NO IMAGE

持病をブーストするコロナワクチン

NO IMAGE
Sponsored link

自分の知り合いには心臓障害ではないが、ワクチン接種したその日の夜から、1年以上、症状が出ていなかった持病のアレルギー疾患が悪化して、かかりつけ医を受診しても”因果関係なし”で片付けられた。

持病にブーストをかけるワクチン。

病気は病的細胞が増えて一定数になると発症します。血流の悪い箇所に病的細胞は集中するので、血流の悪い持病は弱点であり、より一層悪化します。集中しなくても病的細胞が血管の内側に張り付いて全身が悪くなることも。

病的細胞を毒薬で作って増やしてるだけです。

カネ勘定に夢中になって、やるべきことを何もしてこなかった医師の方々には病気の意味が理解できません。

日本の伝統芸能にまで昇華された「因果関係ナシ」で逃げ切れるか。

関連記事

コロナワクチンの3回目ブースターショットが計画されています。2回打ってひどい目にあった方々は「3回目は打ちたくない!」と怒り狂うのかと思いきや、「3回目も打たなきゃいけないわ〜」と打つ前提でいたりするのでもう驚きですよね。ワ[…]

IMG
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">