ALS筋萎縮性側索硬化症嘱託殺人と偽医療と神経と塩分の関係

ALS筋萎縮性側索硬化症嘱託殺人と偽医療と神経と塩分の関係

ALS筋萎縮性側索硬化症嘱託殺人と偽医療と神経と塩分の関係

筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患っていた○○市の女性=当時(51)=から依頼を受け、薬物を投与し殺害したとして、京都府警は23日、嘱託殺人の疑いで宮城県名取市の呼吸器内科医○○と東京都の内科医○○の2容疑者を逮捕した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/1dfc0b0a4ba7593fe7e27e8005c3f04c6e5b1ae7

逮捕容疑は2人は共謀して昨年11月30日、ALSで寝たきり状態となっていた女性に頼まれ、京都市内の女性宅で、薬物を投与し、殺害したとしている。

女性は数年前からALSを患って闘病を続けていた。医師らは女性の主治医ではなかったといい、SNS(会員制交流サイト)を通じて知り合ったとみられている。

死亡した経緯に不自然な点があり、女性が薬物の投与を受けた疑いが浮上。京都府警はメールなどのやり取りから、2人が女性の依頼を受けて殺害したとみて捜査していた。2人が見返りに現金を受け取っていたとの情報もあり、裏付けを進める。

主治医が安楽死させていたら問題にはならなかったでしょう。
病院内で安楽死させていれば、病死と処理されて隠蔽されていたでしょう。

「何も考えずに生きてるからそうなる」

主治医が犯行を行ったわけでもなく、病院内の事件でも無いから明るみに出たわけですが、明るみに出ていないものが山ほどあります。

無理やり安楽死させられてる患者はいます。そういう病院では麻薬の数が足りない、という現象が起こります。「医療崩壊で救える命が救えない」が聞いてあきれます。

「医療崩壊で稼げるお金が稼げない」でしょ。

筋萎縮性側索硬化症

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%8B%E8%90%8E%E7%B8%AE%E6%80%A7%E5%81%B4%E7%B4%A2%E7%A1%AC%E5%8C%96%E7%97%87

このALSという大きな病気の患者数は増加傾向にあります。厚生労働省の調査によると1975年には416人の患者しかいなかったものが、2005年には7,302人となり、2014年には9,950人へと推移しています。

1万人近い患者が確認されており、その数は年々増加傾向にあります。この病気は高齢者にかかりやすいという特徴があり、超高齢化社会に入ったことでALSの患者も増加しているのですhttps://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no361/

年のせいにしているうちは治りません。

2011年以降に増えたのは放射線量の増加のためです。放射線被曝で血液の酸化が進むと各種病気になります。患者の免疫力の高さに頼れない時代に入りました。医学理論の間違い、治療失敗は顕著に表れます。

また、同時にアルツハイマーやパーキンソン病といった神経に影響のあるその他の疾患の患者も増えつつあるのが現状です。https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no361/

この深刻な病の原因や治療方法といった、根本的な問題は解決されておらず、薬を飲んでも症状の進行を抑える程度しか効果がありませんhttps://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no361/

進行を抑えられるなら「殺してくれ」とはいわないでしょう。完全に嘘です。どうしようもないレベルまで追い込み悪化させたのが主治医で、とどめを刺したのが上記医師と捉えるのが正確でしょう。

主治医の治療失敗が招いた事件と言え、製薬会社と病院に守られて主治医が正義とされ、守られない上記医師のみを悪くいうのは読み違いです。

病気の進行や症状を抑えるために投与される薬物で、さらに具合が悪くなる、という現実を理解できないのが専門家です。手術と薬品で治る病気は一つもありません。

血液をきれいにする、という意味が専門家には理解できないため、結局は安楽死に追い込まれるわけです。安楽死の是非を論じる前に、医師が病気を治せない理由を論じるべきです。

透析中止問題とも共通しています。中止が悪いのではなく、治療効果が低く、血液の酸性化を進める透析を安易に勧めた医師の判断の不適切さに触れた者はいませんでした。

今回は病院外の医師がやったから問題が顕在化しただけで、病院内で勝手に安楽させている医師は製薬会社に守られて、罪が明るみに出るどころか出世したりしています。

がんが取れてしまった患者に「むりやり」抗がん剤を打ち「麻薬」で「むりやり」安楽死させといて死因を「がん」と堂々と書き、嘘の説明をして「これでみんな治ってるんだ!」と逆ギレ、威張り腐るがん専門医もいます。

難病や治らない病気の患者なら何をしても許される、と誤解をしている医師がいます。がん治療でも同様の現象が見られます。いわゆる「甘え」です。

異常な医師と優生思想

残念ながら世の中に殺人鬼という人は絶対にいます。そして医療関係者の中に人を殺すために生まれてきたような人もいます。

そのような性質を持った人なのだから仕方がありません。いくら人殺しが悪いんだ、と言っても止められません。

人権という概念が生まれ「人を殺してはいけないよ」と言われてからまだ300年くらいしかまだたっていません。遺伝的にみれば人殺しをしてきた人もいて、そういう人は自然と医療関係を志し、多くの患者を皆殺しにしてしまうわけです。

その人の祖先が何をしていたのかなんて誰も理解できませんが、ご先祖様と同じことをやってしまうのは遺伝子の影響です。優生思想を持っていたからというのは表面的な理由でしかありません。

優生思想を持っている人のほうが遺伝的に問題がある、という矛盾もあります。

医療関係は人の健康を維持して守ることよりも、健康を破壊する人のほうがあまりにも多い業界です。遺伝的に問題のある人が、大量にこのような業種を選択していると推測されます。人間として異常な医師が多いのも納得できるでしょう。

現代医学を信奉をしていれば確実に患者の病気は悪くなる一方で、死亡させるリスクが高くなります。

患者を死なせるということは治療者にとって大きなトラウマになります。

治療者がPTSDにかかることになり、最終的には異常行動を起こします。発達障害などはインチキ病名です。

患者を殺しまくっているにも関わらず、患者をどんどん治しているという偽の記憶を自分で作り上げ自分で自分を騙し始めます。

過去の行為を見て見ないふり否認をするわけですが、一度失敗した治療行為で治ることは絶対にないのに、同じ行いをムダに繰り返し後に発狂します。

マスコミや出版物・講演会では「患者が急に悪くなった」と偽りの記憶を語り病気の恐怖のみを広め、自己の治療行為の不適切さには触れず国民を欺こうとします。

自分の罪を国民からの賞賛で埋めようとするわけですが残念ながら犯した罪は消えません。医療関係者上げ拍手しましょうキャンペーンにもこの病理は巣くっています。

患者の死体の山だけではなく、頭のおかしくなった医療関係者を現代医学は生み出すことになりました。医療関係者に自殺が多いのも、こんなところに原因があるのです。

神経の問題は塩分

筋萎縮性側索硬化症は神経の問題ですが、神経には塩分不足が関係しています。塩水は電気を通しますが、塩分が少なくなると神経伝達物質が通らなくなってしまいます。

人間の神経伝達物質はナトリウムです。そのナトリウムを消費した残りカスがカリウムです。元素転換が起こりナトリウムからカリウムに変換されていて、入れ替わるわけでありません。

ナトリウム(塩) → カリウム・マグネシウム → カルシウム(骨)
健康体    再石灰化 還元コース:ナトリウム(塩) → マグネシウム → カルシウム(骨)
不健康 異所性石灰化  酸化コース:ナトリウム(塩) → カリウム → カルシウム(骨)

塩を取らないと神経が働かず死んでしまうのです。それは人間だけではなく全ての動物も当てはまります。

1939年以降、A.L.ホジキンとA.F.ハックスレーは、この実験材料を用い、神経線維の中に入れたピッペットと神経線維の外の液体との間に流れる電流を測定することによって、神経線維が電気信号を発生する仕組みを明らかにしました。http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/11/index-11.html

神経線維の電気信号発生のカギは、ニューロンをとりまく膜の内側と外側に存在するイオンのアンバランスな分布にありました。細胞の内側には、カリウム・イオンが多く、外側には、ナトリウム・イオンと塩素イオンが多く分布しています。http://web2.chubu-gu.ac.jp/web_labo/mikami/brain/11/index-11.html

ナトリウムイオン(Na+)と塩素イオン(Cl-)ですからどう考えても食塩(NaCl)です。

ナトリウムがエネルギーを与えて残ったのがカリウムです。

ナトリウムとカリウムの交換になっているわけではなく、ナトリウムを消費した後のカスがカリウムということです。体内で元素転換が起こっているのです。

ナトリウムは原子核の最も外側に余分な電車を一つ持っていて、摂取するとその余分な電子をもらうことができます。

ナトリウムは酸化を止める還元剤として働きます。体に悪いわけがありません。塩漬けで腐敗を止めることもできますが、酸化を止めているということです。

塩が万病のもと?

塩と神経の性質も理解できず、塩が万病のもとと触れ回る専門家たち。

医療芸人に騙された高齢者が必死になって塩分を控えるわけですから、元気がなくなるのも当然ですよね。
塩分が体に悪いとさんざん広めたおかげで、神経がだめになる病人が増えました。

「医者の言うことはすべてやればいいんだ」

と言っている愚かな高齢者もいます。
不適切なアドバイスを受けて真に受けてしまえば具合が悪くなります。

大した年齢でもないのに頭が禿げ上がり、真っ白な白髪の専門家の醜いこと。血液がきれいではないのでしょう。まともな体を作り上げられない医師の言うことを真に受けて健康になれることはありません。

砂糖

塩と対照的に砂糖水は電気を通しません。体内の糖分が増えすぎると神経が働きにくく体が動かなくなってしまうのです。

そして電気が流れず、神経の働きが悪くなってエネルギーが消費されないので肥満につながるわけです。

砂糖にはカロリーはありませんが、太ってしまうのは血液を酸化させるからなのです。

血液の酸性・アルカリ性かを理解しなければダイエットも成功しません。

医者に痩せろと何十年言われても痩せることもできない主婦
アドバイスしている医師ですら太っているという現実

お前が言うなといった感じです。その理由もわかるでしょう。

血液のpHについて全く無知だからなのです。

全体的に芸能人の方でも最近になって太ってきた芸能人がよく見られますが、東京の環境が悪くなり血液が酸化しているものと推測されます。

また血液が酸化することにより血流が悪くなり赤血球が神経を形作ることもできなくなります。体が動かなくなるのも当然と言えるでしょう。

環境最悪日本

現在の日本は血液が酸化しやすい環境になっていて、病人が急激に増えます。

2011年における原子力発電所の爆発で空気と水は汚染。コロナウイルス。
しかも宇宙放射線も強烈に降り注いでいます。
農薬・除草剤たっぷり野菜で肉はホルモン剤。

火・水・土・風すべての要素を敵に回した罰当たり国民の末路です。

近年になって電車の中が臭いと感じた人がいるのではないでしょうか?
乗客の血液の酸化が進んで体が臭くなっているのです。簡単に言うと、腐り始めたということです。

そのような劣悪な環境に過ごしているのだから病気になってしまうということで、都会が便利だ、仕事がたくさんあるなどと言っていると簡単にやられてしまう時代なのです。

そりゃノストラダムスも「ジュネーブ(トンキンなど経済中心地)から早く逃げろ」というわけです。

病気の根本原因を理解できないなら患者を殺すだけ

治療法は血液の状態を良くすること。塩分をしっかり取ること血液の酸性化を抑えることしか方法はありません

このサイトを読んでいる人はまたその理由かよ……と言われるかもしれませんが、それが病気の根本原因で共通したものなのだから仕方がありません。

そして病気の根本原因を理解できない医師たちは患者の具合を悪くするか、殺すことしかしていられないのです。

いくら病名や薬品名・体の部位の名前を覚えたって全くの無駄です。

自分の体で実験もしたこともないような人が、知ったような口を聞けるのは不思議なものです。

そんなに塩は体に悪いというのなら、自分で塩を飲んでみたらいいのではないでしょうか?

自分の体で具合が良くなるか悪くなるか試してみればいいのではないでしょうか?

いつまでインチキ改ざん統計をエビデンスにしているのでしょうか?

自分を犠牲にした実験もすることもなく、伝聞知識を真に受けて、治療に失敗し続けて最後には逃げ回るしかなくなるのです。

病気を治したこともないし、自分が病気になって回復したこともないような専門家の言うこと聞くのを止めて、病気のから回復した人間の言うことを聞いたほうがいいのではないでしょうか。

1匹見つけたら40匹はいる

血液の酸性化や塩分不足が病気の根本原因なのですから専門家の方々は絶対にこの現実を認めようとしません。
頑張っても病気を治すことができず、しまいには患者を薬品で殺してしまうという医師まで出る有様。

筋萎縮性側索硬化症に限った話ではなく、これは氷山の一角で、ゴキブリを1匹見つけたら40匹はいると推測するのが常識です。

どうせ患者はがんで死ぬんだから、と内緒で抗がん剤を打ち、患者の死を自作自演するものもいるくらいです。急に進行したんだと大騒ぎすればいいだけの話。自殺に見せかける工作もあるかもしれません。

死因を作った人間が死亡診断を書いているのですから、あてになるわけがありません。下らない小細工ばかりしていたら、食事療法でがんが取れている患者まで抗がん剤と麻薬を勝手に打って殺しバレて怒られる、という馬鹿な医師までいます。そんなものは当然隠蔽されます。

自分が患者だったら絶対に抗がん剤はやらない、これが専門家の方々の常識です。

だけど、薬を打たなければ病院内での立場が悪くなるからやるという腐った根性です。
病院内での立場が良くなっても、地球上での立場がカルマによって悪くなりますから意味はありません。

嘘しかつかない医療関係者

がん専門医の死亡診断書は、みんなががんが死因になってしまうということです。

患者を苦しめて見せしめで殺してしまえば早く治療しなければならないんだと誤解をする患者の周りの人間もいます。

そんなお芝居をして何の得になるというのでしょうか?

いくら勉強したって高血圧一つ治せない専門家。

そんな人に限って「反医学は信用しないで、科学的な医学を信じて」など夢のようなことを言うわけですが、現実逃避も甚だしいです。反医学を叩いても病気の根本原因は取り除けません。反医学も宗教くさくてインチキ臭い健康食品や装置を売りつけてキモいわけですが。

医師のアドバイスを何十年聞いても、高血圧・風邪一つ治せなかったくせに「この難病は未だに治療法が確立していません」とかのうのうと書いてあるわけですからおかしな話です。

簡単なもことができないのに、難しいことができるはずもありません。

何にも治してないくせによくいうわ

この深刻な病の原因や治療方法といった、根本的な問題は解決されておらず、薬を飲んでも症状の進行を抑える程度しか効果がありませんhttps://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no361/

あらゆる病気の治療法が確立していません。
これでは他に治る病気があると言っているようなもの。

具合の悪くなっていない患者は、患者の免疫力の高さに頼っているだけです。

血液のpHを無視した治療は、当たらない博打に手を出しているようなものです。その博打に外れるほど金が儲かり、出世できるのですからヘンテコなシステムです。

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」とはいいますが、当たった数ではなく、撃った数が基準なのですから出世した医師にろくなのがいないことになります。

いくらお勉強したって病気の根本原因など誰も教えてくれません。お勉強といっても他人の知識をパクるだけですが。頑張って勉強してもスキルアップしても患者の体調などよくなりません。

その治療をよく見てみれば、

臓物を切り取ってダメージを与える
薬品で血液を汚して酸性化させる
放射線や光線を浴びせてさらに血液を汚す

全ての病は血液を汚さず酸化させないことが治療になります。血液をきれいにする方法とは、ネットやスーパーで手に入るような食材・調味料で十分実現できるのです。

ALS筋萎縮性側索硬化症嘱託殺人と偽医療と神経と塩分の関係
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!