安倍晋三死亡説

Sponsored link

安倍晋三はすで死んていると言う話が流れています。

0:18 やーあの まー 急に あの 亡くなられ あまー 辞められちゃったんで

人間、嘘をつき続けるのも疲れますから本音はポロッと出ます。
ひるおびで真実を吐いてしまった証拠となり自民チャイナチューブ動画は削除。

確かに具合が悪くなり、入院してその後に出てきた安倍晋三は急に顔色がよくなりました。

体調が良くなったのならまた総理大臣をやればいいはず。圧倒的な党内の支持があったのだから復帰しても反対されるとは思えないし、器量も華もない菅にやらせ続ける理由はないはず。

よく考えてみれば偽物にすり変わっている可能性があります。ニュースはもちろん、画像や音声・動画はいくらでも加工が可能で、メディアの情報は信用できない時代です。

当サイトは以前書いたこの記事で安倍晋三が膵臓がんであることを指摘しました。やはり良くならなかった可能性が高いです。というよりも「予防はできるけど治療はムリ」って言っちゃう無知な医師の治療で具合がよくなることは考えられません。現代医学は「治療はムリ」なんだから良くなるほうがおかしいです。

▼ 首相、偽医療にひっかかり退陣そして引退へ ▼
https://kenkou-maintenance.com/quack/20200104/
▲ 主治医は王の健康を損ねる存在に ▲

安倍晋三の膵臓がん

安倍晋三は大腸の治療薬としてステロイドを飲んでいたと言われています。ステロイド薬は人工的に合成したホルモン剤で、発がん性が指摘されています。体内から分泌されるホルモンに似せた人工ホルモン薬は発がんします。

このことを指摘できない専門家は勉強してない怠慢、ネットですら調べない無知、との誹りを免れません。

ステロイドの副作用は薬を中止すれば消えるという大嘘をつく専門家。

骨が折れる
がんだらけになる
腎臓が悪くなる

これらの重大な副作用が勝手に消えるなら医者はいりません。回復にどれだけの時間と労力がかかると思っているのでしょうか。何も治したことがない人のいうことです。

▼ 免疫力低下薬ステロイドの蔓延で総理大臣まで発がん!国民総がん社会は新型コロナウイルス対策も逆効果 ▼
https://kenkou-maintenance.com/cancer/20200105/
▲ 危険な薬をポンポン出しすぎ ▲

膵臓や腎臓の機能を知らない専門家

膵臓や腎臓は、弱アルカリ性の重曹を分泌して体内に入る毒素から身を守ってくれます。

医師が、積極的に体内に毒素を入れているため毒素の排出が追いつかなくなり腎臓や膵臓が悪くなってしまいます。

腎臓や膵臓は重曹を分泌し体を守ってくれるわけですが、その機能がうまくいかなくなります。

ちなみに腎臓や膵臓では重曹を分泌しているわけですから、重曹や重曹のもとになる塩分を補給することが治療となります。

現代医学は、塩分・重曹が人体に不可欠な理由も知らない。塩分が体に悪い、病気の原因なんだと伝聞情報を真実と決めつけて調べようともしない。この無知や怠慢から、簡単に患者を死なせてしまうわけです。

彼らは、がんは原因もないのに突然出現し増殖し続ける、という製薬会社の作った非科学的な理屈を信じ込んでいます。がんの原因は発がん性物質、放射線、血液の酸性化であり、病院内での治療が原因となるケースが多いです。

抗がん剤が使いたいからと無理やり抗がん剤を打ち、積極的に死なせ、急にがんで死んだと芝居し隠蔽、殺人を繰り返している医師もいます。場末の末端医が、一般人を殺しても必死に隠蔽するのに有名人を殺して「はい私がやりました」なんて自白するわけもなく、KOという上級病院が隠蔽に走らないわけがありません。

死因ががんにされた者は死因を洗い直すべきです。ほとんどが無駄な手術と薬物が死因です。

厚生労働省もコロナ騒動における異常な対策でも分かる通り、完全にわざとやっています。安倍晋三は自分たちの計略に自分で引っかかってしまったといえます。

手術で病気が治る根拠なし

ステロイドで具合の悪くなった安倍晋三は医師にがんにされたとはいざしらず、膵臓がんになったからがんを切除すればいい、と医師に乗せられ従い、膵臓を切ってしまい、がんだらけになって死亡したという顛末が容易に推測できます。

医師とは愚かなもので、治療の不適切さには目を向けず、治療が遅かったからだと現実逃避。同じ愚行を繰り返し死者をさらに増やします。

2020年はコロナ騒動で病院に行く者が減り、むだなががん治療を受ける者が減った結果、死者が減りました。無駄な手術で医師が患者を殺していた、ということです。殺した本人が死亡診断書を偽造するのですから、正確なデータが取れず、統計は当てになりません。

膵臓が悪くなったら絶対に手術をしてはならないのです。膵臓がんだけでなく、手術で病気が治る根拠は全くありません。

手作業で病気の原因を取り除くことは絶対にできません。外科医は漫画とドラマに毒されすぎた単純な人間が選択する職です。知恵の浅い連中に生命を預けてはいけません。安倍晋三のような上級国民ですらゴミのように医師に捨てられるのですから。

口外できない

安倍晋三は、結局、お腹が悪いからと、ステロイドを飲まされて、その結果がんだらけになり、無意味な手術、抗がん剤で死亡した、と言うことが推測されます。

まさに、ヒトラーが警戒した背後からの一突きです。

ステロイドが効く、とほざく専門家は信用しないことです。彼らは、自分が飲まないからと気軽に毒物を飲ませすぎです。専門家は危険性も理解せず、発がん性薬をばらまいているのだから二人に一人ががんになる社会の到来は当然です。

医師に殺されたことは口外できません。やりたい放題やってきた安倍晋三が急に死んでしまった、と言うと安倍晋三をかついだ人の立場が危うくなります。諸葛孔明が死んだときのように影武者人形を使い、生きている体裁を保っているというわけです。

ちょうどコロナ騒動でマスクをつけて顔は隠せます。堂々としていれば何とも思われません。安倍晋三の偽物がばれたら、他の政治家も偽物を使っている可能性が出てきます。

安倍晋三死亡説には信憑性があります。マスコミでは絶対に言わないのですが口走ってしまう者まで現れ、怪しさが際立ってしまうのでした。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">