細胞にいい油と細胞を活性化させる断食

細胞にいい油と細胞を活性化させる断食

細胞にいい油と細胞を活性化させる断食

「いくら病院に行っても病気がよくならない・・・」
「いつまで薬を飲み続けなければいけないの・・・」

出口の見えない悩みの中で、食事や断食に興味を持つ方もいるかもしれません。断食をすることは、体内の細胞を活性化させます。出世競争に明け暮れて目的を見失った宮廷なんかに相談するより、細胞と油の大切さを知ることです。

細胞を活性化させる断食

細胞は酸素を使ってブドウ糖をエネルギーに変換します。その際、フリーラジカル(活性酸素)が現れます。フリーラジカルは適度な量であれば体に問題はなく、体内で有益に働きますが、量が増えてくると細胞に損傷を与えます。

この点に注目した学者がいます。この方は活性酸素に対してビタミンCが有効であることを発表しました。風邪にはビタミンCが効くと言われていますが、ここから始まっているのです。

ちなみに、人工的に作るとビタミンCを摂取しても健康にどころか体に有害であることは意外と危険なビタミンでも紹介しています。この問題は、ビタミンCを取るのではなく、ビタミンCの元になる前駆体をとるべきだから、というのが核心、と推測されます。

細胞内の活性酸素を取り除くため各種ビタミンが大切なのはもはや常識かつ真実。細胞内の自己複製能力が低下した時に病気が発症します。病気になりたくなければ、細胞の劣化・変性を防ぐことになるのです。

人間の細胞は60兆個の細胞でできています。その細胞は私たちの食事を栄養素としてエネルギー源にしているのです。

口にするものには気をつけなければいけません。病気をよくしたいからといって、いくら薬を飲んでも一時的な対症療法にしかならず、有害な化学物質が細胞の働きを邪魔する結果となります。

細胞をいたわる生活ポイント

細胞のことを考えた食事が根本的な病気の対策となります。

◆細胞をいたわるポイント

体内のミネラルバランスを維持する
体内の脂肪酸バランスを維持する
抗酸化物質を積極的に取る
食物酵素を積極的に取る
腸と肝臓の健康を維持する

油に関する誤解

今までは油を単なるエネルギーとしてとらえてきました。そして、質の悪い油を大量に摂取してきたのが愚かな私たちです。低質な油を積極的にとった結果、生活習慣病に悩まされるようになったのです。

抗酸化物質は私たちの細胞を守ってくれます。活性酸素の発生によって細胞が攻撃され、細胞内の遺伝子が損傷します。

この活性酸素の攻撃から身を守るために抗酸化物質は役立ちます。さまざまなビタミンも抗酸化物質としての働きがあります。

食物酵素を十分にとること、腸と肝臓を健康に保つことは断食の必要条件です。

食事と断食でゆっくり健康に

断食の目的は細胞を活性化させること。細胞が劣化・変性してしまい体が悪くなることは、さまざまな研究でもわかり始めています。そのカギを握っているのは細胞と油です。

慢性的な体調不良に悩まされている方、病院に行っても大した効果が出ていない方、断食に挑戦しながら、少しずつ健康状態を回復させるべきなのかもしれません。すぐに効果が出るものではありませんが、続ければ続けるほど大きな差となります。

細胞にいい油と細胞を活性化させる断食
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!