Sponsored link
NO IMAGE

第7弾!新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要

NO IMAGE
Sponsored link

新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要
(コミナティ筋注、ファイザー株式会社)https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000872495.pdf

2.専門家の評価
○令和3年2月 17 日から令和3年 12 月5日までに報告された 1,343 事例を対象に、ワクチンと死亡との因果関係について、専門家の評価を実施(別紙1)。評価結果は以下のとおり。
○追加の報告がなされた場合及び今後の事例についても、引き続き、専門家の評価を進める。
第 74 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副
反応検討部会、令和3年度第 25 回薬事・食品衛生審議
会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会

資料
1-3-1
2021(令和3)年 12 月 24 日
因果関係評価結果(公表記号) 件数
α(ワクチンと死亡との因果関係が否定できないもの) 0件
β(ワクチンと死亡との因果関係が認められないもの) 8件
γ(情報不足等によりワクチンと死亡との因果関係が評価できないもの) 1,335 件

『新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要』はどうせ無駄なので、しばらく忘れていましたが、ずーっとαがゼロ、やっぱり見ても無駄でした。

やる気ナシ

10代の死亡も出てきています。あと、馬鹿なかかりつけ医が患者にアホみたいに薬を盛ってるのがわかります。

政府「びた一文払わないし、認めないぞ!、接種が原因の死亡は接種後の死亡は違うぞ!」

接種前に死亡したらワクチンは関係ないので、「接種後の死亡」を前提として「接種が原因の死亡」を調べるべきなのですが、「接種後の死亡」は「接種が原因の死亡」と違うから安心だと自分で作った浅知恵の詭弁を信じる愚かな者もいます。

「接種後の死亡」は「接種が原因での死亡」であることの前提にすぎません。

不明不明って案の定、日本の伝統芸能「因果関係ナシ!」が炸裂。日本の伝統にまで昇華されました、と書いたら本当に伝統文化に昇華されてしまっており、もはや笑うしかありあません。

都合悪いと見ないふりは「いじめはなかった」でおなじみの公務員の得意技です。見なければ「ない」のでOKって具合です。

加害者が因果関係を有無を決めてれば、αもゼロで因果関係もナシか不明にになるのは当然です。患者を殺して自首した医者なんかみたことがありません。

事件の当事者に因果関係を有無を判断させてどうするのでしょうか。今回は裁判所も完全にあてになりませんが。公務員が一丸となって国民に犯罪を起こしてくるなんて想定外でしょう。

βとγに分ける意味がないし、はっきり否定するのもイヤだからγを作っただけ
です。よくみると、

α「否定できない」は、アンタができるかできないかの話
β「認められない」は、アンタが認めるか認めないかの話
γ「評価できない」は、アンタが評価するかしないかの話

全部おまえのさじ加減で決めてるようにしかみえず、不自然極まりありません。

α「関係ある」β「関係ない」γ「不明」でいいはずですが、いちいち逃げ道を残してるからおかしな感じが醸し出されてペテンにしかみえないのです。

もう「α  認めるのが嫌」だけでいいのではないでしょうか。勉強してもこんなことにしか頭を使えないわけですからお恥ずかしすぎます。

体内に注入してる以上、人間の生理機能に直接影響を与えるから原因関係から取り除くのはムリです。カレーパンを食べた後に死んだのはどうする、と屁理屈をこねている輩もいます。

その屁理屈を真面目に考えても、同じ薬でも口から薬を飲むより、注射器で薬を注入するほうが生命への危険度がはるかに高いのですから、原因関係から取り除くのは屁理屈を持ち出してもやっぱムリです。

詭弁でいつまで逃げるのでしょうか。

因果関係を好き勝手に決めてる奴ってだれなのでしょうか。薬屋からお金をたくさんもらっていて、中国人の彼女がいる奴なのは言わなくてもわかります。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock