Sponsored link

クルミの相乗効果で体重増加させないでLDL悪玉コレステロールの低下、空腹感の抑制、腸の健康増進が示される

  • 2022-05-28
  • 2022-07-31
  • 解毒
  • 107view
Sponsored link

太るのを気にする人にぴったりのおやつがクルミです。

オメガ3脂肪酸の優れた供給源となり、高カロリー食品として扱われているのは、カロリーのみに注目した浅い栄養学に振り回され、肝心の栄養面を見落としています。

クルミは体重増加を促進することなく、加齢に伴う健康問題を抑えることが推測されています。

クルミの相乗効果により、体重増加を促進することなく、LDL「悪玉」コレステロールの低下、空腹感の抑制、腸の健康増進が示される

https://www.naturalnews.com/2016-06-03-synergistic-effects-of-walnuts-shown-to-lower-ldl-bad-cholesterol-curb-hunger-and-boost-gut-health-without-promoting-weight-gain.html

Walnuts and Healthy Aging(WAHA)研究のスペイン人研究者は、カリフォルニア州サンディエゴで開催された年次実験生物学(EB)会議で研究結果を発表しました。

研究チームは、高齢者の体重に悪影響を与えることなく、毎日のクルミの摂取が血中コレステロール値を有意に改善することを発見しました。

健康専門家の間では、クルミはスーパーフードとしてもてはやされています。特にベジタリアンの間では、タンパク質と食物繊維が豊富であるとして珍重されています。

これまでの研究では、クルミは認知機能を向上させ、病気の進行を遅らせ、糖尿病のリスクを減らし、男性の生殖能力を向上させることが示されています。

LDL 悪玉 コレステロール値が有意に減少

WAHA研究は、バルセロナ病院クリニックとロマリンダ大学の研究者によって実施されました。彼らは2年間にわたり、各参加者の重要な情報を収集しました。この研究の目的は、加齢に伴う健康問題に対してクルミがどのような影響を与えるかを検討することでした。

参加者の中に、コントロールされていない糖尿病、高血圧、クルミアレルギー、肥満の既往症がある人はいませんでした。

分析対象は、1日のカロリー摂取量の15%未満に相当する量のクルミを毎日摂取したか、クルミの摂取を完全に控えた707名の高齢者です。

参加者には、1日にどれくらいのカロリーを摂取すべきか、どのような種類の多量栄養素を摂取すべきか、どのような種類の食品でクルミを代用すべきかについての指導は行われませんでした。

1年後、研究者はくるみを毎日摂取した被験者と全く摂取しなかった被験者との間で、体重、トリグリセリド、HDL「善玉」コレステロールに有意差はないことを発見しました。

しかし、研究者らは、くるみを毎日摂取した人は、くるみを食べるのを控えた人に比べて、LDL “悪玉 “コレステロール値が有意に減少していることを発見しました。

「クルミは高エネルギー食品であることから、長期的な摂取は体重増加につながるのではないかという懸念が一般的でした」と、バルセロナ病院クリニック内分泌・栄養部脂質クリニック部長のEmilio Ros博士は述べています。

「WAHA研究の予備的結果は、高齢の自由生活者の大規模なコホートが1年間毎日クルミを摂取しても体重に悪影響がないことを示しています。また、よく知られているクルミ食のコレステロール低下作用は高齢者でも同様に働き、長期的に維持されることも示しています。

クルミから良質な脂肪やその他の栄養素を摂取しながら、脂肪を抑え、血中コレステロール値を下げることは、高齢者の総合的な栄養状態にとって重要です。クルミを食べることがこの特別な集団に恩恵をもたらす可能性があることがわかり、心強い限りです。

クルミに付随する潜在的な健康効果についてロス博士は、「WAHA研究を続ける中で、クルミの摂取が、他の結果の中でも、公衆衛生上の大きな関心事であった認知機能の低下や加齢黄斑変性にどのように影響するかを評価していきます」と付け加えました。

クルミの相乗効果

毎年、何千人もの世界トップクラスの研究科学者や健康専門家がEBミーティングに集まります。EBで発表された新しいアブストラクトは、クルミが健康に幅広い影響を与えることを示しています。クルミに付けられた健康効果の一部を紹介します。

腸の健康

食品の選択と腸内細菌叢は人間の健康にとって極めて重要な役割を果たします。米国農務省研究局の研究者が行った最近の研究では、1日に1.5オンスのクルミを摂取すると腸内細菌が変化し、心臓の健康の指標となる炎症と悪玉コレステロールが減少することが発見されています。

空腹感と満腹感

ジョージア大学の研究者たちは、前例のない研究の中で、ある種の脂肪を摂取すると、空腹感や満腹感など、長期的な食欲反応が変化することを実証しました。

特に、飽和脂肪を多く含む食事の後に、多価不飽和脂肪を多く含む食事をすると、空腹感や満腹感のマーカーが変化することを発見したのです。1オンスあたり13グラムのくるみは、多価不飽和脂肪の優れた摂取源です。

代謝の健康

代謝の健康 オレゴン州立大学の研究者が最近行った動物実験によると、クルミとラズベリーやチェリーなどのポリフェノールが豊富な食品を併用した食事が、代謝を改善することが分かりました。

大企業の作った得体の知れないお菓子を食べるくらいなら、クルミをおやつがわりにしていきましょう。ワクチン解毒には毒物を取り込まず、良質な栄養を取り、健康な細胞を作っていくことが大切ですが、クルミも役立てて下さい。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock