Sponsored link
NO IMAGE

大規模な隠蔽工作、数千の医学研究が極めて不正確であることが判明

NO IMAGE
Sponsored link

大規模な隠蔽工作、数千の医学研究が極めて不正確であることが判明

https://www.naturalnews.com/2017-02-25-massive-cover-up-as-thousands-of-medical-studies-are-found-useless.html

科学研究は数え切れないほどの用途に不可欠であり、そのような実験を行う場合、正確さと妥当性が最も重要であると思うだろう。しかし、どうやらそれは思ったほど重要ではないらしい。

推定では、科学研究に使われる細胞株の20〜36パーセントが汚染されているか、間違って同定されており、同じパーセントの研究が比較的無意味で、ひどく不正確なものになっているのだ。

ブタ、ラット、マウスから採取された細胞がヒトの細胞として提示されたり、目的のヒト細胞が他の未知の物質で汚染されていたりすることはよくある。

そして、科学雑誌は少なくとも過去35年間はこの問題を認識していたにもかかわらず、ほとんど対策がとられていない。ほとんどの学術雑誌は、この種の誤表示や汚染の影響を受けた何千もの研究に、何らかの免責事項を設けることさえしていない。これは、不正なデータの公表に等しいと言えるかもしれない。

ヒトの細胞株の約15%以上は、主張された供給源に由来するものではないと推定されている。

ヘンリエッタ・ラックスにちなんで名付けられたHeLa細胞は、子宮頸部の癌細胞として知られている。この細胞は研究所のどこにでもあり、急速に増殖・拡散することが知られている。また、この細胞は、他の種類の細胞と接触すると、その細胞を汚染することが分かっている。これは非常に問題で、研究に使われているいくつかの細胞株がHeLa細胞によって汚染された可能性があるのだ。

Stat Newsのイワン・オランスキーが説明しています。”特にHEp-2とINT 407という2つの他の細胞株が、現在HeLa細胞に汚染されていることが知られています。”つまり、HEp-2とINT 407で研究していると思っていた科学者が、実際にはHeLa細胞で実験していた可能性が高いということだ。

コロラド大学のクリストファー・コルヒという遺伝学者がこの問題を詳細に研究している。

コルヒは、HeLa細胞とHEp-2を混同した可能性のある1,182誌の約5,800件の論文と、HeLa細胞とINT 407細胞を混同した可能性のある271誌の約1,336件の論文を特定した。合計すると、約214,000回引用された7,000以上の論文が、研究に間違った細胞を使っていた可能性がある。

しかも、これはこの2つの細胞株についてだけである。コルヒは過去15年間に、よく使われる78の細胞株が他の細胞で過剰に増殖していることを突き止めたと言われている。彼の発見に注意を払う科学者はほとんどおらず、「偽者」の細胞株に関する研究をわざわざ撤回したり、訂正したりする科学者はさらに少ない。

しかし、この大規模な違反によって影響を受けている可能性が高い細胞株は、はるかに多いのだ。合計で約400の細胞株が、由来を証明するものがない、あるいは実験室での系譜のある時期に他のヒトや動物の細胞と交差汚染されたものであることが判明している。

オランスキーが説明するように、細胞株はしばしば、丈夫な性質と長期間にわたって繁殖・飼育が可能であることから選ばれる。彼によれば、これらの細胞は、例えば研究者の手袋につくようなことがあれば、簡単に研究室内を移動できるのだそうだ。

Retraction Watchのゲスト投稿で、国際細胞株認証委員会の議長であるAmanda Capes-Davisは、細胞株が汚染されるのは「驚くほど簡単」だとコメントしている。

「細胞が初めて培養されたとき、通常はほとんど成長しない期間を経て、細胞株が出現します。その間に他の場所から持ち込まれた1個の細胞が、誰にも気づかれることなく元の培養系から抜け出してしまうことがある」とケープス=デイビスは説明する。

コルヒ氏は、細胞株の汚染は、汚染された細胞に基づいて行われる価値のない不正確な科学研究に、簡単に何億ドルも相当する可能性があると見ている。コルヒの数字は議論の余地があると考えられているが、研究室で汚染されている材料は細胞株だけではない。

研究に使われる抗体の多くも、認証が欠落している。汚染された、あるいは虚偽の生物学的材料によって影響を受けた研究の数は、現在推定されているよりもはるかに多い可能性があり、多くの医学やその他の科学研究を根拠がないものにしてしまっている。

エビデンスもテキトーです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock