動脈瘤と血液が固まる理由

動脈瘤と血液が固まる理由

動脈瘤と血液が固まる理由

https://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-191024X969.html

動脈瘤増大見落とし=男性患者死亡―横浜市大病院
2019/10/24 17:15時事通信

○○は24日、70代の男性患者の動脈瘤(りゅう)破裂の可能性を見落とし、死亡させる医療事故があったと発表した。病院はミスを認め、親族に謝罪した。

病院によると、腎臓病などで同院を受診していた男性は2017年6月、コンピューター断層撮影(CT)を行い、放射線科の医師が報告書に骨盤内の動脈瘤が「増大」と記載したが、主治医である腎臓内科の医師は記載内容を見落とした。男性は今年9月に意識消失し、同院に救急搬送されたが、動脈瘤破裂で出血が止まらず死亡した。同院は組織としての確認体制も整っていなかったという。

誰も言わない血が固まるわけ

最近、血が固まる方が多いです。人間の血液が全身をめぐっているのですが血液が固まってしまったら、その部分から血管が破れて大変なことになります。脳血管が破れれば意識を消失して命に関わることになってしまいます。

でも、専門家は目先の症状にとらわれて、血液が固まる原因を考えようともしません。

だから次々と患者が来て、対症療法である手術を繰り返すことになるわけです。手術で血の塊を取り除いたとしても、すぐにまた血は固まります。血の塊を早期発見して除去したからといってそれで健康になれるかどうかは全くわかりません。

だから、検査で発見し早く治療したとしても、またすぐに悪くなるのが目に見えています。発見したから治るんだ、ということではなく、原因を取り除かなければ治らないのです。

だいたい70代の患者に安易に手術を勧めること自体が間違っています。手術が終わって生き延びたとしても衰弱して残り少ない寿命がさらに縮むだけ。治療で死んだら謝ったのでしょうか。上級は勝手なのしかいません。

血の塊や肉の塊ができたからといっていちいち体の中に手を突っ込んで取り除こう、というのが原始的なのです。このような方法は科学的ではなく、まともな代物ではありません。

体の中に手を突っ込んで異物を取り除く、というのがさんざん勉強した専門家が常識と言っているのですから大変なこと。正しいのではなく、手を突っ込むことしか知らないのが専門家の頭の中の実態です。体内の異物を外に出す免疫力の意味もわかっていないのです。

そして、血液が固まる原因を考えなければならないのですが、思考停止に陥った専門家は聞く耳もなく、小馬鹿にするだけで患者の増加に手も足も出ません。金は儲かっても体力・精神力を使い果たし自殺するのがオチ。自業自得です。

血が固まらないようにするには

人間の血液は基本的には鉄でできています。鉄がさびると酸化鉄となり赤くなります。だから血液は赤くなるのですが、その血液が酸化してサビた分、血液の粒子が大きく重くなり固まりやすくなるのです。

ヘモグロビンという数値が大きいのは血液がさびている証拠です。数値の単位はg/dlですから血液中の重さを示しています。数値が高いのは赤血球がさびて重くなっていることを示します。回復してるのに数値が低くなったからと貧血、と安易に決めつけるマニュアル思考の単細胞がいます。

回復の過程では、確実にヘモグロビンの数値は下がります。血液が薄いと毛細血管に血液が入りやすくなり回復が早まるからです。数値だけで判断する医師は能力が明らかに低いので、検査や治療をさせないほうがいいでしょう。治ってたのに無駄に手を出し患者を死なせる輩がいます。

ヘモグロビンが高いとドロドロ血液になっています。ドロドロしてるんだから詰まってしまいます。それが最終的に血管の内部で詰まって破裂してしまうというわけです。国民の体調不良の原因がこの血液のさびにあります。

つまり血液の酸化が問題ということです。この血液の酸化はこのサイトでもたびたび紹介していますが、病気の根本原因です。血液を弱アルカリ性に保つことも血液を酸化させないこととイコールです。

酸化しやすい環境と時代

血液を酸化させる食事の代表は肉中心の食生活です。白砂糖・アルコールも血液を酸性にするので、血液を固まらせるリスクは高くなります。その他にも原子力発電所の爆発による被爆や宇宙から入ってくる放射線の宇宙線の増加が人々の血液を酸化させる働きをしています。

無駄な検査や治療で儲けた金で未来の子供たちのために逃亡し、逃げた先で無駄な検査や治療で儲ける医師も増えています。ついていってみてはいかがでしょうか。

体調不良の国民が増えているのも、急激に人間の体が酸化しやすくなっているから。有名人の容姿の急激な劣化や病人の増加も、このことと関係がないわけがありません。

電子レンジによる電磁波クッキング

最も危険と考えられるのは電子レンジによる調理です。私たちの生活におなじみですが、電子レンジで温めた食品を食べ続けるとどうなるか、なんて研究はされていません。どうなっても知らないし、実験台は日本人ということです。

倒れている若者がコンビニ弁当を抱えながら吐いて倒れているので、いいかげんヤバい、と気がつきましょう。

原子力発電所を爆発させたチェルノ先輩あたりの東ヨーロッパの地域では、電子レンジの使用を禁止している国家もあるそう。

電磁波を使って食品内部の水分を高速振動させて核爆発を起こします。そのような食べ物にはまともな栄養分がありません。栄養が破壊された食品を食べていることになります。

まともでない食品ばかりを食べているのだから、まともな血液ができず、でき損ないの汚い血液が血管内で渋滞を起こし詰まるのです。

自己免疫疾患やリウマチ

自己免疫疾患やリウマチなどの原因も、酸化した血液で麻痺を起こしている、というのも想像に難くありません。詰まる箇所が人によって異なっているだけで、病名は多種多様になります。病の本質を見極めず、たくさんの病名を覚えることがどれだけ自己満足で愚かしいことか、おわかりいただけるでしょう。

医療タレントの医学知識が風見鶏のようにコロコロ変わるのも、病の本質をつかめず、製薬会社から与えられるパンフレットを追いかけ回していたからに他なりません。

病の本質など昔から変わっていません。製薬会社の仕事は、大衆に病の本質をつかませず、偽の知識をつかませることにあったのです。

自己免疫疾患やリウマチは、原因不明ということになってます。

よく考えたら対策は簡単な話で、酸性化した血液を食事療法で弱アルカリ性に戻してやることです。ものすごい痛みやしびれが回復の過程で現れますが、動かなかった腕や指の関節が動くようになります。ツボ刺激やマッサージなどの併用が血流をスムーズにし回復を加速させます。

痛みとかしびれは、今まで血液が入らなかった箇所に急に血液が入り神経を刺激したためにおこるので、治るには避けられないのです。痛みときいて痛み止めで回復を妨害する輩が後を絶ちません。

筋肉の血管が酸化した血液によって詰まり、血液が通りにくくなり、麻痺したり、急に血液が入ってきて痛くなったりする、というのが自己免疫疾患の正体です。免疫が暴走して自分で自分のことを攻撃しているなどと馬鹿なことをいうものではありません。免疫力を下げる治療など治療ではありません。

このことが知られると、医者や薬屋の商売があがったりになるので、真実をばらすとたたかれたり暗殺されたり、偽学者が必死になって隠してきました。

サラサラ血液なら血管が破れにくく安全

血液の流れが悪いところから病気になると言われていますが、人間の弱点に悪い血液がたまって、その部分から悪くなるという東洋医学の基本的な考えも納得できますよね。

血液が固まりにくければ、体内の血管が渋滞することもなく流れはスムーズで、異物の排出も効率的に行われます。こういう人は免疫力が高く病気になりにくく、今回のニュースのように血液が固まって血管が破裂するリスクもないのです。

動脈瘤と血液が固まる理由
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!