Sponsored link
NO IMAGE

宮川花子 新型コロナウイルスのワクチン接種の影響でがんの数値が悪化

NO IMAGE

宮川花子、闘病記出版で相方大助の涙にツッコミ「あんたが泣いたらあかん言うたんやん!」
2/3(木) 12:20配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a69e4ec68c7d6beba0fcc753f7dd846192da08e

19年6月に救急搬送され、血液のがんの一種、症候性多発性骨髄腫を患い、当初は「余命半年」とも宣告された漫才師の宮川花子(67)が3日、相方で夫の大助(72)との二人三脚で闘病してきた様子をつづった「あわてず、あせらず、あきらめず」の出版会見をオンラインで行った。

2月3日の節分にあわせて「福を呼び込もうと」会見日を設定。今も週1回の通院、抗がん剤治療を続けつつ、復帰へ準備を進めており、花子は「これ、決して遺作品ではありませんので、私の希望をのせてますんで」と笑顔で語った。

花子は19年6月に救急搬送され、その先で多発性骨髄腫と判明。著書には闘病に加え、夫婦の出会い、漫才への思いも書き込んだ。

「入院した頃に大助君が『日記でも』と言うてくれたけど、首から下が動かんかった。はしも鉛筆も持たれへん」

中略

昨年、新型コロナウイルスのワクチン接種を受け、その影響で、病気の数値が悪化。“再発”状態となり、再び抗がん剤治療を受けている。病気については、一昨年末に会見して公表したが「あの時は治るもんやと思ってた。いけるもんやと思ってた。でも、だんだん勉強して、この病気は治らないと知りました。でも、これからも薬と、日進月歩で闘います」と正直に吐露。病と闘う決意の強さをあらわにした。

化学療法を経て、今は体調も安定し、状態もいい。副作用は「ホットフラッシュぐらい。汗がね、びしょびしょで。いや、これ更年期障害ちゃうか? って、先生に聞いたら『とっくに終わってるわ!』って」と笑わせた。

Sponsored link

そりゃ治るわけないわ

ワクチン

発がん

抗がん剤

発がん&体調不良

主治医に闘病させられる
運を使い果たしたんだろう

主治医をつけると治るものまで治らない
治らない原因が目の前にいてもみえてない

関連記事

佐野史郎の多発性骨髄腫のニュースがありましたが、宮川花子も多発性骨髄腫になったという会見をしていました。その隣には医者が座っていました。https://www.youtube.com/watch?v=ISYqM_hPtyEいくら[…]

IMG
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".