アトピー性皮膚炎とアレルギーにリノール酸が与える悪影響

アトピー性皮膚炎とアレルギーにリノール酸が与える悪影響

アトピー性皮膚炎とアレルギーにリノール酸が与える悪影響

健康のために行う断食・ファスティングは、飲まず食わずではありません。効果的な断食のためには、口に入れるものに人一倍気をつける必要があります。

患者数が増加しているアトピー性皮膚炎・アレルギー。断食や食事の改善によって大きな効果が期待できます。

日本国内でアトピーに悩まされる患者は増える一方。背景にあるのは食生活の変化。大きな悪影響を与えているのがリノール酸です。

体が悪くなるというのなら、どんなものを体に取り込んでいるのか、食事の内容を見極めましょう。その中でもリノール酸は悪いものとして警戒すべきです。

アレルギー反応のしくみ

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状は、炎症によって増大します。リノール酸によってできるアラキドン酸が血の塊を作り、炎症反応を起こします。

炎症反応は、体に異常な反応が起こったことを示すサインとして重要なものですが、リノール酸を取り続けていれば炎症反応が過剰になります。

むしろ、炎症反応が過剰になることは、多すぎるリノール酸が体に異常をもたらしていることの証拠です。

血液を固めるアラキドン酸はリノール酸から

リノール酸は植物から抽出され、体内でアラキドン酸という物質に変化します。このアラキドン酸は血液を固める原因となります。

血液が固まることによって脳梗塞・心筋梗塞など血管の病のリスクを高めます。

マーガリンの代表とするトランス脂肪酸も植物系の油ですがこんな弊害があります。植物系の油だからといって、体にいいと決めつけられないのです。

リノール酸は不飽和脂肪酸であるオメガ6の油として分類されています。含まれているのはベニバナ油・コーン油・大豆油が代表的です。多価不飽和脂肪酸とも呼ばれ、リノール酸はなるべく減らしたほうが望ましいです。

そして、オメガ6の油を減らしつつ、オメガ3・オメガ9の油を積極的に取ることが重要です。

オメガ3は、αリノレン酸・DHA・EPAが豊富に含まれている油でアマニ油(フラックスオイル)・シソ油・青魚に含まれています。

オメガ9は、オレイン酸を含む油で、オリーブオイル・キャノーラ油などはその代表例です。

抗ヒスタミン剤でも抑えきれない

アトピーのかゆみを抑えるために抗ヒスタミン剤が処方されることがあります。

かゆみの原因になる代表的な物質がヒスタミンです。アラキドン酸がもたらす炎症反応は、ヒスタミンの約1000倍と言われています。

アラキドン酸を減らさないといくら薬を飲んでも症状が抑えきれず、効果が出ません。

抗ヒスタミン剤を推奨するわけではありませんが、薬を使って炎症反応を抑えるのはまず無理ということです。

減らすべきリノール酸

リノール酸を摂取していると、いつまでたってもアトピー性皮膚炎・アレルギーから逃れられないことになります。

断食・ファスティングをしても、せっかくの努力が水の泡。リノール酸は体にいい油と言われてきましたが、そんなことはありません。減らすことが望ましい油です。

アトピー性皮膚炎とアレルギーにリノール酸が与える悪影響
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!