野菜

食品別の解説~野菜類

野菜

野菜体にはもっともいい食材、それが野菜です。

野菜と一口に言っても、さまざまな特徴があります.

野菜の解説をここでします。

野菜のことをよく知ると健康に大きく近づきます。

陰陽に分けられる野菜

野菜類は、陰陽の双方のものがあります。

夏に収穫されるナス・トマト・キュウリは
陰性のミネラルであるカリウムを多く含んでいます。

野菜類のものは形が大きくなればなるほど陰性となります。

長い時間をかけて土の中で育ち、冬の寒い時期に採れるニンジン
などの根菜類は、野菜の中でも陽性の部類に入ります。

陰性の野菜を、冷え性の陰性体質の女性が食べてしまうと
体を冷やす結果になります。

そういう場合には、陰性化を防ぐ方法が必要です。

植物界の陰陽

 陰性陽性
成長環境暖かく熱帯性寒く極地性
季節春夏に成長する秋冬に成長する
土壌水分を多く含み沈殿する乾燥して火山性
成長方向垂直上向き垂直下方成長
 地下に水平方向に広がる地上に水平方向に広がる

 

成長速度早い遅い
大きさ大きく拡散的小さく収縮的
高さ高い低い
感触やわらかい硬い
水分水分が多い水分が少ない
においにおいが強いにおいが少ない
化学成分カリウムが多いカリウムが少ない
炊きする時間短時間長時間

 

 陰性中庸陽性
辛味酸味甘味塩味苦味

 

陰性野菜を陽性に変える

例えば、圧力と時間という陽性の要素を加えると、
陰性食品を陽性食品として食べることができます。

また野菜を炒めて、熱と少々の塩を加えることによって陽性化します。

根菜類はもともと陽性に近いので、
レンコン・ゴボウニンジン・大根などを
じっくり煮込んだ煮しめなど体を温めるには最適です。

もてはやされているハーブは、もともと野生のものです。
野生のものは生命力が強く、一気に大きくなることはありません。

厳しい自然環境の中でじっくりと育ちます。
このようにして育つためにハーブのお茶は、
体を温める陽性の飲み物に分類されます。

チョウセンニンジンも、3年か5年くらいかかって
小さな根っこの大きさになる強烈な陽性食品です。

一度チョウセンニンジンの育った場所には、
二度と育たないと言われています。

土の中のミネラルを大量に吸収しているため高価です。
韓国でも大量生産されていると言われます。

人工的に栽培されたチョウセンニンジンでは、大した効果は期待できません。
人工の野菜はしょせん人工です。

野菜
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!