インフルワクチン流行に気をつけて

よくなってよかったですね。でも突っ込みどころはあります。

詭弁のリスト

2ちゃんねるで提唱されている詭弁のリストがあります。医師の方々の言い訳をこの詭弁集を参考にするとよくわかります。提唱されているのは以下の15項目。

1.事実に対して仮定を持ち出す
例:「犬は子供を産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」

2.ごくまれな反例をとりあげる
例:「だが、尻尾が2本ある犬が生まれることもある」

3.自分に有利な将来像を予想する
例:「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」

4.主観で決め付ける
例:「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」

5.資料を示さず持論が支持されていると思わせる
例:「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」

6.一見、関係がありそうで関係のない話を始める
例:「ところで、カモノハシは卵を産むのを知っているか?」

7.陰謀であると力説する
例:「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」

8.知能障害を起こす
例:「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」

9.自分の見解を述べずに人格批判をする
例:「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」

10.ありえない解決策を図る
例:「犬が卵を産めるようになれば良いって事でしょ」

11.レッテル貼りをする
例:「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」

12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す
例:「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」

13.勝利宣言をする
例:「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」

14.細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
例:「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」

15.新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
例:「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」

仮定と主観に気をつけて

注目なのが1番と3番と4番です。ワクチンを打っていたおかげで重症化しなかったという言い訳も、仮にワクチンを打たなければ重症化していた、と信じたいわけです。仮の話は何とでも言えます。仮にワクチンを打っていなかったら何も起こらなかったということも考えられます。

自分の主観で都合のいい話を展開されてしまうわけです。少なくともその根底にあるのは、自分の行いだけは悪くない、と言いたいだけ。その他にも、自分のやったことが消滅してしまう人がとても多いです。何もしないのに具合が急に悪くなるわけがありません。何もしなかった人が声を荒げて言い訳するようなこともありません。

はしかワクチンとはしかの病原菌が見分けられないのは当たり前

以前にこんなニュースがありました。はしかの病原菌とはしかのワクチンの病原菌と見分けがつかなかったので病院が謝罪したというのです。当たり前です。ワクチンは病原菌を体内に入れるだけで、ワクチンも病原菌も同じものです。見分けられるわけがありません。

病院や医師もこんなことで謝っているのだから自分がやってることは何なのか分かっていないのでしょう。ただ単に病原菌を体内に入れているだけです。確かに抗体はできますが、抗体に病気を治したり予防したりする効果はありません。

抗体ができて病気を予防したり、病気が治ったりするのであればこんなに病人が増えるわけがないからです。そんなに病原菌がほしければ病院の中をウロウロしてれば口の中から入ってきます。

呼吸によって入ってくる病原菌で抗体ができあがってるはずですがいつまでたっても病人が減らないどころか増え続ける始末。わざわざお金を払って病原菌を注射する必要もないでしょう。ワクチンによるバイオテロといった感じです。

気がつかないまま巻き散らかしてしまう方もいるそうなので気をつけよう

ワクチン打つのも感染しているのも同じ。 風邪を治したり予防する薬などありません。健康意識が 中途半端に 高く、よけいな金を持っている小利口が引っかかります、専門家も「治る」「かからないようになる」とは言っていません。重症化を防ぐ(ワクチンを打たない現実にはない状況と比較し重いか軽いかなど決められない)かかりにくくなる(かかることもある)とだけしか言っていません。 インフルになりたくなければ、わけのわからない物質を体内に入れないことが第一。気がつかないまま、巻き散らしてしまう方もいるそうなので気をつけましょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!