食事は健康に大切

まともな方法でガンが治った人を批判できるのか

食事は健康に大切

食事療法で治った人をバカにする

「食事療法でがんが治った」

という人がいれば必ず叩く人が現れ、

「頭がおかしい」

などとレッテル貼りをする風潮。

食事療法は血液をきれいにするもので失敗しても死ぬリスクはありません。金のかからない、最も妥当でスタンダードな方法です。

高価な機械も最新の薬も健康保険も必要ありません。単なる食事ですから。

食事療法が科学的におかしいわけでありません。食事療法の本質は、血液をきれいにすることにあります。見せかけの統計で効果があるように偽るほうが狂っています。

治るときには一時的に悪くなったようにみえる

多少悪くなったように感じたとしても、体内の放射性物質などの毒物がたまっていて出てくるので不快なのは避けられません。

ろくな死に方をしない教授や大病院医師

血液をきれいにすることは、血液をアルカリ性にすること。異物を排出する免疫力を高めることが食事療法の目的です。ガン治療どころかすべての病気でも絶対に必要な方法です。

日本国内の有名な大学の教授が患者には問答無用でバンバン抗ガン剤を使って死に至らしめ、自分がガンになったら三大療法を拒み、食事療法で治り、治り吹聴した、という話もあるくらいです。

この教授はろくな死に方をしないでしょう。

人を殺して出世して金を稼いでも何の意味もありません。悪いことをして稼いだ金など身につかないし、その子孫もきっと親のしたことの報いを受けることでしょう。

彼らのご子息が発狂して自殺や異常犯罪に走るのも不思議ではありません。自然の摂理を無視して、人間の健康を破壊し続けるならいつか予想もできない方法で、信じられないタイミングで神に裁かれます。

毒物でできるガンの正体とは

毒物を使う治療はよくありません。抗がん剤のような毒物を体内に入れればガンだらけになるのは当然です。

これでわかりましたよね。原因不明と言われているガンの正体が。毒物から身を守るための生体防御反応です。

吹き出物ができるのと同じメカニズムで、体に悪いものを集めて出す準備をしているのに、それを止められるわけがありません。人間に備わった立派な機能です。

むしろ、体内に毒物を入れてガンができないほうがおかしいのです。

人間に備わった生体防御反応を治療することは絶対に無理です。無理やり治療するよりも、ガンのできる毒性の強い物質を体内に入れないこと、体の中に入れたら免疫力を上げて毒物を外に出すことが大切です。

金を払って毒物を入れるのはなんてもってのほかです。

民間療法に逃げられてしまう

民間療法に逃げられるという知ったかぶり医師タレントがいます。批判したくなるのも無理はありません。

患者が食事療法で頑張り、血だらけの肉の塊が腸から取れ便の中に出てきているにもかかわらず、無断で抗がん剤を使いがんだらけにして殺しておいて、こういう病気なんだ、急に進行するんだ、手遅れなんだ、と堂々とウソの説明をする医師まで現れる始末。

抗がん剤を同意なく使用して、ガンが進行したようにみせかけ、保険点数稼ぎの自作自演ですからとんだ悪党です。点数稼ぎは受験で卒業してほしいもの。どっちが医者なのでしょうか。

抗がん剤は保険点数が高く、ガンガン使えば優先して出世できるのだからやめられません。死亡診断書なんかインチキを書けばいいだけですから。

どうせ患者の家族なんかバカだし、ガンは原因不明だし、神妙な顔して猿芝居してればバレないし、などと思っているご様子。

無駄な治療で人を殺しすぎたトラウマに加え、放射能があいまって頭が狂ってしまったのでしょう。もちろんこんなことおおっぴらにはできませんよね。

患者が治っているのを妨害するだけで、何も生み出さない現代医学。誰が信用するというのでしょうか。民間療法の中には、ガンだらけになってあっという間に死ぬようなものはありません。

それどころか、医師の人たちの愚行を見た人が、白衣を着ているタイプの医師には絶対にかからないように、と民間療法に加え言い伝えることでしょう。

誰も信じなくなる

誰が医師や現代医学を信じるのでしょうか。民間療法に逃げましょうという人は人として正しいです。結果を出してない医師や研究者を安易に褒めたたえる国民も、犯罪や悪事の片棒担ぎになりますので注意しましょう。

どんなに厳しい条件下でも、人の道からは外れず、健康的に治った人の話に学びたいものですね。

食事は健康に大切
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!