界面活性剤ALC-0315 ALC-0159 コロナワクチンで死に至る理由

コロナワクチンでなぜ死に至るのでしょうか。その成分を誰も語ろうとしませんが、まずコロナワクチンの成分ALC-0315をみていきます。

ALC-0315

ALC-0315
ALC-0315([(4-hydroxybutyl)azanediyl]di(hexane-6,1-diyl) bis(2-hexyldecanoate))は、合成脂質である。無色透明の油状物質で、バイオンテック社とファイザー社のSARS-CoV-2ワクチン「BNT162b2」の成分として注目されている。

具体的には、医薬品の有効成分である脆弱なmRNAをカプセル化して保護する脂質ナノ粒子(LNP)を形成する4つの成分のうちの1つである[1][2]。 このナノ粒子は、in vitroおよびin vivoにおいて、治療に有効なオリゴヌクレオチドやmRNAなどの核酸の取り込みを促進する[3][4]。

生理的pHでは、ALC-0315は窒素原子でプロトン化されてアンモニウムカチオンとなり、アニオン性であるメッセンジャーRNA(mRNA)に引き寄せられる[5]。

https://de.wikipedia.org/wiki/ALC-0315#:~:text=Als%20terti%C3%A4res%20Amin%20ist%20ALC-0315%20bei%20pH%207,bezeichneten%20Bereichs%20von%206,6%E2%80%936,8%20f%C3%BCr%20die%20Immunogenit%C3%A4t%20

使用方法
ALC-0315は、BNT162b2ワクチンの構成成分の一つです。ALC-0315の3級アミンとしての化学的特性は、そのカチオンが、人体内でSARS-CoV-2スパイクタンパク質を形成するための遺伝情報を伝えるメッセンジャーRNAに静電結合を形成することを意味する。

重要なのは、mRNAをカプセル化した脂質ナノ粒子が筋肉細胞に吸収されると(受容体媒介エンドサイトーシスと呼ばれるプロセス)、エンドソーム内の酸性環境がALC-0315を完全にプロトン化し、その結果、ナノ粒子はペイロードであるmRNAを放出することである[2]。

https://de.wikipedia.org/wiki/ALC-0315#:~:text=Als%20terti%C3%A4res%20Amin%20ist%20ALC-0315%20bei%20pH%207,bezeichneten%20Bereichs%20von%206,6%E2%80%936,8%20f%C3%BCr%20die%20Immunogenit%C3%A4t%20

ALC-0315

アンモニウムカチオン発生

第四級アンモニウムカチオン(だいよんきゅうアンモニウムカチオン、英: quaternary ammonium cation)は分子式 NR4+ と表される正電荷を持った多原子イオンである。R はアルキル基かアリール基を指す[1]。

アンモニウムイオン NH4+ や第一級・第二級・第三級アンモニウムカチオンとは違い、第四級アンモニウムカチオンは常に帯電していて、溶液のpHに左右されない。第四級アンモニウム塩や第四級アンモニウム化合物は第四級アンモニウムカチオンとほかのアニオンとの塩である。

第四級アンモニウム塩は抗菌性も持つ。ある第四級アンモニウム化合物、特に長鎖アルキル基が含んでいるものは、抗菌剤や消毒薬に使われる。

たとえば塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、塩化メチルベンゼトニウム、塩化セチルピリジニウム、セトリモニウム、塩化ドファニウム、臭化テトラエチルアンモニウム、塩化ジデシルジメチルアンモニウム、臭化ドミフェンなどがある。

真菌、アメーバ、エンベロープを持つウイルスに対しても、細胞膜を破壊することにより作用する。他にも様々な生物を破壊するが、芽胞、結核菌、非エンベロープのウイルス、シュードモナス属などは例外である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E7%B4%9A%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3

ALC-0315

アンモニウムカチオン発生

細胞膜を破壊して殺菌

※ 第何級かはわかりません。これしか情報がなかったので。

第四級アンモニウム塩は消毒薬、界面活性剤、柔軟剤、シャンプーなどの帯電防止剤に使われる。液体中の柔軟剤では塩化物がよく使われる。衣類乾燥機には硫化物がよくつかわれる。殺精子ゼリーにも第四級アンモニウム塩が含まれている。そのほか、工業的に非常に重要な純水を製造するのに必要な陰イオン交換樹脂の主要成分である。

第四級アンモニウム化合物は健康にさまざまな影響を与える。例を挙げていくと、軽度の皮膚や呼吸器の炎症から皮膚の焼灼性熱傷、胃腸炎、吐き気、嘔吐、昏睡、痙攣、低血圧、死などがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E7%B4%9A%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3


細胞破壊

ウイルス発生

PCR陽性

体内から細菌ウイルスが発生するのは、細胞が破壊されたのが原因です。激しい運動なんかすると、細胞が破壊されてウイルス量が増えて、PCR陽性になると考えられます。増えたウイルスが何のウイルスなのかはわかりません。

細胞が破壊されるので、心臓の細胞も破壊されます。界面活性剤の毒性を利用しているのです。食器洗い洗剤は、手の細胞の破壊されない重曹やクエン酸を使用しましょう。

神経筋肉遮断薬(英語版) (全身麻酔をかけるために使われる) の摂取によるアナフィラキシーの原因と考えられている。クオタニウム-15(英語版)は最もアレルギー性接触皮膚炎の原因とされることが多い。(959 ケース中 16.5 %)

手術の全身麻酔時に神経筋遮断薬を使用した際に起こるアナフィラキシー反応の原因となる化学物質群と考えられている。 手のアレルギー性接触皮膚炎の原因としては、クオタニウム-15が単独で最も多く発見されている(959例中16.5%)。

https://en.wikipedia.org/wiki/Quaternary_ammonium_cation

神経筋遮断薬ですから神経もマヒします。

コロナワクチンでアンモニウムカチオンが発生します。

カチオン性界面活性剤
カチオン性界面活性剤は、分子内に正に帯電した官能基を持つ界面活性剤と呼ばれますが、電気的中性を維持するために、陰イオン(負イオン)と結合しています。すべての界面活性剤と同様に、カチオン性界面活性剤は極性部分と非極性部分で構成されています。非極性部分は異なるアルキル基です。極性基は一般に第四級アンモニウム基です。

カチオン性界面活性剤には2つの重要な特性があります。それらは固体/液体界面で容易に吸収され、微生物の細胞膜と相互作用することができます。その結果、このタイプの化合物は優れた抗菌剤として機能し、長年にわたって病院や食品業界で消毒剤として使用されてきました。

カチオンと結合して神経伝達物質ナトリウムが奪い取られ神経がマヒします。電子は負に帯電しているので、正に帯電した物質に電子を奪い取られます。早い話が酸化です。

体内にナトリウムが少ない人や骨の弱い人は致命傷でしょう。骨(カルシウム)は元素転換によりナトリウムになります。見かけはりっぱでも、食べものが悪く骨の弱い若者は多いです。ワクチン接種後に、健康そうな若者が急死した、なんて話は増えるでしょう。

誰も調べない塩

人間に必要な塩を破壊する成分と言ってもいいでしょう。でも、専門家や医師は塩が体に悪いものと決め付けているので事態を把握できません。

インチキ医療業界の核心は塩抜きです。薬品を使って塩を抜くのが基本原理です。だから病人が増え寿命は縮みます。

恐ろしや、過去に色々な拷問があり、「塩抜きの刑」っていうのもあったそうです。
塩を抜くとどうなるか?
簡単にいうと馬力がなくなります。(元気がなくなる)
江戸時代、暴れん坊に塩抜きしたとか、戦後シベリアに抑留された人は収容所で食事から塩を抜かれたそうです。塩を抜かれたら、元気がなくなり倒れていったそうです。

現在元気でない方は、ひょっとしたら塩不足なのかもわかりません。(わかりません)塩気がないと脳に栄養が行かずボーッとなるそうですし。なので減塩は認知症になりやすいとも言われています。

ホンモノのお塩には血液を回そうとするパワーがあります。
摂りすぎを心配なさると思いますが、およそ1日20グラムあたりが目安だそうです。(厚労省は男性10グラム、女性9グラム)もし異常に血圧が上がるようであれば、血管が細くなっておられるのかも知れません。
ボチボチ試してみられませんか?

塩不足になると
便秘 下痢 体力気力の低下 胃腸障害 筋肉痛 けいれん 口内炎 冷え 不妊症 血圧低下による脳梗塞など

https://ameblo.jp/y43431960/entry-12197932015.html

死ななくても、神経伝達ブロックワクチン打っておとなしくなる老人大量発生です。

消毒剤として使用
特定の古典的なカチオン性界面活性剤は殺生物活性を示すため、消毒剤(消毒剤)として使用されます。これらには次のものが含まれます。

塩化ベンザルコニウム
塩化ベンゼトニウム
塩化セチルピリジニウム
ヘキサデシルトリメチルアンモニウムブロミド

さらに、それらは薬物および遺伝物質の輸送のための小胞を形成することができます。ただし、これらの化合物には溶血活性があります。

アミノ酸ベースのカチオン性界面活性剤は、有機化学者や物理化学者、および予測できない数の基本的および産業的用途を持つ生物学者にとって非常に興味深い、天然に存在する界面活性剤分子の重要なクラスを構成します。https://es.wikipedia.org/wiki/Tensioactivo_cati%C3%B3nico

赤血球の細胞膜が損傷を受け、原形質が細胞外に漏出して、赤血球が死に至る溶血現象が起こりますが、これは赤血球の破壊です。血栓を溶かす、という意味ではありません。赤血球の破壊は食塩濃度低下で起こりますから、ナトリウムの消費が関係しています。

界面活性剤とナトリウムが相殺されて体内で塩不足が起こります。ナトリウムは神経伝達物質ですから界面活性剤で相殺されれば足りなくなり、神経が麻痺します。

界面活性剤は消毒剤という毒です。化学を必死に勉強しても、毒の名前を記憶させられるだけです。医師は毒も薬も判別できません。ダマされているとも知らずに学者は必死に毒の研究をしています。いくら研究してもろくな薬はできません。それどころか、自分自身すら健康になれずに右往左往です。

医師は塩・ナトリウムの大切さが理解できないので、効果的な治療法を考え出すことができません。みずから作り出したワクチン後遺症の始末ができず、患者をよけいめちゃくちゃにして信用を失い完全敗北となります。

ALC-0159

ALC-0159は、PEG/脂質複合体(PEG化脂質)であり、具体的には、約2キロダルトンのPEG鎖質量(N,N-ジミリスチルヒドロキシアセタミド1分子あたり約45~46個のエチレンオキシド単位に相当)にO-ペグ化された2-ヒドロキシアセタミドのN,N-ジミリスチルアミドである。

その性質上、非イオン性の界面活性剤です。有効成分tozinameranを含むPfizer-BioNTech SARS-CoV-2 mRNAワクチンに展開されています。https://en.wikipedia.org/wiki/ALC-0159

ALC-0159も界面活性剤です。

体内から自然発生した細菌・ウイルスは、もともとは人間の細胞だったわけですから、薬品で体内の細菌・ウイルスを破壊することは人間の細胞を破壊することと同義です。

界面活性剤ワクチン

細胞を破壊

出血

体内の菌・ウイルスを殺せば済むんだ、の極地がワクチン死です。医師や看護婦は菌・ウイルスは不衛生だから殺して消滅させればいい、くらいのものと考えていますが、ぼーっとしているうちに、消毒液や界面活性剤を持たされて患者に注入し殺傷するまでになったのです。

体内のウイルスを界面活性剤で破壊しようとしたのか、遺伝子治療薬を核酸に作用させるために細胞膜を界面活性剤で破壊しようとしたのか、考えた人に聞いてみないことにはわかりません。どっちにしてもロクなことになりませんが。

細菌・ウイルスの自然発生説を知らない方は、外部からの感染しかないと思い込み、本記事の意味が分からない、と混乱をきたすでしょう。

界面活性剤ワクチンで細胞を破壊し、ウイルスが自然発生し、ウイルス量が増えた結果PCRが陽性になり、ワクチンで儲けた医師はぬけぬけと「コロナで死んだ!ワクチン打て!」とのたまっているのです。

界面活性剤「高濃度だと毒性高く死亡も」 専門家
横浜患者殺害

2016年9月25日 2:00

大口病院の事件で遺体から検出された界面活性剤は、合成洗剤など身近な製品や病院で日常的に保管している消毒液にも用いられている。中毒学が専門の内藤裕史筑波大名誉教授は「高い濃度だと毒性も高く、死に至ることもある」と説明する。

界面活性剤とは物質と物質の「境界面」で働く成分の総称。分子構造の中に水になじみやすい親水基と、油になじみやすい親油基を持つ。洗剤などは油分の多い汚れの周りを親油基が取り囲むようにくっつき、布や食器などから引きはがす。

内藤名誉教授によると、汚れを落とす作用に加え、界面活性剤には細菌のタンパク質を腐食して殺す消毒作用もある。高濃度で血管に入るとタンパク質から成る血管や臓器に作用して中毒を起こし、死に至ることもある。

内藤名誉教授は「通常は薄めて使う消毒液が、高濃度の原液のまま体内に入れば、微量でも影響が出る可能性がある」と話した。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H5V_U6A920C1CC1000/

高濃度の界面活性剤を医師が注入し、タンパク質から成る血管や臓器に作用して、電子を奪われ細胞が破壊され死に至ります。医師たちは、パンフレットに書いてある物質すら調べずダンマリです。

細菌とウイルスを混同しているというケチをつける方もいますが、当サイトでは大した問題ではないと考えます。(病的)細菌・ウイルスの発生原因は血液の酸性化という同一原因であること、感染なく自然発生すること、発生した細菌・ウイルスが病的なものなのか病的でないものなのか、のほうが重要だからです。どんなにウイルスに詳しかろうが、自然発生説が理解できないならその知識や学者に意味はありません。

しかも、細菌とウイルスがまったく別のものとは思えません。ウイルスが小さく細菌が大きいわけですから、小さいものから大きいものに成長し細胞膜を持つまでになった、小さいものから大きいものに成長した、と考えるほうが自然です。細胞ともウイルスとも分類できないものがいてもおかしくはないはずです。明確に分類できるほうが不自然ではないでしょうか。

細菌とウイルスは全く別のものだから治療法が異なる、というのも疑わしい話です。表面的な形状が違うからとあの薬この薬といろんな薬を作り、薬が効かなくなり「テヘペロ」とやってきたのが現代医学です。

細菌は染色体をもち細胞分裂するが、ウイルスは染色体がないから細胞分裂しない、というのも疑わしいです。人間の細胞ですら「細胞分裂で増える」という事実は実は誰も確認していません。細胞の破壊や赤血球の腐敗により自然発生するのと、外部から侵入し細胞分裂により増殖、あるいは細胞内で遺伝子が複製され増殖するのでは意味が違います。

細胞が界面活性剤で破壊されてウイルスが自然発生し、ウイルス量が増えてPCRが陽性になり、ウイルスが細菌に成長し、他人との接触で細菌に感染するのが原因と言われているのに、他人との接触もなく梅毒が発現している、と考えられるのです。

すると、対策は抗生物質で細菌・ウイルスを消滅させることではなく、細胞が破壊されないようにすること、細胞を破壊する物質を排出すること、となるのが筋です。こう考えると、ウイルスと細菌を厳密に分類することの利益があるとは思えません。

ワクチンという薬品で医師が細胞を破壊し、赤血球を腐敗させ自然発生したのを、外部からウイルスが侵入し細胞内で増殖した、遺伝子がコピーミスした、などとゴマかしているのがコロナワクチン騒動です。ワクチンの被害をコロナのせいと言い張っているのです。「遺伝子とかウイルスのせい」と医師がいうとき、「医師(自分の行った治療行為)のせいではない」という意味と解釈するのが常識です。科学的見地ではなく自己保身が根拠という情けない話です。

抗がん剤を患者に無理やり打って殺害し、勝手に抗がん剤を打ったことは隠し「遺伝子のコピーミスが急に起こった〜こんなにがんは怖いんだ〜」とわめきちらして遺族に嘘をついて逃げる、を繰り返している大量殺人医師がいるわけですが、実は欲に駆られて注入した抗がん剤のせいでした、に通ずるところがあります。この殺人鬼一人の殺めた人間の数に比べれば、大口病院事件の被害者数なんか屁です。

細胞分裂で増殖するのではどうしようもありませんが、血液の酸性化から細胞が破壊され赤血球が腐敗したのが原因ならやりようはあります。細胞分裂とか遺伝子のコピーで増殖すると仮定すればどうしようもないことになるのですが、存在するかどうかもわからないウイルスを遺伝子治療薬でどうしようもないものを、どうにかしようとしてピーボーピーボーとなっているのです。

細菌とウイルスを混同しているという非難される方は、表面的な特徴にばかり目を奪われ、医学の目的を忘れ、医学と生物学を混同しています。細菌とウイルスを正確に分類し、学校の先生によい子と認定され○をもらっていれば満足するのでしょう。セントラルドグマが詐欺だったわけで、馬鹿正直に信じてきた方には本記事はショックが大きく、理解できない方がいても無理はありませんが、定説からかけ離れすぎてサ〜センと謝罪させていただきます。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ: