断食で欠かせない不飽和脂肪酸とオメガ3

断食で欠かせない不飽和脂肪酸とオメガ3

断食で欠かせない不飽和脂肪酸とオメガ3

さまざまな疾患や体調不良に悩まされている方、
治療法が全くないと諦めている方。

医者なんてどうせ口だけのヤブばかりです。病気を招く原因は口に入れるものが悪いからです。

突破口になるのは食事の改善・断食です。基本的な考え方はいたってシンプルです。

体に悪いものを取らないこと。ビタミン・ミネラル・酵素をたっぷり含んだものを食べることに尽きます。

加えて、健康にいい良質な油です。栄養が少なくなりがちな断食にも取り入れるべきです。

意識しないでいると、リノール酸やトランス脂肪酸など悪い油をばかりとりがちです。

悪い油ではなく、いい油をここで確認してください。

油の種類を知る

私たちが取る油は脂肪酸と呼ばれ、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

牛・豚・乳製品など動物性の脂肪は飽和脂肪酸に分類されます。

紅花油・コーン油・オリーブオイルは植物性の脂。

不飽和脂肪酸はさらに、

  • 一価不飽和脂肪酸
  • 多価不飽和脂肪酸

に分けられます。

◆脂肪酸の分類

飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸は、体内で作ることが可能です。

多価不飽和脂肪酸は体内ではつくれないので、食事で摂取するしかありません。体内で合成できないので必須脂肪酸とも呼ばれます。

必須脂肪酸は、オメガ3・オメガ6の二つのグループに分けられます。リノール酸・アラキドン酸はオメガ6に属します。

飽和脂肪酸(動物性脂)肉類 バター 乳製品 一部の植物性油 ココナッツオイル
不飽和脂肪酸(植物性油)オメガ3DHA・EPA・αリノレン酸が多い油
オメガ6リノール酸が多い油
オメガ9オレイン酸が多い油
トランス脂肪酸人工的に加工した油

オメガ3の代表はEPA・DHA・αリノレン酸です。

EPA・DHAは、サバ・イワシなど背の青い魚に含まれ、αリノレン酸はアマニ油やシソ油に多く含まれています。

オメガ6とオメガ3の区別だけついていれば、まず問題ありません。

オメガ6とオメガ3の正反対の役割

オメガ6とオメガ3は、細胞膜を作る材料として使われます。この両者は正反対の作用を持っています。

オメガ6は細胞膜を硬くし、オメガ3は細胞膜をやわらかくします。

オメガ6の油をたくさんとると、細胞膜が硬くなり、栄養素を取り込みにくく、老廃物を排出しにくくなります。

オメガ3はオメガ6の割合で細胞膜の硬さが決まります。

摂取する油がオメガ3に偏ると細胞膜はやわらかくなりすぎて、正常な働きができなくなるともいわれていますが、オメガ3が多くて現実にはほとんど問題はないと言われています。

局所ホルモン

オメガ6のアラキドン酸と、オメガ3のEPAは、ともに局所ホルモンと呼ばれる物質が作られます。

局所ホルモンには相反する働きがあります。

アラキドン酸から作られる局所ホルモンは、出血をした場合、血液を固まらせる働きがあります。EPAの局所ホルモンは血液をドロドロにして、血栓ができそうになると溶かす作用をします。

オメガ6とオメガ3は反対の作用があり、補い合う関係にあるともいえます。

オメガ6・オメガ3のバランス

局所ホルモンを十分な働せるには、オメガ6・オメガ3のバランスが求められます。

理想的なバランスは、オメガ6:オメガ3が、1~4:1くらいだとされています。

常識的な食生活は、このバランスが崩れています。オメガ6のリノール酸を取りすぎているからです。

常識的な現代の食生活では、オメガ6:オメガ3が、10~15:1の割合だともいわれています。これでは完全にバランスが崩れすぎです。

  • 揚げ物を全く食べない
  • 肉を油で炒めたものを食べない
  • 野菜を油で炒めない
  • サラダのマヨネーズをかけない
  • 牛乳チーズなどの乳製品を全くとらない
  • 魚を積極的に食べる

これくらいの生活をしなければ、オメガ6とオメガ3を1~4:1のバランスに維持できません。

意識しなきゃ絶対ムリ

よほど努力しなければ、オメガ6オメガ3のバランスを取ることはできません。私たちの食生活には頼まれなくてもオメガ6が入り込むからです。

食事でオメガ6の割合を減らし、オメガ3の割合を積極的に増やすのがカギ。そこまでしなければ理想的な断食など夢のまた夢です。

断食で欠かせない不飽和脂肪酸とオメガ3
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!