治らない方法を信じ続け治療行為を隠蔽する医師の悪行は止まらない

 ○○付属病院(○○市、○○院長)は16日、がんの手術を受けた患者の検査結果の確認不足により、新たながんの発覚が遅れるミスがあったと発表した。患者はその後、新たながんが進行して死亡した。

同病院によると、患者は泌尿器科でがんの手術を受け、定期的な検査を受けていた。昨年春に実施したコンピューター断層撮影(CT)検査で、放射線科の医師が新たながんの可能性を電子報告書に記載したが、泌尿器科の担当医はそれに気づかず、専門の診療科に紹介するなどの手続きを行わなかった。

数カ月後、検査で指摘されていた新たながんが進行した状態で発見され、患者は治療を続けたが今年春、新たながんのため亡くなったという。(リンク先はすぐ消えるでしょう)https://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-190416X454.html

専門の診療科に紹介するなどの手続きを行わなかった」 のに、「患者は治療を続けた」わけで。都合よく病死。原因は見落とし。見落としは何もしないことなので患者にダメージはありません。

死ぬようなことをやった人がいます。自然に病気が進行して死亡する患者はゴマンといますから、わざわざニュースにはなりません。異常な死に方をしたことを意味します。

問題がありませんでした、というニュースの存在自体が大きな問題なわけです。

治療死の隠蔽

自分で殺したのをガンのせいにする輩がまた現れました。見落としたのが悪いと言っています。

本当は、亡くなる前に治療を行っているのですが。自分以外のもののせいにする高学歴の方は多いです。性格に問題のある人が多い業界ではあります。

抗ガン剤は発ガン剤、「新たながんが」都合よく「進行して死亡」

私が抗がん剤を打ちました、と口が裂けても言うことはできません。最近ではがんの予防のために抗がん剤を投与するそう。単なる発がん物質ですから、体調がよくなってくれば、入れた発がん物質を排出しようとする力が働きます。

毒を集めて出しているのが再発や転移です。毒出しのためにできているのです。

ぬけぬけと発がん物質を入れたのを「新たながんの可能性」と表現していると推測されます。抗がん剤は投与すると全身に回ることになります。そして、他の臓器がガンになるだけです。

「患者は治療を続けた」から亡くなった、俺のせいじゃないガンのせいなんだ

どう考えてもなくなる原因は治療を続けたから。体にダメージをさんざん与えた。無理やり手術して、そのあとに抗ガン剤を入れたりするので、体力があってもあっという間になくなります。

患者の家族が止めても、無理に同意なく抗ガン剤を投与する医師が後を絶ちません。自分がやったことがバレたら困るので、嘘の説明をして安楽死と称し無理やり殺し、速攻で証拠隠滅を図る医師もいます。

抗がん剤使えばガンだらけになる、と分かっているので、ガンが進行したと嘘ついて騒いでいればいいや、と割り切る医師もいます。保険点数を稼ぎたいんだから仕方がありません。

サイコパス医師もわんさか

人間という生き物は人を1人殺しただけでも精神状態が異常に悪くなります。それは何千回と繰り返している医師の精神状態は最悪か異常。精神病かサイコパス状態に陥っている人も見受けられます。

抗がん剤を打ったことを自分の記憶の中から消し、あたかも、ガンが自然に進行したんですねぇ、と他人事のようにふるまう悪党もいます。何も覚えていない、まさに万引き犯と同様です。嘘つきは泥棒の始まりとはよく言ったものです。

都合よく抗ガン剤で患者を犠牲にしまくった過去を書き換え、脳内では患者をバンバン治していることになっている医師もいます。でも現実は逆。現実を認めたとき自殺するでしょう。

「新たながんのため亡くなった」わけない

治療で亡くなったとは口が裂けてもいえません。病気のせいにしていれば医師の責任ではなくなりますよね。がんのために亡くなったのではなく、治療のために亡くなったというのが正解でしょう。

抗がん剤を使ってがんになり死んだ、ということはガンのために死んだのではなく、薬物のために亡くなったと表現するべきなのです。

抗がん剤のせいじゃないし、医師のせいでもないし、患者とガンのせいと叫びたいのです。製薬会社にダマされて気がつかない医師のせいなんですけどね。

「定期的な検査を受け」るもんじゃない

ガンなんて発がん物質が体内に溜まっていれば出てきたり取れたりしまうものです。医師につけ込まれるので「定期的な検査を受け」るものではありません。

最も安全なのは食事療法です。無理やり患者に抗がん剤を投与する○京大学の抗がん剤の権威ですら、自分のガン治療に選択するのは食事療法なのですから。権威も認めた方法なわけです。

ノーリスクで治る方法があるというのにそのことを隠し、抗がん剤で殺してガンのせいにして逃げる。医師がやったことを隠し、ガンのせいにする真実をねじ曲げるマスコミも共犯。それにしても相変わらず医師は容赦ありません。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!