油

食品別の解説~油脂類

油

油

肉やチーズなどの油は飽和脂肪酸と呼ばれます。体内で固まって蓄積される傾向があります。

脂肪をとる場合には、動物性の脂を避けることが重要です。

一方で不飽和脂肪酸である魚の脂や植物性脂肪を取ることが重要です。東洋医学でも昔から言い伝えられていることです。

悪い動物性脂肪

動物性脂肪にはラード(豚の脂)やヘット(牛の脂)などがあります。こうした脂は体内で固まります。常温では固形になっています。

生きている牛の体温は約41度。牛の脂は当然牛の体内では溶けていますが、人間の体を約36度ですから。脂肪は溶けないで固まり、コレステロールとして血管に付着してしまいます。

コレステロールを形成しないまでも、溶けにくい脂肪がまざることによって血流が悪くなります。

陰陽でいうと固体が大きく、体温の高い哺乳類の脂は最も陰性です。

いい油の理由

動物性の油脂では、冷たい海の中を泳ぐ背の青い魚の油脂があります。EPAと呼ばれ、血液をよくするので陽性に分類されます。

植物性の脂は、動物性のものよりも不飽和脂肪酸が多く、血行をよくするため陽性に分類されます。

しかし、一時期話題になったココナッツオイルは動物性の飽和脂肪酸です。動脈硬化を引き起こし、陰性に分類されます。実はあまり体によくありません。

体内で固まらないのがいい油

いい油の判断方法としては、体温で固まらないかどうかがポイント。陰性になるものはよくありません。

油
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!