NO IMAGE

死体にPCR検査&タケノコPCR検査センター:新型コロナウイルス

NO IMAGE
Sponsored link

コロナに感染した遺体は6体 死後数日経過した遺体も 沖縄県警が発表 (琉球新報) – goo ニュース

https://news.goo.ne.jp/article/ryukyu/region/ryukyu-20210421061000.html?isp=00002

沖縄県警は20日、2020年1月から21年3月末までに取り扱った、事件・事故に巻き込まれた疑いのある遺体を検視した結果、新型コロナウイルスに感染していた遺体が6体あったと発表した。自宅などで一人で亡くなり、死後数日経過していた遺体もあったという。

死体を引っ張ってきてまでPCR検査を行います。

死んだ瞬間から腐敗が進み体内に細菌やウイルスが自然に増えてくるので陽性判定が出ます。そしてマスコミは「コロナで死んだ」というわけです。明らかにおかしいですよね。

交通事故で亡くなった人、無駄な医療で殺された人の遺体を持ってきてPCR検査を行っているわけですが、死体にPCR検査をしても無意味です。

検査というものは健康になるために行うものであって、健康になれる可能性のない人に行なったところで何の利益もありません。作られた偽のニュースを広めてコロナの恐怖を煽りたい、という目的なら達成できるかもしれませんが。

そもそも体内の無菌状態であるという前提自体が間違っています。少し具合が悪くなれば最近はウイルスは体の中から感染しなくても自然に発生してきます。そしてPCR検査はこれらのウイルスや細菌を拾うことにより陽性判定が出るといった仕組みになっています。新型コロナウイルス専用のテストではありません。

逼迫の根拠が医師や看護婦の証言のみ

医療の逼迫を主張するテレビに出てくる専門家という人たち。よくよく見てみると医療が逼迫しているという情報ソースは彼らの「証言」しか存在していません。

証拠には物証と人証という2種類があります。どこに目撃証言などに代表される人証はあてになりません。人はいくらでも嘘をつくからです。これだけ情報ソースと騒いでいる世の中で、逼迫の証拠がテレビに出てくる医者の証言しかないのは不思議です。

医師が言ったら真実、というのは偏見以外何者でもありません。

病院内が混み合っている動画も全く出てきていません。動画が出てきたところで今どきニセ動画などいくらでも作ることはできますが。さすがにお金をもらったと思われる医師の証言だけ、というのは怪しいにも程があります。

タケノコのように生えてきたPCR検査センター

コロナ騒動下で、うじゃうじゃ生えてきた得体の知れないPCR検査センター。代表者の連絡先が携帯という怪しさ。

不安だから検査したい、という国民のニーズに答えていますが擬陽性だらけで不安になるだけです。存在証明すらされていないウイルスの治療なんかできるわけがないのに、検査を受けても殺されるリスクが高まるだけです。PCR検査センターに人が集中してさんみつで危険ではありませんか。PCR検査センターと電車内は結界が張ってあるので安全です。クラスターは絶対に起こりません。

話のわからない一般国民はのPCR検査センターに足を運びイカサマ検査であることも理解できず、無症状で陽性判定が出て保健所に連絡、療養施設に入り我慢しきれず逃げ出すわけです。

無症状の陽性者が暇なんで逃げ出す

https://news.yahoo.co.jp/articles/418be27b9c088d857b1dc5cca7c8d06deaada2df

千葉県が新型コロナの宿泊療養施設として借り上げている成田市内のホテルから、療養中だった20代の男性が無断外出し、一時千葉市内に滞在していたことが分かりました。

(中略)

男性は、市内の薬局で咳止め薬を購入したほかコンビニや留守中の友人宅にも立ち寄っていましたが、男性の症状は軽く外出中は常にマスクをしていたということで、県は「濃厚接触者はいない」との見解を示しています。その後、男性は千葉市内で保護され、県の用意した車両で16日午後3時ごろに療養先のホテルに戻り、翌17日の午前中には宿泊療養の解除基準を満たしたため退所しました。

男性は入所当初から「自分は元気なので自宅に帰りたい」と訴えていて、「咳止めの薬を買いたくて外出した」と話しているということです。

県は「ご心配をおかけして深くお詫びします」と陳謝した上で、再発防止に向け、運用方法の見直しや宿泊療養のルールの周知などに努めるとしています。

無症状感染者が、施設から逃げ出して捕まったとのニュースになっているわけです。

「お前はこれから病気が発症するはずなんだから逃げるな!」

もはや指名手配、犯罪者の扱いです。コロナ患者を差別しないでなんて大嘘です。検査センターがあちこちにできると、情弱な方が入ってしまうのでしょう。インチキ検査で感染したと思い込ませるツールがPCRです。気軽に受けて健康なのに感染者のレッテルを貼られます。

何の症状もない人間なんて何もやることがないわけですから、暇になって外に出たくなるのは当たり前。自分から詐欺検査に引っかかって素性の知れないPCR検査センターに行き、インチキ検査を受けて間に受けてる時点で問題なわけですが。何でもかんでも真に受けすぎです。

PCR検査センターなどというゴキブリホイホイには気をつけたいものですね。カルト宗教に足を突っ込んだのと変わりません。

何千人も人を集めてくればPCR検査を行い陽性判定がされた後に具合が悪くなって病死する者もいるでしょう。それ以外の原因なら何かを撒いてるか放射能・電磁波の類でしょう。

マスコミにとっては陽性判定後の死亡が最もおいしいネタです。早く治療しないからコロナで死んだ早期発見早期治療が大事なんだと医者も喜んで叫んでいますが、ステロイドも人工呼吸器も寿命を縮めるだけです。

無症状の患者にやることなし

無症状の患者にやることなどありません。無症状者なんて単なる健康体です。

具合が悪いからなんとかしてほしいと医者にかかるわけですが、具合が悪くもないのにかかっってもやることがありません。具合が悪いもないのに検査の結果が悪いから治療では本末転倒です。悪化するぞ悪化するぞと騙し悪化させるわけです。がん治療はこのパターンです。

将来がんになるからいまのうちに体の一部を切除しましょうと騙されたハリウッドセレブもいますが、将来病気になるから今治療をという詐欺が流行しています。がんなんて抗がん剤とステロイドで簡単に作れる上、食事療法で出血して取れます。

もはや懐かしいワードとなったヒトヒト感染も嘘でしょう。インチキ検査で感染したと思い込ませればいいのですから。恐怖を煽り毒チンを推進、ワクチンパンデミックが始まりつつあります。日本ではワクチンパンデミックを意図的に止めてる者がいるみたいですが。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">