シャンプーでハゲる理由

シャンプーでハゲる理由

シャンプーでハゲる理由

ハゲに陥る大きな理由としてシャンプーがあります。

シャンプーが頭皮や髪にどれほどダメージを与え、ハゲの原因になっているのかを噂や俗説ではなくいい加減、直視すべき時期にきました。

シャンプーをやめると

  • 髪の毛が太くなる
  • 髪の毛にコシが出る
  • 髪の毛の本数が増える
  • 髪の毛が濃くなったように感じる

個人差はあるでしょうが、シャンプーで髪を洗うのをやめただけで、これだけの効果が実感できるといわれています。水だけで洗うようになっただけです。

このように、髪が健康になるのは、シャンプーという有害物質を頭皮に入れるのをやめたことにあります。シャンプーは髪の毛の成長を止める最大の原因になります。

では、シャンプーは頭皮や髪にどのような悪い変化をもたらすのでしょうか。

シャンプーで毛穴がクレーター化

まず、シャンプーをしている人の頭皮に問題が現れます。

顕微鏡でみると、毛穴の周りの皮膚がクレーター状に陥没しているのが確認できます。慢性的な炎症で毛穴の周囲の皮膚が溶けてしまったようにもみえます。

シャンプーで皮脂が無駄に発達して髪の成長を阻害

シャンプーをすればするほど皮脂腺が大きく発達して、その発達した皮脂腺からさらに脂が出てくるようになります。

だから、シャンプーをすればするほど脂ぎったような頭皮になってしまうのです。ハゲと脂性はセットです。

シャンプーで皮脂を全て取り除くと、必要な皮脂がなくなります。

そのために、必死を脂を大量に作り補う必要が出てくるのです。脂を無理に出そうとするからよけい脂ぎってくるのです。

髪の毛の根っこには毛根があります。毛根では、毛細血管から流れてきた赤血球が、栄養を得ながら成長して髪となり太く成長していくのです。

皮脂腺

皮脂腺が発達しすぎると髪に供給される栄養が皮脂腺に集中し、髪が栄養不足の状態に陥ります。そして、髪が十分に成長できなくなります。

そのため、シャンプーをしていると髪の毛が減り、髪の毛が細く、短い産毛のような毛になり、まばらになって薄毛一直線になってしまうのです。

次第に貧弱になる頭皮

健康な頭皮の人は、1つの毛穴からが2〜3本生えています。大きく発達しすぎると皮脂腺が発達しすぎると、毛穴が詰まり、2〜3本の毛を養うことができなくなり、2〜3本から1本に減り、その1本が産毛に変わっていきます。

毛が全くないハゲた頭のように見えるですが、産毛がわずかに残っていたりします。

まだ金だけでなく髪まで失うの

今までシャンプーにいくらお金をつぎ込んできたかを考えるとばかばかしくなるでしょう。金を失った上に髪まで失うのですから、ふんだりけったりとはまさにこのこと。日本なんてこんな商売ばっかり。

いい加減に有害物質を頭皮にぬり込むのはやめにしましょう。毒まみれでハゲる国民が増えてくるのも納得です。

シャンプーでハゲる理由
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!