Sponsored link
NO IMAGE

生命保険会社、コロナワクチン後の死亡保険金が40%増加したと発表

NO IMAGE

https://www.afinalwarning.com/582724.html

(Natural News) OneAmerica保険会社は、ワープスピード作戦で武漢コロナワクチンが導入されて以来、死亡請求が大幅に増加したと報告している。

インディアナポリスに本社を置く1877年創業のこの会社によれば、死亡率は流行前に比べて40%増加しているとのことである。そして、これらの死亡は、はっきり言って18歳から64歳までの労働年齢層で起こっているのだ。

この業界全体の傾向について、同社CEOのスコット・デイヴィソンは、「今まさに、アメリカだけでなく、このビジネスの歴史の中で最も高い死亡率を見ている」

「このデータは、このビジネスのすべてのプレーヤーに一貫しています」

インフルエンザ予防接種に使われるmRNA技術の発明者であるロバート・マローン博士は、彼の株式アナリストの同僚からOneAmerica保険会社の発表に関するメールを受け取り、ショックを受けたと語る。

“この見出しは、保険代理店の乾いたマニラ封筒に詰まった保険数理表を装った核自爆である “とマローンは書いているが、その見出しを指して、こう述べている。

インディアナ州の生命保険会社のCEOは、18歳から64歳の間で死亡が40%増加していると述べている。

ビッグファーマはビッグテックと協力して、コロナワクチンによる毎月10万人の過剰死亡を隠蔽している。

これまでマローンは、プランデミックに対してより保守的なアプローチをしてきた。彼は、ワクチンが悪い考えであることは以前から知っていたが、すべてを陰謀と呼ぶには至らなかった。

しかし、マローンが真実を語っただけでTwitterから追放されたことで、状況は一変した。

50万人以上のフォロワーへのアクセスを失ったマローンは、これは陰謀であるだけでなく、ビッグファーマ以上のものが関与しているという衝撃的な事実を知ることになった。ビッグテックも、注射のおかげで毎月10万人近い過剰死亡が発生している事実を隠蔽するために関与している。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".