Sponsored link
NO IMAGE

史上最も有毒な5つのワクチンとそれらがどのように人間を傷つけ殺すのか

NO IMAGE
Sponsored link

コロナワクチンに限らず、これからはすべてのワクチンを避けるべきです。

史上最も有毒な5つのワクチンとそれらがどのように人間を傷つけ殺すのか

月曜日, 2月 7日, 2022 by: S.D. Wells
https://www.naturalnews.com/2022-02-07-5-most-toxic-vaccines-ever-invented.html

もしマスメディアと大手製薬会社の資金が、ワクチンが「安全で効果的」であると印刷され語られる寓話の背後になかったら、科学はそうでないことを証明するはずだ。

もしアメリカの医師がワクチンを批判したり、疑問を持ったりしたら、AMA、CDC、FDAによってすぐに閉鎖されてしまう。彼らは皆、科学的に安全性や有効性が証明されていない注射や接種によってもたらされた怪我や死亡を、他のもののせいにするように指導されているのだ。

ワクチンに関する査読済みの研究でさえ、彼らが発表したい結果に合うように捏造、偽造、歪曲されている。実際、それらの研究のいくつかは、コンピューターで作成された詐欺であることが既に明らかになり、撤回されなければならなかった。

ワクチンの仕組みの理論は本物だが、その設計は病気を予防するためではなく、人体のあらゆるシステムに障害をもたらすものだった

神経系、免疫系、消化器系、血管系は現在、慢性的な病気や死を引き起こす有毒なワクチンにさらされており、これは長期的な懸念にとどまらない。医師や科学者は、本当のワクチンではないコロナワクチンに警笛を鳴らしている。かつては、ワクチンは善玉の腸内細菌をダメにするように設計されていたのだが、今では人間の細胞を変化させ、中から毒素を作り出すようになっている。

ポリオの注射は癌を広げた。ほとんどの人はそれを知らない。シミアンウイルス40(SV40)は、1955年から1963年の間に1億人のアメリカ人に注射されたポリオワクチンの中に発見されたものである。ちなみに、SV40は癌を促進するウイルスであり、かつてCDCのウェブサイトにその事実のページがあった。

CDCのウェブサイトには、SV40について書かれたページがあり、最大で3000万人のアメリカ人が汚染されたワクチンを接種されたと推定されている。癌になったか?医師や看護師が決して読まない添付文書に記載されているワクチンの成分をチェックしてみるといいだろう。

ここでは人体にダメージを与える、これまでに発明されてきた最も毒性の強い5つのワクチンについて紹介する。

  1. コービッドのmRNAとタンパク質のペイロード注射「ワクチン」と「ブースター」。
  2. 複数回接種可能なインフルエンザワクチン(通称:インフルエンザ予防接種)
  3. ヒトパピローマウイルスワクチン(HPV)
  4. はしか・おたふくかぜ・風疹ワクチン(MMR)
  5. ロタウイルスワクチン

今日のワクチンには、対応することさえできない病気の生バージョンが含まれているだけでなく、遺伝子組み換え作物、感染した牛、豚、鶏、サルからのホルモン、未試験のウイルス組み合わせ(H1N1など)、アルミニウム、水銀、乳化剤、動物や蚊、病気の人間からの交雑細菌も含まれる。

以下は、決して使用を承認されるべきではなく、ましてや「安全で効果的」とみなされるべきではない有毒ワクチンである。

麻疹ライブ・ウイルス・ワクチン(Attenuvax)
メルク社製。1歳と4歳の2回注射をする。ゼラチン、ソルビトール、塩化ナトリウム、ウシ血清、卵タンパク質、ヒトアルブミンが含まれている。

麻疹・おたふくかぜ生ワクチン(M-M-Rvax)
メルク社製。1歳児に注射する。ゼラチン、ソルビトール、塩化ナトリウム、ウシ血清、ヒトアルブミンが含まれる。

ジフテリア、破傷風、ポリオのワクチン。
2歳から6歳の間に5回注射し、10年ごとにブースターが推奨されています。ホルムアルデヒド、フェノキシエタノール、リン酸アルミニウムを含む。

DTaP、IPV、HBV、Hib*(ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ、B型肝炎、B型ヘモフィルス・インフルエンザ)
2~12カ月の乳児に接種し、1年以内にブースター接種を行う。水酸化アルミニウム、ホルムアルデヒド、牛血清が含まれる。

ガーダシルHPV
メルク社製ヒトパピローマウィルスワクチン。まれな性感染症のため、9歳の小児に投与される。ポリソルベート80、塩化ナトリウム、アルミニウム、およびウイルスの「変性」(断片化され弱くなった)形態が含まれる。

 

チメロサール
神経毒性のある水銀で、自閉症の原因となる。インフルエンザワクチン1本に25μg含まれ、EPAの安全基準は5μgなので、複数のワクチンを同時に接種した子どもは、1日に安全基準の10倍以上の水銀を摂取することになる。

ヒトアルブミン
ヒトの静脈血漿をプールした血液中のタンパク質部分で、注射すると発熱、悪寒、じんましん、発疹、頭痛、吐き気、呼吸困難、心拍数が早くなるなどの症状が出る。また、「プール血液」を注射すると、体細胞量が減少し、免疫不全ウイルスに感染したり、SV40、AIDS、がん、薬物中毒者のB型肝炎などが含まれることがある。

ホルムアルデヒド
死体の防腐処理に使用される発がん性の高い液体。肝臓障害、胃腸障害、生殖器官の変形、呼吸困難、癌の原因となることがある。さらに、ホルムアルデヒドは、ワクチンが治療することを意図しているウイルスを不活性化しないことが知られており、その結果、生きたウイルスが血液に入り込み、体内に感染することを可能にする。

フェノキシエタノール グリコールエーテル
化学物質で、神経系、腎臓、肝臓に強い毒性がある。FDAは、化粧品において「中枢神経系(CNS)の停止、嘔吐、接触性皮膚炎を引き起こす可能性がある」と警告しており、血液に注入された場合を想像してください。

リン酸アルミニウム
水銀の毒性を大幅に増加させるので、水銀の最小許容量に関する注意は著しく過小評価されている。CDCの科学者やすべての医師は、このことをよく知っています。

MSG(グルタミン酸ソーダ)
注射すると神経毒になり、中枢神経障害や小児の脳障害を引き起こす。

腐敗したワクチン産業複合体の弁明者を見つけるのは難しいことではない

これはワクチン科学者で小児科医のポール・オフィット博士の話である。

彼は「ロタテック」と呼ぶブタ・ウイルス注射を発明し、数百万ドルを稼いだという。彼はこれをCDCに売り込み、自分の患者にも資金を提供した。

サーコウイルスというブタの致死性ウイルスにわざと汚染された注射を打たれた患者は、ひどい腸の傷を負うことになる。皮肉なことに、ロタウイルスはひどい下痢を引き起こすので、完璧に隠蔽することができるのだ。

今日のように、コロナ「血栓注射」によって、注射された羊の体内で起こっているすべてのワクチンの大惨事は、既往症や「長いコロナ」のせいにされる。

ポール・オフィット博士は、ロタウイルスのワクチンに決して入ってはならない豚のウイルスで何百万人もの子供たちを病気にすることで財を成したのだ。

ファウチ・インフルエンザ予防接種には、人間の細胞が何十億ものプリオンを作り、血液や浄化器官や脳を詰まらせるという指示は含まれていないはずである。これは免疫の構築とは全く関係がない。

それでもなお、世界で最も危険な小児科医は、全国の子供たちを感染させ、その過程で資金を調達するという汚い行為を続けている。

もし、ワクチン産業複合体であるVICに適切なチェック・アンド・バランスが働くようになれば、多くの医師や科学者が独房の中で今後何十年もその縦棒を見つめていることになるだろう。

これからのワクチンはmRNAが主流になるので避けないと大変なことになります。

ワクチンなんかない時代の人はワクチンを打たなくても生きていたのですから、医者に「死ぬ死ぬ」と脅され打たないようにしましょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".