インフルによる急死から見えてくる間違い

インフルによる急死から見えてくる間違い

インフルによる急死から見えてくる間違い

インフルなんて、急に亡くなるようなものではありません。

https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24/nation/ntv_news24-565951.html

○○県内の小学校に通う女子児童が、今月15日にインフルエンザが原因の脳症で死亡していたことが分かった。

死亡したのは、長野県の南信地方に住む小学6年生の女子児童。地元の教育委員会によると、女子児童は今月13日に登校した際は体調に問題はなかったが、翌14日に高熱が出て、医療機関でインフルエンザと診断された。そして15日に「インフルエンザ脳症」で亡くなったという。

長野県は18日に「インフルエンザ注意報」を発表していて、重症化を防ぐためにワクチンを接種するよう呼びかけている。

翌14日に高熱が出て、医療機関でインフルエンザと診断
そして15日に「インフルエンザ脳症」で亡くなった

病院に行った後に急になくなったというわけですから、何でもかんでも病気のせいにしてはいけません。

治療に失敗したか逆効果だったのどちらかと考えるべきでしょう。インフル死亡は重症化のしすぎです。

病院では何をやっていた

かなり前の話ですが、クレタ島で開催されたインフルエンザの国際学会で、インフルエンザ脳症を発表した日本の医師は、欧米の医師たちから「そんな病気はインフルエンザではない。あなたは間違っている。」といわれたそうです。ただ、同じ会場にいた東南アジアから来ていた医師からは「確かにそういう病気はある。」といわれたそうです。もしかしたら脳症の発生には人種的な差があるのかもしれません。
http://www.yoshida-cl.com/6-byo/huru-4-e.html

そりゃあワクチン使ってインフル脳症を引き起こしているんだから、そんな病気あるわけがないと言われるのは当然のことです。

誰か間違ってるっていってやれよ。

免疫の暴走とかいう妄想

過剰な免疫反応、言い換えれば、免疫の暴走が起きて、「高サイトカイン血症」という状態になります。
脳内では、「高サイトカイン脳症」という状態になり、免疫が正常に機能しないため、脳細胞が障害を受けて、けいれん、意識障害、異常行動などが見られるようになります。
http://www.yoshida-cl.com/6-byo/huru-4-e.html

インフル治療薬でおなじみの異常行動も都合よく見られます。わけのわからないことを医師が言い出したら疑いましょう。言っている本人ですら意味がわかっていないのです。真実はもっと単純です。

説明がつかなくなったら免疫系が暴走したという妄想を繰り出す医師たち。免疫が暴走したせいと言われても手の打ちようがありません。

免疫は人間の自然治癒力のことですから暴走するわけがありません。むしろ医師と製薬会社が暴走しているのではないでしょうか。

単に体の悪くなる原因を誰かが作ったから、が妥当です。

あれやこれやと病気の名前を覚えているようですが、その原因を考えている医師がどれくらいいるのでしょうか。

製薬会社に言われるままに患者に投薬。自分で原因を作っているのを、病気が急にひどくなったせいなんだと自作自演をしながら、自分で分かっていない人が多すぎます。

これが専門家の姿です。製薬会社が医師をだまして毒物もたせて患者に投与、が現実です。当然因果関係はありません。因果関係があったことがいままでにあるのかは疑問ですが。

病院がワクチンやめようっていうわけないだろ

インフルエンザワクチンの副反応がいつも辛い。ワクチンを受けるのをやめるべきか、むしろ受けるべきか。

今まで2回インフルエンザワクチンを受けたことがあります。1回目は腕全体が腫れて結構痛かった記憶があります。今回2回目を受けたところ、現在微熱と吐き気、腕の部分的腫れがありかなり辛いです。

まだ今まで一度もインフルエンザにかかったことがないのですが、こんなに辛いならワクチンを受ける必要はないのでしょうか?それともワクチンごときでこんなに体調が悪くなるのであればなおさらワクチンを受けたほうがいいですか?

ちなみに今まで他の予防接種で具合が悪くなったことはありません。

A
インフルエンザの予防接種は、それ自体が原因で死者が出る事もあるくらいです。
あきらかに予防接種による副作用がでているので、受けた病院に相談してください。
副作用の程度によっては来年度以降も可能ですが、場合によってはとめられると思います。

とにかく異常があった場合は、知恵袋よりも病院へ。知恵袋では、安全を考えるなら、やめるべき、としか言えません。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1251363897

インフルエンザでお金が儲けたい病院がインフルエンザのワクチンをやめましょう、なんて言うわけがありません。そしてこの知恵袋の答えも狂っています。

病院のせいで具合が悪くなったのに、病院に行って相談しろというのですから。
ワクチン打ってインフルの原因を体内に入れてさらに具合が悪くなって1シーズンに3回も4回もインフルにかかるなんていう愚行を繰り返す医師と国民。

塩水とレモン水でも飲んでじっと寝てるのが一番いいのではないでしょうか。やっぱり健康に金はかけるものではありません。

変な薬を体内に入れるな、が正解です。

インフルエンザワクチン接種後の副反応疑い報告として医師に報告が義務付けられている症状と接種から症状発生までの期間
1. アナフィラキシー
2. 急性散在性脳脊髄炎(ADEM)
3. 脳炎・脳症
4. けいれん
5. 脊髄炎
6. ギラン・バレ症候群
7. 視神経炎
8. 血小板減少性紫斑病
9. 血管炎
10. 肝機能障害
11. ネフローゼ症候群
12. 喘息発作
13. 間質性肺炎
14. 皮膚粘膜眼症候群
15. 急性汎発性発疹性膿疱症
16. その他の反応
https://kansensho.jp/sp/article.html?id=QA17112906

インフル脳症そのものだろ

インフルエンザな副反応というものは、インフル脳症そのものではないか、という疑いすら出てきます。

体に悪いものを体内に入れるんだから、急激に具合が悪くなるのも当然のこと。どんなワクチンも猛毒ですから注意しましょう。

放射線による免疫力低下

世界中の放射線量は高まっているため人間の自然治癒力は明らかに低下しています。

そのため医師の間違った治療を受けることにより急に具合が悪くなるといった例が増えているような感覚を覚えるのは間違っていません。

間違ったことをすればするほど間違った結果がはっきり出る時代になってきました。

放射線量の低い少し前の時期なら、患者の自然治癒力により重症化しませんでしたが、これからはそうはいかなくなります。

医学的に間違っている治療を行えば、確実に急に具合が悪くなる。理論も間違っているし、原因を取り除けないのだから当たり前の話です。

いいかげんに病気のせいという医師の言い訳を真に受けないようにしましょう。誰が悪いのかがはっきりわかる時代になってきました。

インフルによる急死から見えてくる間違い
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!