Sponsored link
NO IMAGE

桝太一が先輩・羽鳥慎一からの甘い囁き「年収20倍UP」拒絶理由

NO IMAGE

桝太一が先輩・羽鳥慎一アナからの“甘い囁き”「年収20倍増」を蹴った勝算(芋澤貞雄)
2/2(水) 9:06配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7cba0c056a34414161914ccfe744aa88128561f

“日本テレビの顔”とも言われる桝太一アナウンサー(40)の電撃退局が今も汐留界隈をざわつかせている。局幹部及びアナウンス部直属の上司しか知らされていなかった退局だが、5~6年前から桝アナをめぐり、密かに複数の芸能プロダクションが激しい争奪戦を繰り広げていた。

桝太一アナが選んだ「パラレルワーク」という選択 日テレ退職でも局とウィンウィンの関係に

2012年から16年までの5年間、『オリコン』の「好きな男性アナウンサーランキング」で1位を獲得した殿堂入りした”金のなる木”を、芸能プロが放っておくわけがない。ちなみに同ランキングでこれまで殿堂入りを果たしたのは、TBSの安住紳一郎アナ(48)と桝アナの2人だけだ。

■羽鳥アナのフリー転身後の総収入は60億円以上

この水面下の争奪戦で常にイニシアティブを握っていたと言われるのが、桝アナよる日テレの入局が12年先輩で現在はフリーアナウンサーの羽鳥慎一(50)の”声掛け”だったと言われている。

二人の接触は人知れず極秘裏に行われていたようで、羽鳥アナの口説き文句は「今よりも年収20倍アップ」「アナウンサーとしてもっと活躍の場を広げてみないか?」という、極めてシンプルなものだったと言われている。

実際、2011年3月末で日テレを退局した羽鳥アナは、現在『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)を含めレギュラー4本を抱え、単発MCでも引っ張りだこ。フリー転身後の11年間での総収入は、60億円を超えると言われるほど大成功している。

さらに桝アナの心を揺さぶったのは、羽鳥アナの「これからはやりたい仕事だけ(選んで)やればいいんだよ」という一言だったとも言われている。

局アナとして16年間に渡ってトップを走ってきた桝アナだが、やはりサラリーマンとして思うところもあったのだろう。そんな時に耳元で聴こえてきたのが羽鳥の”甘い囁き”だった。

しかし、熟考の末、桝アナが導き出した結論は、大手芸能プロに所属のフリーアナウンサーではなく、同志社大学での研究者としての”セカンドキャリア”だった。

桝アナが同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員に転身すると、1月23日放送の『真相報道バンキシャ!』で語った時には、思わず作業を中断してしまったスタッフもいたそうだ。

収入の大幅増の魅力には目もくれず、将来の生きがい……サイエンス・コミュニケーションの研究に精進するという転身に、喝采の声を上げるテレビ関係者も少なくない。

Sponsored link

羽鳥:今よりも年収20倍アップするよ!

(20倍なんてどうみても危ない橋だろな…..ヤバい仕事に決まってるだろ….コロナとワクチン煽りまくりの羽鳥なんかについていったら後で誰に何されるかわからんわ….)

桝太一:やっぱアナやめときます!

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".