これから流行する赤痢の原因と治療

これから流行する赤痢の原因と治療

これから流行する赤痢の原因と治療

いつまでも居座った首相は健康問題による退陣をよぎなくされました。

国民生活をめちゃくちゃにしすぎて、恨みを買い過ぎ、これからはいろんな人に追いかけ回される人気者に。
総理大臣のときよりチャレンジングな毎日が待っているでしょう。健康問題なんかで悩んでいる暇もない忙しい余生です。

アーメン

ほぼ同時に発生する赤痢の流行はまさにシンクロで象徴的です。

ここでは、コロナウィルスだけでなく赤痢対策に入ります。

赤痢(せきり)

赤痢(せきり)は、下痢・発熱・血便・腹痛などをともなう大腸感染症のこと。

赤痢と呼ばれていたものは、現代では細菌性とアメーバ性に分けられます。
赤痢と呼ばれているものは、赤痢菌による細菌性赤痢のことを指しています。
でも、以下に述べるように、これらの分類はまるで意味をなしません。

赤痢は、赤痢菌によってもたらされる感染症で、糞尿などから食物や水などを経由し、経口感染するケースが大半である、とされているが、実は大きな医学的誤りがあります。

自然発生する細菌

腸に存在している自律神経を刺激することによって人為的に赤痢を発生させることに成功しました。

腸に分布している自律神経をピンセットなど物理的にまたは、細菌毒素などの化学的に持続的に刺激を与えて、外から感染することなく赤痢と腸チフスを作り出すことに成功した、という実験があります。

これは赤痢は腸チフスが伝染病ではないことを示しています。このように人間の体の外からウイルスや細菌が入ってくることなく、赤痢などの感染症にかかってしまうことがあるのです。

また原子爆弾が落とされた地域に赤痢が流行するというのも血液が急激に酸化しているからです。

強力な放射線によって人間の血液がダメになり、それによって人間から体内に悪い細菌が湧いて出てくるのです。殺菌消毒をしたところでまったくの無駄です。

血液が酸化したのが原因で細菌やウイルスが自動的に発生します。このメカニズムを知らない専門家のアドバイスをいくら聞いたところで対策にはなりません。

血液が弱アルカリ性を保っていれば健康になるわけで、それが酸性に傾いていくと様々な悪い細菌が出てきて病気の原因となるわけです。

このウイルスの自然発生説を理解できないのは、いつものように口だけがうまい弁護士に向いている医療専門家。専門家は従来の時代遅れの知識にこだわり、全く受け入れようとしません。

ウイルスや細菌は外から感染するだけだから「鼻くそをほじらないぞ」といつまでたっても低レベルから成長することができないでもがく餓鬼のよう。

これから赤痢が流行しますが、全く手も足も出ずクソの役にも立たない無用の長物になるのは目に見えていますよね。

それよりも、専門家の大嫌いな血液を弱アルカリ性に保つことしか方法はありません。

対策は血液をきれいにすること

赤痢を発生させる物理的な刺激と言うと酸化させることに他なりません。そして原子力発電所が爆発した現代社会では、放射性物質が大量に降り注いでいるために血液が酸化しやすい状態になっています。病人の増加も血液の酸化によるものです。

当然コロナウイルスのようなものも、血液を酸化させ血栓を作り出すことになるのです。
空気が汚く酸化した状態になっているために、その汚い空気を吸い込んだ人間も人間の血液が酸化して、赤痢が自動発生するという仕組みになっているのです。

どさくさにまぎれて打つワクチンは薬は無駄どころではなく血液を汚すだけで有害です。メディアに流されやすい奴がゲイツに乗せられダマされ被害が続出。あとはワクチン訴訟です。被害はお金で済ませます、と事前に言ってる政府は効かないって知ってます。

考えられる治療法と言うと、血液を弱アルカリ性にすること、血液をきれいにすること以外に方法はありません。

赤痢の流行と首相の健康問題による退陣を尻目に健康を維持する

コロナウイルスの陰に隠れてこれから赤痢が流行することになっているようですが、対策は全く一緒です。

赤痢の流行とともに、いつまでも居座った首相の健康問題による退陣と象徴的なタイミングです。悪が倒れる最大のエンタメを見られるこの時代に、自身の健康悪化で死ぬわけにはいきませんよね。

役立たずな政治家を尻目に、自分のペースで地道に血液をきれいにして、食生活をまともなものにすることです。大切なのは、血液に余計なものを入れないこと。有害物質ばかり含まれているコロナワクチンなどは論外です。

これから流行する赤痢の原因と治療
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!