Sponsored link
NO IMAGE

モデルナがオミクロン株対応コロナワクチン2倍濃いやつで始末しにきた

NO IMAGE
Sponsored link

モデルナがオミクロン株対応を発表 3回目接種や倍量接種の検証、特化型ワクチン開発など
https://news.yahoo.co.jp/articles/f8e12b361a3695fcc8159d9eb1befb0aec91e35f

米大手製薬会社のモデルナが、南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の出現を受け、新たな対応策を発表。認可済ワクチンのブースター接種の有効性検証と、それが有効でなかった場合に備え3段階の防衛策を講じているという。

モデルナによると、オミクロン株にはデルタ株にみられた感染力を高めるとされる突然変異と、ベータおよびデルタ株にみられた免疫回避を促進するとされる突然変異の両方が含まれており、この突然変異の組み合わせは、自然免疫とワクチンによる免疫を低下させる可能性があるという。現在、低下した免疫力を高めるための唯一の対応策は認可済ワクチンの追加接種で、モデルナではオミクロン株に現在の認可済ワクチンが有効か確認する試験を実施中。今後数週間以内に結果が出る予定だとしている。

また、モデルナでは、現在認可されているワクチンがオミクロン株に有効でなかった場合に備え、3段階の対応を想定している。第1段階として、すでに健康な成人を対象にこれまでの50マイクログラムから倍の100マイクログラムに用量を増やした高用量ブースター試験を実施しており、306人の被験者への投与を完了。高用量接種を終えた人間の血清で迅速に中和検査を行い、100マイクログラムの接種がオミクロン株に対して優れた効果を示すか否かの検証を進めているという。

第2段階として、突然変異予測のための2種類の多価ブースター候補をすでに臨床研究しており、今後584人の参加者に臨床中の50マイクログラムの用量で試験する予定。完了した多価ブースター候補から血清テストを迅速に増やし、これらの候補がオミクロン株に対して優れた中和効果を示すかどうかを判断する。

第3段階として、オミクロン株に特化したブースター候補の研究を加速。これは重大な懸念のある一部の変異株に対してその変異株特有のブースター研究を前進させる戦略の一部で、過去にはベータ株およびデルタ株では60~90日のうちに新しい候補の臨床試験を開始している。

濃いやつガンガン打ってくる。
第一段階で2倍の濃いのを、第二段階でもっと変な成分を入れ込んでくる。
オミクロンはカスって言ってるのに。

薄いのはナシ、と考えたほうがいい。
完全に始末しにきた。

会社やめますか、人間やめますかの2択を甘くみて、会社やめないで人間やめる選択して
体調回復しないで会社もやめるハメになるのが最悪。

為政者が理由もなく国民殺しに来るタイミングは何度か歴史上あったようだが、今回はまさにそのタイミング。
ご乱心を起こしてる上級国民とか国とか医者とか弁護士がなんとかしてくれる、は絶対ない。

上級とマスコミは真に受けちゃダメ

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock