Sponsored link
NO IMAGE

自家菜園の食材を食べ化学療法を回避して肺がんを完治させた男性

  • 2022-04-29
  • 2022-04-20
  • 解毒
  • 110view
NO IMAGE

 

自家菜園の食材を食べ、化学療法を回避して肺がんを完治させた男性

https://www.naturalnews.com/2016-08-09-man-eats-foods-from-his-own-garden-avoids-chemotherapy-to-cure-himself-from-lung-cancer.html

ギリシャ出身のスタマティス・モライティス氏は、60代半ばで重度の肺がんと診断され、余命9カ月と宣告された。しかし、驚くべきことに、スタマティスは30年以上もがんと無縁で生き続けることができた。

モライティスさんは、98歳という高齢にもかかわらず、驚異的な健康状態を維持しているのは、食生活のおかげだという。庭で新鮮な有機野菜を栽培し、毎日オリーブ畑の手入れをしているのだ。

医師が推定する余命9ヶ月の間、有毒な化学療法を受けるよりも、ギリシャに戻り、シンプルで自然な生活を楽しむことを選んだ。新鮮な自然食品を中心とした食生活を送り、活動的な生活を送り、愛する人たちで人生を満たすことで、スタマティスはがんを治すことができたのだ。

心身医学の医師であり、ホールヘルス・メディスン・インスティテュートのトレーニングプログラムの創設者であるリサ・ランキン博士は、モライティス氏から人々が学ぶべきことがある、と述べている。健康で長生きすること、特に致命的な病気と診断された後でも長生きすることは、現代では並大抵のことではない。私たちは、時間と労力をかけて自分の健康に投資する人々を評価し、そこから学ぶことができる。

ランキン博士は、より多くの植物とオリーブオイルなどの健康的な脂肪を食べ、動物性食品や加工食品を減らすことが、健康を促進する簡単な方法であると提案している。

野菜と果物を多く摂ることは良いスタートになる。ほとんどの野菜や果物には、健康をサポートする貴重な微量栄養素や植物性栄養素がたくさん含まれているが、中にはより強力な効果を持つものもある。

がんと闘う力を得られる有名な食品はたくさんある。緑茶はカテキンで有名ですが、そのカテキンは緑茶に含まれる化合物で、驚くべき健康効果をもたらす。カテキンは、ビタミンCよりも強力だと考えられている。

がんと闘うために役立つ他の優れた食品には、トマト、ニンジン、ホウレンソウ、ブロッコリー、ベリー類などがある。これらの色鮮やかな野菜や果物には様々な植物性栄養素が含まれており、それぞれに効能がある。例えば、トマトには、非常に強力な抗酸化物質であるリコピンが豊富に含まれている。

リコピンは数種類のがんのリスクを低減し、心臓病のリスクも下げると言われている。イチゴ、ブルーベリー、ブラックラズベリー、ゴジベリーなどの色素の濃いベリー類には、がんに効く栄養素が無数に含まれており、味もおいしい。

新鮮な野菜と果物をより多く食べることは、健康を増進する最も簡単な方法の一つなのだ。

Sponsored link

家庭菜園

取れてすぐの野菜は栄養が豊富
家庭菜園なら農薬・化学肥料の心配がない

食生活の改善

血液の浄化

免疫力アップ

がんの化学療法なんてただの毒物
医師にぶっ殺されたくないなら食事の改善

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".