Sponsored link
NO IMAGE

mRNA COVID-19 コロナワクチン接種後の健常者インターフェロンγ放出アッセイ結果

NO IMAGE

BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン接種後の健常者におけるインターフェロンγ放出アッセイ結果
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35059799/

概要
COVID-19の病態には体液性免疫反応と細胞性免疫反応の両方が関与しており、ウイルス感染に対する主要かつ最も有効な免疫反応として細胞媒介性免疫が議論されている。

COVID-19ワクチンも有効な細胞性免疫応答、特にSARS-CoV-2特異的T-helper 1およびTcytotoxic細胞から分泌されるIFNγを誘発することが想定される。

BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン(Comirnaty)を接種した健常者において,インターフェロンγ放出アッセイ(IGRA)試験を用いて,ワクチン接種後の細胞性免疫をモニターすることを目的とした.

接種後約1カ月に実施したQuantiFERON SARS-CoV-2 RUOテストを用いて,COVID-19 mRNAワクチン接種後の医療従事者37名(平均年齢54.3歳,範囲28~72,女性22名,男性15名)と対照としてワクチン未接種の健康な原住民15名の検査を実施した.また,ウイルス中和抗体の測定も行った.

COVID-19ワクチン接種1カ月後のSARS-CoV-2特異的IFNγは,37名中31名がSARS-CoV-2 Ag1およびAg2に対して有意な上昇を示した.また,ワクチン接種者と対照者のIFNγ濃度には有意差が認められた(p<0.01).

さらに,ウイルス中和抗体価とT細胞から放出されるIFNγ濃度には大きな相関が認められた(r=0.9,p<0.01).我々は、IGRA検査は、SARS-CoV-2に対して免疫を付与した場合のワクチン接種後の免疫反応の発達を評価するための優れたツールであると考える。しかし、IGRAに基づく検査は、ワクチン接種後数週間以内に実施する必要がある。したがって、長期的な免疫反応を評価するためにこれらの検査を適用することには議論の余地があると推測される。

IFN-γ
インターフェロンγ(IFNγ)は、活性化Tリンパ球およびNK細胞によって産生され、ほぼ全ての免疫応答や炎症応答に関与する分子量20-25kDa(モノマーの状態)の多指向性サイトカインです。IFNγは、T細胞、B細胞、マクロファージ、NK細胞の他、様々な細胞種の活性化、増殖、分化に関与しています。IFNγは、上皮細胞、内皮細胞、結合組織の細胞や単球系細胞株などの抗原提示細胞のMHC発現を増強します。弱いながらも抗ウィルス活性を示し、腫瘍細胞に対する細胞障害ではマクロファージ活性化因子(MAF)として働き、抗腫瘍効果をもたらします。

https://www.bc-cytometry.com

Sponsored link

IFN-γは馬鹿が毒入れたからできてるだけでした

サイトカイン

サイトカイン (cytokine) は、細胞から分泌される低分子のタンパク質で生理活性物質の総称。生理活性蛋白質とも呼ばれ、細胞間相互作用に関与し周囲の細胞に影響を与える。放出する細胞によって作用は変わるが、詳細な働きは解明途中である。

サイトカインとは
細胞シグナリングにおいて重要な小さい蛋白質(およそ5 – 20 kDa)であり、広範かつ緩やかな分類概念である。細胞からのサイトカイン分泌は周囲の細胞の行動に影響する。サイトカインはオートクリン、パラクリン、および内分泌のシグナリングに免疫調節因子として関与するといえる。サイトカインのホルモンとの明確な違いについては現在研究途上にある。サイトカインにはケモカイン、インターフェロン、インターロイキン、リンホカイン、および腫瘍壊死因子が含まれる一方、例えばエリスロポエチンのように多少の用語上の重複があるものの、一般的にはホルモンと成長因子は含まれない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/サイトカイン

サイトカインは細胞同士の情報を伝達し、免疫細胞を活性化させたり抑制しているのではなく
赤血球と異物が結合してできた病的細胞

ワクチンで赤血球と異物を結合させてサイトカインを作れば病的細胞ができて病気になる

これが理解できないからおかしくなる
サイトカインは異物をいれたからできてるだけ
薬品でサイトカイン分泌させても不健康になるだけ

サイトカインストーム
ウイルスの侵入や薬剤投与などが原因で炎症性サイトカインと抗炎症性サイトカインのバランスが崩れ、炎症性サイトカインの分泌が過剰になると、次々と炎症反応が起こります。この結果、自分の細胞まで傷づけてしまう現象を「サイトカインストーム」と呼びます。
https://www.macrophi.co.jp/special/1608/

炎症性サイトカインと抗炎症性サイトカインも異物をいれたからできてる

サイトカインストームほどにならないのは異物が少ないだけだから

免疫が自分を攻撃してるのではない
「ウイルスの侵入や薬剤投与などが原因」なのに免疫が攻撃とすり替え

医学の問題じゃなくて国語の問題だろ

免疫は毒を排出しようとしたり毒が心臓にいかないように頑張ってるだけ

炎症は病的細胞のこと

MHC (Major Histocompatibility Complex; 主要組織適合性複合体)
https://ruo.mbl.co.jp/bio/product/allergy-Immunology/article/nonself%E2%80%90discrimination.html/
私たちの細胞の表面には、MHCという糖タンパク質がたくさん(細胞1つあたり10万の単位で)発現しています。ヒトにおけるMHCのことをHLA(Human Leukocyte Antigen; ヒト白血球抗原)といいます。HLAを規定している遺伝子領域は第6番染色体短腕にあり、タンパク質の構造および機能の違いから、クラスI(HLA-A、-B、-C など)、クラスII(HLA-DR、-DQ、-DP など )、クラスIII の遺伝子領域に分類されています。HLAはヒトのなかで最も多型性(個人差)を示す遺伝子で、現在、HLA-A、-B、-C および-DRで1万種を超える遺伝子型が知られています。そのため、個体によって細胞表面に発現しているHLA分子は非常に多様性に富んでいます。これにより、自己と非自己(外来の細菌やウイルス)を識別し、免疫反応を開始できます。

mRNAワクチンでスパイクタンパク質ががんがんできるしなかなか消えない

こびなび 「mRNAはすぐに分解されます!」

スパイクタンパク質を排出することは病気を治すことにほかならない

病気の治しかたも知らないのに打つなよ

論文にならないとわからないのではオツムはどうなの

大半は論文も読まないけど

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".