Sponsored link
NO IMAGE

生のニンニクを毎日食べると肺がんや腸がんのリスクを40%減

  • 2022-05-08
  • 2022-04-25
  • 解毒
  • 270view
NO IMAGE

生のニンニクを毎日食べると肺がんや腸がんのリスクを40%減

https://www.naturalnews.com/2016-07-19-reduce-the-risk-of-lung-and-bowel-cancer-40-by-eating-raw-pulverized-garlic-daily.html

ニンニク好きにはたまらない。ニンニクは、多くの料理に使われる風味豊かな主食であるだけでなく、2つの一般的ながんの発症リスクを低減するのに役立つという新たな証拠が示されました。

研究者は、生の粉砕ニンニクを日常的に食べることで、結腸癌と肺癌の両方のリスクを最大40%低減できることを発見しました。この研究では、このレベルの効果を発揮するために患者が摂取する必要があるニンニクの量は、毎日1片から3片の間であることがわかりました。

ニンニクに含まれるアリシンという化合物が、その抗がん作用の大部分を担っていると考えられています。しかし、アリシンが単独で作用しているのか、他の抗酸化物質や栄養素との相乗効果でこのような大きな効果を引き出しているのかは、まだ分かっていません。

肺がんや結腸がんの予防に役立つだけでなく、サウスカロライナ医科大学の研究者が執筆した別の研究では、ニンニクに含まれる特定の化合物が、健康な神経細胞に影響を与えずに脳のがん細胞を実際に死滅させることが判明しています。

この研究では、ニンニクに含まれる3種類の有機硫酸塩が、脳腫瘍の一種であるグリオブラストーマの治療に用いられました。膠芽腫は、成人の脳腫瘍の中で最も急速に増殖するがんである。硫化ジアリル、二硫化ジアリル、三硫化ジアリルという化合物は、活性酸素の生成とミトコンドリアを介した経路で細胞死を誘導することがわかった。しかし、この現象に影響を受けたのはがん細胞だけであった。健康な細胞はそのままだった。

また、アポトーシス(細胞死)を引き起こすだけでなく、硫化化合物は新しいがん細胞の増殖も抑制することも確認された。

生のニンニクを食べると、いくつかの癌の予防を含め、多くの健康上の利点があります。生のニンニクを食べるときは、皮を剥き、10 ~15分ほど置いてから食べるとよいでしょう。こうすることで、有益な化合物が放出されやすくなります。また、食べる前にニンニクをつぶしておくと、より効果的です。

また、ニンニクを水と一緒に噛むと、より多くの有効成分アリシンが分泌されるため、よく噛んで食べることをお勧めします。新鮮なニンニクを丸ごと食べると意外と熱いので、水を用意しておくとよいでしょう。

Sponsored link

にんにくはアルカリ性食品です。食べにくければ蒸せばおK。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".