Sponsored link
NO IMAGE

ハーバード大学の科学者Charles Lieber博士 ナノワイヤー DoD CC 武漢 covid 5G カーボンナノチューブ(CNT) 軍事ワクチン SpFN Spike Ferritin Nanoparticles など

NO IMAGE
Sponsored link

https://afinalwarning.com/580977.html

この話の簡単な要約は、ハーバード大学の科学者チャールズ・リーバー博士が、武漢の技術研究所と画期的な技術を共有する際に共産中国から数百万ドルを受け取ったと当局に嘘をつき、昨日6件すべての罪で有罪になったというものである。

また、2人の中国人、1人は人民解放軍の中尉でもある女性「学者」、もう1人はボストンのローガン空港から生物兵器(MERSとSARS株)を密輸しようとして捕まった人物も逮捕されました。

リーバー博士は、エキゾチックなナノワイヤー技術と、それが人間の神経学や生物学とどのようにインターフェースするかを専門とする天才レベルの科学者である。

彼の実際の特許のタイトルと番号の一部。

9,029,836 モノリシックに統合されたグラフェン構造の制御された合成 10,369,255 細胞、組織、その他の用途のためのナノ電子部品を含む足場 9,595,685 ナノスケール・ワイヤー、ナノスケール・ワイヤーFETデバイス。9,457,128 細胞、組織、その他の用途のためのナノエレクトロニクス部品を含む足場 9,252,214 ナノワイヤの放射状アドレッシングを提供する装置、方法、コンピュータプログラム製品 Townhallから。

ハーバード大学化学・化学生物学部のChair、Charles Lieber博士(60)は、今朝逮捕され、重大な虚偽、架空、詐欺的陳述の1件で刑事告訴されました。中国人のYanqing Ye(29)は、ビザ詐欺、虚偽の陳述、外国政府の代理人としての行為、および共謀の各1件で本日起訴された。Yeは現在、中国に滞在しています。

中国国籍のZaosong Zheng(30)は、2019年12月10日にボストンのローガン国際空港で逮捕され、21本の生物学的研究のバイアルを中国に密輸しようとした罪で刑事告訴された。2020年1月21日、鄭は米国からの物品密輸の1件と、虚偽、架空または不正な供述をした1件の罪で起訴されました。

2019年12月30日から勾留されている。裁判資料によると、2008年以降、ナノサイエンス分野を専門とするハーバード大学リーバー研究グループの主任研究員を務めてきたリーバー博士は、国立衛生研究所(NIH)と国防総省(DOD)から1500万ドル以上の助成金を受け取っている。

これらの助成金は、外国政府や外国団体からの財政支援など、重大な対外経済的利益相反の開示を要求している」と司法省は明らかにする。

2011年からハーバード大学に知られることなく、リーバーは中国の武漢理工大学(WUT)の「戦略科学者」となり、2012年頃から2017年まで中国の「千人計画」の契約参加者だった。

中国の千人計画とは、中国の科学発展、経済繁栄、国家安全保障を促進するために、ハイレベルな科学人材を誘致、採用、育成することを目的とした、最も著名な中国の人材採用計画の一つである。

ナノメッシュ、神経学インターフェース制御システム、ナノワイヤの「ラジアルアドレッシング

リーバー博士の別の特許:9,252,214 ナノワイヤーのラジアルアドレッシングを提供する装置、方法およびコンピュータプログラム製品 これにより、組み込みAIシステムが、人間の神経とインターフェースするナノメッシュ格子を制御し、人間を監視および制御することができるようになります。

この技術は中国に移管されていた。推測では、ナノメッシュ格子はワクチンに挿入され、注入されると、自己集合して、人間の神経を読み取り、制御する神経リンクのような計算インターフェースシステムになる可能性があるとのことです。

この技術によって、マーク・ザッカーバーグはゴーグルを使わずに、彼の「メタ」世界をあなたの脳に投影することができるようになるだろう。これはフルマトリックスシナリオで、これらのナノワイヤー/埋め込み型計算システムは、最終的にあなた自身の私的な思考(内なる対話)を読み取り、あなたの心という最も私的なものを監視することができるのです。

この技術は、トランスヒューマニズムと人類の「ボルグ化」を象徴しています。これは、神経レベルでの完全な奴隷化とマインド・コントロールのエンド・ゲームなのだ。

これは、「ワクチン」と偽って皮下注射で体内に入れることができる。(これは、すべてのワクチン注射がナノワイヤーペイロードであるという意味ではなく、ナノワイヤーペイロードは、そのナノスケールのサイズにより、そのような針に挿入することができるというだけである)。

5Gで活性化するカーボンナノチューブ「ペイロード」放出システム

カーボンナノチューブ(CNT)とそれを使った細胞への「ペイロード」供給方法についてお読みください。

これらのCNTは、特定の個人をターゲットとする5G放送などの外部信号によって活性化させることができます。

FBcoverup.comより、NNサーバーにミラーリングされています。研究タイトル 反応性分子動力学シミュレーションとDFTの観点から見た、カーボンナノチューブ内の水沸騰による薬物放出の分子的起源 研究内容から カーボンナノチューブ(CNT)は1991年、それ以前は1952年に発見されて以来、注目されるようになり、現在その有用性を見出すことができます。中空円筒構造を輸送体や容器として利用するアイデアは古くから提案されている。

最近では、タンパク質、核酸、その他の生物学的に活性な分子のような小さな治療薬のための新しいドラッグデリバリーシステムの開発を目指して、この新しい材料の特別な特性が医学界で見いだされるようになりました。

CNTは、そのユニークな特性から、ドラッグデリバリー、薬物送達剤としてのセンサー、温度上昇に伴う腫瘍の破壊、コレステロールや血糖値の測定、抗原の特定、毒性を伴わないDNA結合などに利用されています。

細胞内のCNTの潜在的な能力を考えると、CNTの潜在的な応用は、毒性作用のない薬物や抗体の輸送と送達に使用される。前述のように、レーザー光によってCNTに供給される熱エネルギーは、チューブ内の分子の運動を加速し、その結果、ナノチューブから放出されることが提案された。

また、CNTと分子の相互作用を弱めたり、破壊したりするのにも利用できる。レーザーの照射強度を調整することで、ナノチューブ周辺の局所温度を制御し、標的の生体細胞の死滅を防ぐことができる。

この技術は、Lieber博士のナノワイヤー「メッシュ」システムと組み合わされ、十分に複雑なレベルまで進化すると、人間の細胞内への「ペイロード」放出を外部から電磁的に制御できるようになり、事実上、二種類の兵器システムを構築することができるようになる。

ワクチン針がCNTを運ぶことができる。5GタワーはCNTを活性化することができる。唯一の問題は、ペイロードが何であるかということです。

米軍は1918年に「パンデミック」を起こし「スペイン風邪」と銘打ったが、実はワクチンが原因だった

1918年のいわゆる「スペイン風邪」は、スペインとは何の関係もない。実は、カンザス州のフォートライリーで米軍兵士に投与されたワクチンが原因で起こった、ウシに似た「パンデミック」だったのです。

この「ウイルス」によって死んだのは、実はワクチンを接種された人たちであり、今日と同じように、兵士たちは注射を打たれてから数分のうちに死に始めたのである。

これはすべてロックフェラー医学研究所の包括的な製薬会社支配のもとで行われた。エレノーラ・I・マクビーン博士の著書「豚インフルエンザの暴露」から。第一次世界大戦は短期間であったので、ワクチン製造会社はワクチンを使い切ることができなかった。

彼らは営利目的で商売をしていたので(今もそうだが)、それを他の国民に売ろうと考えたのだ。そこで、彼らは米国史上最大のワクチン接種キャンペーンを展開した。

しかし、それを正当化するような伝染病は存在しなかったので、彼らは別の手を使った。兵士たちはあらゆる種類の病気にかかって外国から帰ってきており、誰もが市販の予防接種を受けなければならないと宣伝した。国民はそれを信じた。

第一に、彼らは医者を信じたかったし、第二に、帰還兵は確かに病気であったからである。

軍医はそんなことは言わないので、それが医者の作ったワクチン病によるものだとは知らなかったのだ。帰還兵の多くは、このような薬害によって一生を棒に振った。

ワクチン後脳炎で正気を失った人も多かったが、多くの人がアメリカの地を離れたことがないのに、医師たちはシェルショックと呼んだ。

毒物入りワクチンがもたらした複合感染症は、医師たちを困惑させた。これまで、これほど多くの種類のワクチンを使って予防接種をしたことはなかったからだ。この新しい病気は、今まで注射したすべての病気の症状を持っていた。

高熱、衰弱、腹部の発疹、腸の障害など、腸チフスに特徴的な症状である。ジフテリアのワクチンは、肺のうっ血、悪寒と発熱、偽膜で詰まった喉の腫れと痛み、呼吸困難による窒息、それに続く喘ぎ、そして窒息の段階で酸素を奪われた滞留血液によって体が黒くなる、というものであった。初期には黒死病と呼ばれていた。

他のワクチンでも、麻痺、脳障害、ロックジョーなど、それぞれの反応を起こす。チフスの症状を抑えるために、より強力なワクチンを接種したところ、よりひどいチフスが発生し、パラチフスと名づけられた。

しかし、この腸チフスを抑えるために、より強力で危険なワクチンを作ったところ、さらに悪い病気ができてしまい、その病名がなかった。この病気は何と呼べばよいのだろうか?

ワクチンと抑制剤で作り出したフランケンシュタインのような怪物であることを、国民に知らせようとはしなかった。

つまり、自分たちがワクチンと抑圧薬で作り出したフランケンシュタインのような怪物であることを国民に知らせず、自分たちの責任から遠ざけるために、スペイン風邪と名付けたのである。

スペイン人は、当時の世界的な大流行が自分たちのせいだと言わんばかりに、このインフルエンザをスペイン風邪と呼んだ。

しかし、この名前は定着し、アメリカの医師やワクチン製造者は、この広範囲に及ぶ惨状、すなわち1918年のインフルエンザの流行の犯罪と疑われることはなかった。研究者たちが事実を掘り起こし、責任の所在を明らかにするようになったのは、ごく最近のことである。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".