放射能汚染からの回復EM

  • 2021-04-09
  • 2021-04-09
  • EM
  • 94view
Sponsored link

誰もが見てみないふりする放射能汚染からの回復のカギになるEM。

これは一体何なのでしょうか?

EM

EM(有用微生物群 effective microorganisms)とは、人間自然に害を与えない有益な働きをする微生物をまとめた有用な微生物の集まりのことです。早い話がいい菌ばかり集めたものです。EMには土壌を蘇らせる力があります。

EM菌には抗酸化酵素活性分子の抗酸化物質を生成する特徴があります。 酸化とは物質の原子から電子が奪われる現象のことです。鉄が錆びたり食べ物が腐るのは全て酸化反応です。

最近ではフリーラジカルや活性酸素という言葉が用いられるようになりました。活性酸素というのは強力な酸化作用を持った酸素のことで、老化や病気の原因がこの活性酸素と言われているのです。

運動をしすぎたり、ストレスが溜まったり、体に良くない物を食べたり、発がん性薬抗がん剤を注入したりすると過剰な活性酸素が発生します。あまりにも活性酸素が大きくなりすぎると、活性酸素の酸化力が強まり、 遺伝子を細胞を傷つけ、病気を引き起こしたり、がんになったり、老化を加速させると言われています。

当サイトの見解では、赤血球が酸化し病的細胞が増加、血液が酸性化すること、メトヘモグロビンの増加が病気の原因であるということまで突き止めています。

どんなに頑丈な建造物でも時間が経過すればするほど酸化が進んでボロボロに崩壊していきます。それと同じように体内でも酸化が進み、酸性化した血液、病的な細胞が増えてきて死を迎えるというわけなのです。

EMの作る抗酸化酵素がこの酸化を防いでくれます。 EMの作る抗酸化作用は酸化のプロセスを食い止め、物質を回復の方向に導きます。EM 菌の入った水に鉄をつけておくといつまでたっても咲きません、逆に錆びた鉄は表面表面の錆が剥がれていてピカピカになっていきます。

エントロピーの法則が絶対との思い込み

従来の化学・物理学では一旦酸化が起こり崩壊が始まるとその流れを止めることができない「エントロピーの法則」というものがあります。

この法則を絶対のようにみなす科学者は後を絶ちません。脳細胞の酸化が進み頭が固くなりすぎて新しいものが入ってこない状態です。頭皮が酸化しまくり白髪だらけの学者はたいていこんな状態ですから期待してもムダです。残念ながらその真っ白な髪の毛ですらたやすく黒々と回復可能です。当サイトをよく読み実行に移せばの話ですが。

活性酸素の増加や酸化した赤血球の増加、病気の原因だとわかっています。老化や病気は過剰な酸化現象です。そしてこの酸化を止めることが病気を治すことにつながるのです。酸化が進む酸化反応というものがありますが、酸化を戻す還元反応という逆の反応もあるわけです。

抗酸化物質には活性酸素を消す力があるので、その力が強いとその生物は元気でいられます。EMの抗酸化酵素や抗酸化物質の抗酸化作用は作物を健やかに育て、健康を守ることになってくれるのです。

化学肥料・農薬汚染

化学肥料や農薬を使えば、土壌の力が失われ植物が病気になります。農薬や化学肥料は強力な酸化作用を持っています。

農薬や化学肥料を使い出すと地力を急速に失い、化学肥料がないと作物が作れない状態となります。農薬・化学肥料がないと作物が作れないという農家は土地を汚染し痩せさせたのです。

汚染が進み土地の酸化が進むと普通の方法では元に戻ることはありません。

環境の状態が悪くなると病害虫や病が増えてきます。汚染とは土地を酸化させる現象のことです。病害虫や病原菌は、植物は強い酸化作用に痛めつけ、酸性に傾いた土壌を特に好みます。

放射能汚染と病人の増加

原子力発電所の爆発で、放射能汚染で土地や水、空気の酸化が進み、病気になる人間が増えました。血液が酸性化し、病的な細胞が増えているのです。

政治家は福島周辺にかぎった風評被害といった現実逃避を決め込み、毒ワクチン購入に税金注ぎ込み、汚染水はめんどくせえから海に流そうと無責任なことを言っています。

放射能でノーベル賞を取った学者は名誉だけ味わって改善策もないまま死亡そしてトンズラです。原爆と戦争はダメなどとかっこつけていたようですが本当にダメなのは原発のほうでした。難病患者ばかりを生み出しました。

こんな奴に与えたノーベル賞が糞以下なのはよくわかったでしょう。ノーベル賞とって広告塔になって喜んでる抜け作がいますが、毒薬撒き散らかし無駄な講釈するだけでゴミの役にも立たず、たぬきの置物のほうが有益です。

芸能人の皮膚がボロボロ、難病で引退
安倍晋三は持病が悪くなりステロイドの飲みすぎで死亡
口が裂けても言えないという現実
原発爆発放射能の恐怖から逃げるための5輪もコロナで中止

放射能対策から逃げた分際で、くだらない運動会に熱を上げてるからこうなるのです。

地面の表面を削り取り除染が進んだ、という馬鹿なことを言っている野蛮人並み無能専門家が続出。地球上でフルアーマーを着たり、がれきで作ったバッジ作ったり、汚染水じゃない処理水って言えなど叫んだり、実験に失敗した研究者のように髪の毛が真っ白になりながら体調不良に悩まされつつ現実頭皮を続けています。もはやコントです。

というわけで、このような状態を改善するにはすべての土地にEMをばら撒くことが必要になってきます。

放射性物質をEMの抗酸化作用で消滅させることも実は可能です。無能な専門家は自分の無能さを隠すためにEMを批判しますが嫉妬しているだけ。地面の表面を削り取るのが除染とほざく専門家の批判など無意味です。この状況で使わなければいつ使うんですか?という状況に追い込まれているのがわからないんでしょうか。

にもかかわらず、農家は放射能で汚染されてるという意味が理解できず、化学肥料や農薬を使い、毒物である除草剤を使い毒入り野菜を栽培しているのが現状です。いまだに雑草を一本も生やさないのが一流の農家、と薬屋の宣伝文句を信じてハゲ散らかし肉ダルダルにしながら他人の畑にまでせっせと毒を撒き続けている者もいます。

撒いた毒薬を自分が吸い込み、自分たちが病気になり、病院に行っても原因不明で終了。運が悪ければ悪徳がん専門医に発がん性物質である抗がん剤を入れられて血液の汚染が進み死亡という顛末になっています。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">