Sponsored link
NO IMAGE

東亜産業PCRキット&5ALA

NO IMAGE

Sponsored link

東亜産業のPCR検査で偽陽性で恐怖に怯えよう
東亜産業の二酸化チタン入り5ALAで健康になろう

東亜産業ってなんなの?

 

「マスク寄付」「PCR検査キット」でぼろ儲けの「東亜産業」 会社トップはインチキ中国残留孤児2世

東亜産業の看板商品はネットで販売している「PCR検査キット」。検査費用は3000円で、販売実績は200万件を超えたとか。今年に入ると、「簡単!」「手軽!」「早い!」「安い!」を売り文句に、「PCR検査センター」を全国各地で続々とオープンさせている。

とはいえ東亜産業の場合、医療機関と無提携のため、たとえ陽性が疑われても保健所に届け出る義務はない。つまり、正確な陽性者の人数を行政が把握できない可能性が生じるのだ。厚労省は格安の民間検査会社に医療機関との提携を要請しているが、東亜産業は未だ無提携のままである。

なりすまし

東亜産業は1996年に渡邊社長が名古屋で興した会社。その設立から1年半後の98年1月。愛知県警外事課が、一人の中国人男性を公正証書原本不実記載同行使の疑いで逮捕した。

捕まったのは吉林省出身の劉凱鵬(りゅうがいほう)容疑者。逮捕6年前の92年、就学ビザで入国して日本語学校に入り、その年末、窃盗目的の住居侵入で捕まった。劉容疑者は入管から退去命令を言い渡され、入管難民法に基づく「上陸拒否者」の対象となる。

中国へ戻った劉容疑者は、父親の力も借りて中国残留孤児の女性の子どもになりすまし、94年、女性とともに再入国を果たす。翌95年、中国残留孤児2世として、愛知県豊橋市役所で外国人登録。これが公正証書原本不実記載同行使に問われたわけだ。

このインチキ中国残留孤児2世こそ、渡邊社長その人である。実刑は免れたものの、再び強制退去の身となったと見られる。だが日本人女性と結婚したからか、わずか5年の「入国拒否期間」を経て、2003年9月に再々入国。そして別の事件を起こし、逮捕されることとなる。

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/09301040/?all=1

東亜産業の手のひらの上で踊らされてるの?

売国政治家とつながっているの?

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".