Sponsored link

上皇后美智子 宮内庁病院へ 右ふくらはぎに「血栓」

Sponsored link

このレベルの上級国民がワクチンを打つわけがありません。

 

【速報】上皇后美智子さま 宮内庁病院へ 右ふくらはぎに「血栓」で経過観察

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/

上皇后・美智子さまは右ふくらはぎにできた血栓の経過観察のため、宮内庁病院を訪問されました。

午前10時過ぎ、皇居・半蔵門に到着した上皇ご夫妻は、集まった人たちに会釈をし、皇居にある宮内庁病院へ向かわれました。

上皇后美智子さまは、先月末、右のふくらはぎに血栓が見つかり、「深部静脈血栓症・末梢型」と診断されました。

側近によりますと、特に状況に変わりはなく、美智子さまは薬を服用せず、水分を取り適度な運動を心がけていて、きょうは宮内庁病院で経過観察の検査を受けられたということです。上皇さまも研究のため、一緒に皇居を訪問されました。(画像は、皇居に入られる上皇ご夫妻・午前10時すぎ)

人工ホルモン剤の副作用でした。

ホルモン剤で病気が治ると信じている最高の医師の方々
完全にカルトでした。

ホルモン剤の副作用は「がん」です。

ホルモン剤は、ヒトに対する発癌性が認められるグループ1に含まれます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧

ホルモン剤

血液酸性化

発がん

血液が酸性になってると血が固まり、血栓になるわけです。
ホルモン剤は血液を酸性にします。

ホルモン剤そのものが異物なので異物を取り込んだ病的細胞となり血管内に蓄積します。

東大出身の医師はプライドと意識と偏差値が高いだけで、病気を治したり、健康を維持するのには一切役立ちません。自動機械に治療は無理です。

 

美智子さまの乳がん「再発リスク、非常に低い」 宮内庁
長谷文2019年9月20日 17時38分

宮内庁は20日、上皇后美智子さまが受けた乳がん摘出手術について、最終病理診断の結果、がんは切除され、再発リスクは非常に低いと判断されたと発表した。ホルモン剤が効くタイプのがんと診断され、美智子さまは今後、ホルモン療法を受けるという。

宮内庁によると、左胸に見つかった乳がんを手術で取り出し、組織周辺の病理検査をしたところ、がんの広がりは確認されなかった。ホルモン療法に加え、定期検診を3カ月から半年ごとに実施していく。治療方針は、年齢や体力などを考慮して、決定された。

美智子さまは同日、上皇さまと一緒に病理診断の結果を聞き、安心した様子を見せたという。美智子さまは今月8日に、東京都文京区の東京大学医学部付属病院で乳がんの摘出手術を受け、10日に退院した。(長谷文)
https://www.asahi.com/articles/ASM9N54L2M9NUTIL024.html

ホルモン剤で病気が治る、年をとるにつれてホルモンの量が減るからホルモンを補充しなければならない、と信じているわけですが、そのホルモンで病気になるのがオチでした。

医師に相談するとロクなことになりません。こんな上級でも治らないんだから、下級国民が主治医つけてもたかが知れています。

親玉でも見境なく殺ってくるのが医師です。
皇室に対する国民の恨みも凄いんでしょうが、もう術は効きません。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock