Sponsored link
NO IMAGE

宮川花子 佐野四郎 芸能人の多発性骨髄腫を作るマスタードガス

NO IMAGE
Sponsored link

佐野史郎の多発性骨髄腫のニュースがありましたが、宮川花子も多発性骨髄腫になったという会見をしていました。その隣には医者が座っていました。

いくらやっても治らない

6月から休演が続いていた夫婦漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さん(65)が11日、大阪市内で会見し、「多発性骨髄腫」で闘病中であることを公表した。車いすに乗って会見に臨んだ花子さんは、復帰について「まだ想像がつかない」としながらも、「いつお迎えが来ても幸せだけど、大助を見送るまで生きておこうと思う」と話した。

花子さんは、昨年3月に背中に腫瘍が発見されてから放射線治療を受けていたが、今年1月に悪化。抗がん剤による化学療法をすすめられた。しかし、副作用をおそれて化学療法を約5カ月放置したところ、両足のしびれや形状変化を発症する危険な状態になって、救急搬送された。

多発性骨髄腫は血液がんの一種で、従来「余命3年、不治の病」と言われていた。だが、近年は薬の開発によって生存年数が飛躍的に延びている。花子さんも救急搬送された後に受けた化学療法で効果が出て回復し、会見を決意したという。https://dot.asahi.com/wa/2019121100059.html

しかし、副作用をおそれて化学療法を約5カ月放置したところ、両足のしびれや形状変化を発症する危険な状態になって、救急搬送された。

この書き方がまた悪質。放射線(放射能)なんか浴びるからがんができるんですけど。医者が悪化させておいてよく言うわ、です。

実は宮川花子は2018年3月に腰痛を訴え、この時点で骨腫瘍と診断。余命6ヶ月であるともされるほど体調不良。

放射線治療で体調は回復するも2019年1月の検査で数値が悪化。他の病院を紹介されるも宮川花子は副作用を恐れて5ヶ月通院せず。その結果4月には車椅子。6月に両足にしびれが出てついに6月24日に胸から下が動かなくなり入院。2019年12月11日になってようやく体調もある程度回復して会見へ。

1987年:多忙により肺炎で入院。
1988年10月:宮川大助の付添で検査を受けると胃がん発覚。宮川花子には知らせず「胃のポリープ」だとして手術。
1993年:5年経ち胃がんの再発がなかったので病名を告知。
2018年3月:骨腫瘍だと診断。
2019年1月:検査の数値が悪化し病院へ通わなくなる。
2019年6月:胸から下が動かなくなり入院。
2019年12月:半年ぶりに外出。多発性骨髄腫であると公表。https://sarattosokuhou.com/entame/hanako-sick/

あなたを治療しているお隣の医師のせいなわけですが。

ぜったいに化学療法なんて受けねえよwww

と主治医は腹の中で嘲笑っています。芸能人なんておいしいエサにくいついたらもう離しません。

2018年3月に骨腫瘍だと診断され放射線を浴びてがんだらけ多発性骨髄腫を発症に。放射線を浴びると血液の酸化が進みがんになります。

ある芸能人が、放射線治療で全身がんになったのを、全身がんの治療のために放射線治療をしていた、と原因と結果をすり替えて公表したテレビ局もあります。マスコミは事実を捻じ曲げて報道することが多いです。

同席した医師の説明によると、花子さんは昨年3月に腰痛を訴えて病院を受診。骨に腫瘍(しゅよう)があることが分かり、放射線治療を受けていたが、治療の副作用を心配するなどして、今年に入り5カ月ほど病院治療を受けていなかった。6月には病が進行し、一時は下半身不随の状態だったが、入院して化学療法の治療を受けて次第に回復しているという。

化学療法の必死の効いたアピール。

宮川花子「今日も生きてた」骨髄腫退院の現状明かす
[2020年6月24日17時36分]

血液のがんの一種である症候性多発性骨髄腫で入院し、4月に退院した漫才師宮川花子(65)が24日、オンライン会議ツールZoomで配信された「よしもと芸人オンラインイベントお披露目会~新しい芸人派遣様式~」に自宅から出演した。

「静養中の自粛で、今も車いす。後ろにはベッド。一日中ほとんどベッド生活です」と現在の生活を明かした。背景には光が差し込む窓が映っており「毎日、光を見るたび、『今日も生きてた』と思う。朝が大好き」と笑顔で話した。https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202006240000590.html

効いた治った割にはベッド生活

佐野史郎がワクチンを打っているかどうかは全く分かりませんし口が避けても公表しませんが、化学療法と言ってる以上、抗がん剤を打っている可能性が高いです。そして、抗がん剤を打つと多発性骨髄腫になります。

そのメカニズムは以下の通りです。

抗がん剤の成分の毒物が赤血球と結合しがん化し、赤血球が相殺され少なくなる。赤血球が足りなくなったので、骨を溶かして赤血球を補充する逆分化作用が働くことになる。

骨の成分が少なくなるので、骨が形成できなくなり、骨を形成しようとしても、赤血球が発がん性の薬品まで取り込み腫瘍になってしまう、という流れです。

治療行為では、毒な薬品や放射性物質を結合させて赤血球を無駄遣いするので、がん治療には貧血の問題がついて回り、血が足りなくなり、骨を溶かして補充するので骨が弱り骨折します。血液が酸性になるのを止めるのに腎臓を酷使するので腎臓病になります。

形質細胞は骨髄に存在し、異物を排除する抗体を作る細胞ですが、腫瘍化して骨髄腫細胞になると本来の役割を果たさないばかりか、骨が溶けたり、多発骨折、腎機能の悪化や貧血などをきたします。https://www.daily.co.jp/gossip/2021/12/11/0014907024.shtml

骨溶かしてんの医者なんスけど

放射能を浴びてもこの状況になるので、2011年以前のてきとうな食生活をのんきにやってると病気になり簡単に骨折します。

コロナワクチンと骨髄腫が関係ないと言う方もいますが、ワクチンでがん患者が激増している以上発がん性なのは理解できます。血液を発がん性の毒で汚染すれば、がんも骨髄腫細胞もできるわけですから関係ないとは言えないでしょう。これは骨のがんです、あれは血液のがんです、など分類してるのが無意味な話です。抗がん剤を注入すればどこかにはできます。

言われるがまま化学療法を続ければ、やればやるほどおかしくなります。即死しない人はまだマシ、といった感じです。保険点数が高く出世が早まり、製薬会社からカネまでもらえるので、主治医の頭もやればやるほどおかしくなります。

化学療法は治療ではなくただの攻撃です。使われる治療薬はマスタードガスです。赤血球に異物を結合させて電子や栄養分を運ばせないようにして患者を殺傷します。

化学療法という名前に悪いイメージがついたのを危惧して、最近では「免疫療法」とごまかしたりしていますが、ただの 「マスタードガス療法」であることは理解しましょう。

難病と会見を始める芸能人が続出し隣にはニヤついた医師が同席

やればやるほどおかしくなるのががん治療。大金を持ってる芸能人がどんどん引っかかり、滅多に見かけないような難病人が続出します。

その原因は薬品である、ということです。言い方を変えると、がんとか難病なんて薬品で容易に作れるということです。

治療を受けてる芸能人当人は満足してるからいいのですが、広告に影響された一般人が引きずり込まれるのが怖いのです。闘病してる人を悪く言うな!と思考停止した善人風の者が大量に発生して現実がみえなくなります。

医者・病院が善人であると信じているので、まず話は通じません。当サイトみたいなのがまず初めに怒られる対象となりますが、治療行為を分析できない、病院内で患者が連続で不審死を遂げている理由も考えない、医者まかせで思考放棄してる輩がいい人ぶったところで、よけい犠牲者を増やすだけです。

医師は、患者は馬鹿だから死ぬ死ぬ脅せば何てもいうことを聞かせられるとナメています。この手の危険な薬品を、患者の意思を無視して打ちまくって患者を殺しまくり、がんの急変などとウソの説明で逃げ回り、死亡診断書の偽造でごまかし、点数をかせぎ味をしめている者も存在します。

このメカニズムに気が付かず、広告塔にされる芸能人たち。

発がん性放射性物質入りのコロナワクチンでも、このような病気を作ることができると考えられます。ワクチンの中には発がん性物質・放射性物質が入っていることはもう資料に出ています。

「難病になりました」と会見を始めるワクチンを打った芸能人が医師を伴い続々出てくるでしょう。主治医に難病を作ってもらい闘病させられる患者。医師の方々は腹のなかで笑っていますよ

「馬鹿じゃねーの、こんな治療自分が患者なら受けるわけねーじゃんwww」

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock