NO IMAGE

インフルエンザ飛び降りと治療薬で発狂

インフルエンザと言ったら飛び降り自殺がセットになることは、もはや定番といってもいいでしょう。疑うこともなく専門家を信じるとこうなってしまいます。

男子中学生 インフル治療中に転落死 広島市
2019/12/11 12:30FNN PRIME
https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-00428748CX.html
男子中学生 インフル治療中に転落死 広島市

10日、広島市で男子中学生がマンションから転落し、死亡しているのが見つかった。

この生徒はインフルエンザの治療中で、警察は、転落との因果関係などを調べている。

10日午後1時50分ごろ、広島市南区のマンションから「人が落ちた」と、付近の住民から110番通報があった。

転落したのは、このマンションに住む男子中学生で、当時、生徒はインフルエンザの治療中で、警察は転落との因果関係を調べている。

厚生労働省によると、子どもがインフルエンザにかかると、治療薬の服用の有無や種類に関わらず、興奮してベランダに出て飛び降りるなどの異常行動を起こすおそれがあるということで、注意を呼び掛けている。

治療薬の服用の有無や種類に関わらず、興奮してベランダに出て飛び降りるなどの異常行動を起こすおそれがある、と責任回避するマスゴミ。

実は治療薬の服用の有無や種類に関わりがあります。治療薬の服用が原因で、興奮してベランダに出て飛び降りるなどの異常行動を起こすおそれがある、が真実です。

飲んだ後に異常行動

インフルエンザ治療薬の中には異常行動を起こすものがあるのは有名です。インフル治療薬のタミフルは有名で、飲んだ後に異常行動を起こして飛び降りるといった例が見られました。向精神薬の成分でも入っているのでしょうか。

最新のインフルエンザ治療薬として推奨されている最新インフル薬にも、当然のように「異常行動」という副作用が伴います。警察は「因果関係がない」など片付けるかもしれませんが明らかに薬品が原因です。

だいたいインフルエンザの症状など37度くらいの熱が出るだけのものだったのですが、頭がおかしくなり、発狂するなどという性質のものではありません。

インフルエンザでなくても、メンタル系のお薬で異常行動を起こすことをよく知られています。大きな事件が起こった時に、患者の問題ばかりを取り上げるマスコミばかりですが、精神状態をおかしくさせているのは実は医師の処方する向精神薬だったりします。

「患者さんを差別しないで」とかいうセリフは、医師が患者を思いやっているようにみえるセリフですが、医療関係者が自分の立場を守るためだけに言っているのです。

医師の問題になると製薬会社の利益と関わるので、医師の責任だけは見てみないふりをするのがこの国の態度。患者を守る!といいながら食い物にしているのが医師です。

メンタル系の診療科で起こっていたことが、他の診療科にも飛び火しました。鎮痛剤の中にも向精神薬の成分が含まれているものも新薬としてバンバン販売されて、医師はパンフレットを読むだけで終わり。

医師が患者に何を飲ませているかも分かっておらず、何が起こるかも予測できないでいるのです。

体に変なものを入れない

インフルエンザの治療はとにかく病院に行かずゆっくり寝ること。薬を飲まないこと。ワクチンを打たないことです。体に変なものを入れないことです。薬を飲んでも回復が早くなることはありません。むしろ回復の妨害になるだけです。何も食べないで寝るほうがよほど早く治ります。

インフルエンザワクチンの中には猛毒の成分が含まれていて、この事実を知っている医者は自分の子供や家族にはワクチンを打たないようにする、などという話がありますが当然です。「ワクチンを否定するとは何事だ」と怒り出しながら「自分は絶対に打たない」と言ってるのですから単なる悪党です。

ワクチンでインフルの予防できるのなら、こんなに患者が増えるわけがありません。ワクチンで具合が悪くなれば、「ワクチンと治療薬のおかげで重症化が抑えられた」で騒ぎ出し、異常行動を起こして飛び降りたら「それは偶然や家庭環境の問題」にし続けるでしょう。

自分の生活のためだけに患者の健康を奪って豊かな暮らしをしたい医師が治療薬で儲けた結果の飛び降り自殺。専門家・政治家の説明などは全くあてにならず、うのみにするとひどい目にあいます。自分だったら絶対に受けない治療でも他人には施す、というのは医者のスタンダードです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!