医師が絶対にがんを治せない理由

がんになる患者が増えています。マスコミは2人に1人ががんになると言っています。だから保険に入りましょうということではないのです。がんを治すことは絶対に不可能です。その理由を考えてみましょう。

生体防御反応だから治せない

残念ながら抗がん剤を体内に入れるとがんができます。原因は毒性の強い物質を体内に入れたから。つまり、毒性の強い物質が体内に回らないようにするために血液が固まっていると考えられるのです。

体を守るために出てきたということです。つまり生体防御反応といえます。

生体防御反応といっても、下痢や嘔吐と全く同じです。体内に入った毒物を外に出すための人間の機能です。吹き出物ができるのも全く同じです。体内の毒を排出するちゃんとした機能なのですから、手術や薬で治せるわけがありません。

下痢や嘔吐を止める薬を使っても、体内にたまったものを出そうとしているのだから、止める意味がありません。苦しみが長引きます。

治療したのにがんができる人は抗がん剤などの薬物を体内に入れたから。火を消してあげましょう、と言いながら油をかけているようなもの。しかも医師は自分が油をかけていることについては、見て見ぬふりですからひどいものです。

現代医学が風邪を治せないわけ

風邪も治せないと言われていますが、これも同じように考えれば納得ができます。体内に入ったウイルスなどの異物を外に出すために反応が起こる。それを薬で止めてしまうと治りが遅くなるのは当然です。

抗生物質を飲みましょう、という浅はかな制約会社の犬のような医師がいますが、体内のいい菌がいなくなってしまうので治りが遅くなり、免疫力低下を引き起こします。

そんなことも理解できない医師の方々はこれからもがんの三大療法によって、患者を犠牲にし続け現代の医学ではどうにもならないと叫び続けることになります。

がんになること自体が生体防御反応であることを理解できなければ、いつまでたっても患者はよくなりません。死人が増えるだけです。何でもかんでも目に見えるのを病気と認定して治療してやろうと態度が悪いのです。

医師は国民を減らす戦士

抗がん剤なんかで立派な賞をもらっても無駄。がんの研究なんかするよりも「生体防御反応なので治せませんし、がんが理由で死んでいるわけでもありません」と宣言したほうがマシ。

放射能や医療被曝、処方薬ががんの原因であることから目を背け、がん治療で患者を殺しまくる医師はドクターではなくソルジャー(戦士)。こんなに犠牲者を出しておいて誰がどう責任をとるのでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!