仮定(医師の願望)重症のはず重症のはず重症のはず重症のはず
現実無症状不健康重症 死亡無症状
仮定と現実の比較仮定:重症<現実:無症状仮定:重症<現実:無症状 不健康仮定:重症>現実:重症死亡仮定:重症<現実:無症状
医師主張する結論ワクチン・治療で重症化を防げたワクチン・治療で重症化を防げた因果関係ナシ 患者・病気が悪い都合悪いから無視
評価患者の免疫力が高い 後遺症の不安医師 ワクチンが原因医師 ワクチンが原因何にもしてない

(2)ワクチン・治療なし、では金が儲かりません。(1)ワクチンありにもっていきたいわけです。

抗がん剤拒絶する患者に(無症状)(2)なのに内緒で抗がん剤を打ち
仮定:重症<現実:無症状を、仮定:重症<現実:重症にして「打たないから治らないんだ」と詐欺した医師もいます。(2)にみせかけた(1-c)です。自分で殺して被害者のせいにするなど殺人犯の中でも凶悪な部類に属します。このペテンを繰り返し殺しまくって出世です。

何もしなければ何も原因がないので持病でもなければ急死しません。医師はその持病を治すことすらできません。持病とワクチンが相まって死亡するのがオチですが医師は持病が悪いんだと騒ぎます。持病も治せないくせにワクチン打ったり治療行為を施すのが悪いのですが。

「基礎疾患をお持ちの方からワクチンを」は殺すマンマンということ。弱くて殺しやすい上、殺しても「基礎疾患が急に悪化したから」と言い訳できます。

100万円と表示コロナで地獄の苦しみと報道
100万円
2万円 98%オフ
コロナで地獄の苦しみ
ワクチンで普通の苦しみ 苦しみオフ
客「ありがとういい店だ」客「ありがとういい医者だ」
初めから2万円の商品初めから苦しみなし

現実は変化させずにワクチンの価値を高めます。

インフルワクチンジェノサイド

インフルワクチン打ってインフルにかかり、発熱したのを医師は「重症化を防げた」この詭弁にひっかかり続ける奴はコロナ前から続出。インフルワクチンジェノサイドです。意識だけ高くても疑わなければ引っかかります。病気にされてるのにお布施をしつづける哀れな信者がボロカスになりながら「軽くて済んだ」

はっきりいって、インフルワクチンは生物兵器です。金はらって生物兵器注入してるのですから狂っています。1円2円の金額ケチる主婦が生物兵器の注入に金を払うのですから滑稽にも程があります。

2020年はコロナ騒動ではインフルワクチンを打つ奴がおらず、インフル患者がほぼ消滅しました。意識の高いのがインフルワクチン打ってまんまとインフルにかかった程度です。

専門家はインフルがコロナに入れ替わったと騙します。コロナはインフルの変異種ということなのでしょうか。いまだに新型コロナウイルスは発見されていません。ついた嘘を隠すために嘘を重ねるハメに陥ります。

インフル患者がほぼ消滅したのは病院に行く奴が極端に減り、ワクチンジェノサイドが止まったからです。おかげで死人まで減りました。これは偉業です。

具合の悪くなった奴が一人でも出ればその物質は毒物です。毒物入れても何も治りませんし予防も無理です。体質の関係する漢方薬は例外ですが、Aにとって毒物あるものはBにも毒物とした働きます。同じ原因からは同じ結果しか生まれません。それが科学です。いつまで科学風味のオカルトをやっているのでしょうか。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock