ハゲるメカニズムと頭皮&細胞毒性

  • 2021-01-03
  • 2021-01-04
  • ハゲ
  • 131view
Sponsored link

ハゲる人は頭皮が薄いことが確認されていますが、頭皮が薄くなると産毛のような細い毛しか生えなくなってしまいます。

その理由は一体何なのでしょうか。

頭皮は毛髪・毛根、畑と作物と根

頭皮は毛髪の関係は、畑と作物の関係にたとえられます。

畑の土が減って厚みがなくなると十分に根を張れず作物が育ちません。頭皮の状態が悪くなると、髪の毛が生えないのです。

髪の毛の勢いがある人は頭皮よりも上では太く長く育ち伸び、毛根が根を伸ばしています。ほとんどの毛根は成長とともに真皮を突き破り、脂肪組織の下にある頭の骨の近くまで根を伸ばします。

このように根をしっかり皮膚深くまで伸ばすことができると硬い毛髪にすることができるわけです。

シャンプーで根が張れない毛

シャンプーをしすぎると頭皮が薄くなり脂肪組織の下の頭蓋骨にあたり、毛が根を張ろうとしても詰まり伸ばせません。毛根が成長せず、次第に全体の髪の毛が猫の毛のように柔らかくなり、産毛となり、薄毛が進行してきます。

シャンプーは頭皮を激しく乾燥させて細胞の新陳代謝を衰えさせます。毛根が弱り根を張りにくく毛の成長しない環境ができ上がります。

毛穴がクレーター状に陥没

毛穴の周りが月のクレーター状に大きく深く折れてしまい、すり鉢のようになっているのは顕微鏡でわかる人がいます。

このような現象はシャンプーをしない人の頭皮では見られません。クレーター状毛穴はシャンプーのしすぎによってできたと考えられています。

細胞毒性

シャンプーの界面活性剤には細胞毒性があることがわかっています。

細胞毒性とは、細胞を死滅さたり、機能を低下させたり、細胞の成長を遅らせ止めるなど悪い影響を与える性質のことです。

細胞毒性の影響は、細胞を作る物質を破壊し、細胞の生存に必須な活動を阻害し、細胞周期や細胞内シグナル伝達を狂わせます。細胞毒性の悪影響はシャンプー・リンスに限ったことではありません。

wiki 細胞毒性

この細胞毒性の長年の影響が頭皮のクレーターの原因と考えられます。シャンプー中の細胞毒性が細胞自体にダメージを与え、悪影響が引き起こされます。

シャンプーの有害成分が赤血球と結合し、取り込んだまま炎症化、病的に成長した細胞ができあがります。この習慣が何年も続いた結果、頭皮の正常な組織がなくなり穴が開いた状態がクレーターと言えます。

直ちに影響がでないから馬鹿にする

この細胞毒性の特徴はすぐに影響が現れないことです。細胞毒性に長期間さらされることによって被害は後に顕在化します。

すぐに結果が出ないために専門家は「そんなものはたいした毒性はない」と言い切ります。すぐに影響のないものは「直ちに影響はない」が「影響がない」と現実頭皮、思考停止する専門家の情けない頭脳には放射能問題で痛いほどご理解できたでしょう。細胞毒性の意味が理解できないことは専門家の頭皮をみれば一目瞭然です。

ハゲたくなければ国家は信じない

食べ物や薬品や化粧品などの体に与える安全性を調べるのは国家機関の役割なのですが、外国に比べて日本では短い期間でしか検査しません。

毎日シャンプーをするということは10〜20年、それ以上の期間に及びます。

10年も20年も治験をしてたら商売になりません。危険だろうが発がん性だろうが企業の利益のために「安全です」と金をもらってお墨付きを与えますが、腐敗しきった国家のお墨付きなど意味を持ちません。

長期間同じジャンプーを使い続ける研究など専門家はしたことがありません。「安全だ安全だ」と叫びつつ、安全性を主張する本人ですら髪の毛が危うくなり、国民は規制緩和の意味も理解できず上級国民から、風呂に入らないホームレスを除外した下級国民、老若男女ハゲだらけの国民総ハゲ社会が到来。

せっかくの文明開化で、まげを切り落として髪を短くする「散切り頭」が流行したのに、令和になったら男も女もハゲだらけでは江戸のちょんまげ頭もびっくりです。歴史の教科書には、昭和から令和にかけて民衆の間に、頭に石油を塗ることが流行しハゲが増加した、と書かれるかもしれません。

ハゲてない奴のほうが異常、と差別されかねい時代はもうそこまで来ています。

毎日の習慣で攻撃、回復する暇を与えない

シャンプーをしていると頭皮の再生力も失われてしまい傷ついた毛根が回復しません。

次から次へと細胞毒性のあるシャンプーが休むひまなく染み込んできます。シャンプーをしなければやがて回復しますが、毎日の習慣になってしまうと回復ができないようになるのです。

ヘアサイクル

毛髪は一定の長さになると寿命が訪れ、抜け落ち、また新たな毛が生まれて育ちます。毛髪が生まれて死ぬまでの繰り返しのことをヘアサイクルと呼びます。

普通の頭には10万〜15万本の髪の毛が生えています。それぞれの毛は独立したヘアサイクルを持っているために、一気に髪が抜けるわけではありません。

成長している毛の割合は頭皮全体の85%、成長が止まっている毛は約15%。1日あたり50本から100本の毛が自然に抜けていくことになります。頭皮や毛の状態が悪ければ抜ける髪の毛は多くなります。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">