Sponsored link
NO IMAGE

抗原が外部抗原を識別して攻撃してくれると思っていたら自己が攻撃されてたオチ

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチンを打つと病気が防げるどころか病気になっちっまった
真面目に医師を信用したのに……

どこがおかしかったのでしょうか。

抗原

抗原は、体内から発生するもの(自己タンパク質)と外部環境から発生するもの(非自己)がある。免疫系は「非自己」の外部抗原を識別して攻撃する。対して、胸腺にあるT細胞がネガティブセレクションされるため、通常は自己タンパク質には反応しない[5]。https://ja.wikipedia.org/wiki/抗原

体内から発生するもの(自己タンパク質)
外部環境から発生するもの(非自己)

タンパク質は、自分の赤血球が異物と結合してできたものです。

自己タンパク質だろうが非自己タンパク質だろうが、赤血球からできています。

血液が酸性で汚れてると非自己の異物は排出されません。

ワクチンは、免疫原性をもつ抗原の例であり、接種者に意図的に投与することで、侵入する病原体の抗原に対する適応免疫系の記憶機能を誘導するものである。

ワクチンで作った抗原は、自分の赤血球が異物と結合してできた非自己タンパクでしかありません。

自己に攻撃を加えてくる非自己であるワクチンを、自己が排出しようとしてるだけでした。

この毒チンのベースを考えた馬鹿がいます。

パウル・エールリヒ

パウル・エールリヒは、19世紀末に提唱した側鎖説で抗体(ドイツ語ではAntikörper)という用語を作り出した[7]。

パウル・エールリヒ(Paul Ehrlich, 1854年3月14日 – 1915年8月20日)はドイツの細菌学者・生化学者。

化学療法の創始者。これにより「化学療法 (chemotherapy)」という用語と「特効薬 (magic bullet)」という概念を初めて用いた。https://ja.wikipedia.org/wiki/パウル・エールリヒ

のちトリパノソーマに対するトリパンロートの発見(1904年)や種々な化学療法剤の研究があり、1906年に眠り病への特効薬となるアトキシルの構造式を発見した。1910年には彼の研究所で日本の医学者・秦佐八郎が実験を担当していた梅毒治療剤サルバルサン(606号)の発見を導いた。この発見は後のサルファ剤・ペニシリンなどの抗生物質の発見を促したという点で功績が大きい。

病原体なるものがあり薬品で消滅すれば病気が治る説を提唱。

薬品を飲んだり、注入すると、赤血球と結合し病的細胞増加で病気になるだけでした。

抗がん剤や毒チン被害の父といってもいいでしょう。

この男は特効薬という概念を提唱しています。
特定の病気に効くといった考え方です。

魔法の弾丸 (医学)

医学において、魔法の弾丸(まほうのだんがん、英: magic bullet、特効薬の意味)とは、1900年にドイツのノーベル賞受賞者パウル・エールリヒが提唱した科学的概念である[1]。実験治療研究所(Institut für experimentelle Therapie)に勤務していたエールリヒは、体に害を与えることなく、体に病気を引き起こす特定の微生物(細菌など)を殺すことができるのではないかという考えを確立した。彼は、その仮説の薬剤を「魔法の弾丸」である「ツァウバークーゲル」(Zauberkugel)と名付けた[2]。

彼は、銃から発射された弾丸が特定の標的に命中するのと同じように、侵入してくる微生物を特異的に標的にする方法があるのではないかと心に描いた。魔法の弾丸を見つけるための彼の継続的な研究の結果、体の免疫系の機能に関するさらなる知識が得られ、1909年には梅毒の最初の効果的な薬であるサルバルサンが開発された。彼の研究は免疫学の基礎となり、その功績により、1908年にイリヤ・メチニコフと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した[3]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/魔法の弾丸

体に害を与えることなく、体に病気を引き起こす特定の微生物を殺すことができるのではないかという考えを確立

特定の微生物は血液が酸性になり汚くなれば病原菌として発現する

特定の微生物を殺そうと薬品を注入すると血液が汚れて特定の微生物が病的に成長して病気に

病気になるか健康でいられるかは、血液という培地に依存するわけで、大間違いだったわけです。

特定の病気のみを治す薬もありませんでした。

さまざまな病気に発現してるようにみえてるだけで、原因は血液の汚れにあります。

特定の病気のみを治すお薬があるという仮定のもとに、病気の数だけ多種多様なお薬が作られて、山のように馬が食うほどのまされて、ヘロヘロにされることになるのです。これが現状です。

ですが、すべての病気を治す方法は、食事療法なり重曹クエン酸なりで血液を弱アルカリ性にして、きれいにすることだけしかありませんでした。

サルバルサン

サルバルサンの構造式
サルバルサン (Salvarsan) は歴史的な梅毒治療薬のひとつ。名称は救世主を意味する “Salvator” と、ヒ素を意味する “arsenic” から取られており、ドイツのIG・ファルベン社の登録商標である。

ドイツのパウル・エールリヒと日本の秦佐八郎が合成した有機ヒ素化合物で、スピロヘータ感染症の特効薬。毒性を持つヒ素を含む化合物であり、改良した「ネオ・サルバルサン」でも副作用があるため、1943年のペニシリン利用開始以降は医療用としては使用されない[1]。https://ja.wikipedia.org/wiki/サルバルサン

IG・ファルベンインドゥストリー

IG・ファルベンインドゥストリー(イーゲー・ファルベンインドゥストリー)は、戦間期ドイツの化学産業トラストである[1]。略称はIGファルベン (I.G. Farben)。

ブナを大量生産したヒュルス社を設立し、デュポンやインペリアル・ケミカル・インダストリーズと協定する関係にあった。IGファルベンは第二次世界大戦後、独占解消のため解体された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/IGファルベン

IG・ファルベンインドゥストリーからのマスタードガス
IG・ファルベンインドゥストリーからのモデルナワクチン

医学はナチズムに支配されたままでした。

昔のナチズムの成れの果てが被害者続出の毒チンでした。

そうとも知らずに、アホみたいに無駄な勉強し続けて信じ続ける哀れな医師の方々。

治療を受ければ治るどころか、ぶっ殺されるのも当然です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".