Sponsored link
NO IMAGE

広域火葬計画 ワクチン死 たくさん死ぬ予定

NO IMAGE

一体何が始まるんです?

厚労省が広域火葬計画の整備を要請

Sponsored link

オミクロン死が続出する予定に
一気に火葬か

ワクチン死だけどな

広域火葬計画とは、大規模災害で多数の犠牲者が発生し、被災した市町村で火葬が追いつかない場合、周辺の自治体や県外の協力を得て円滑に実施するための計画である。

平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災では死者6000人を超える大被害が出たが、被災した市町の対応力が限界を超えてしまった。このため、これを教訓にして遺体の搬送手段や棺、ドライアイスといった資材、安置所の確保、連絡体制などについて事前に計画を作っておくよう国が都道府県に要請した。平成23年(2011年)に東日本大震災が起きると、その3年後の平成26年(2014年)7月と平成27年(2015年)3月にも改めて計画の策定や態勢の準備を求めた。

大規模災害のほかにも疫病の発生により死者の増加に対する火葬実施計画にも準用される。新型コロナウイルスのオミクロン株による世界的流行の第6波が直撃した令和4年(2022年)2月に、厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課より、感染患者の死亡者の増加が見込まれることから「災害発生時と同様に、広域火葬計画に則った形で要員の派遣要請及び受入を行うことが非常に重要となる」とした事務連絡が都道府県、市町村、特別区の衛生主管(部)局などに出されている。https://ja.wikipedia.org/wiki/広域火葬計画

オミクロン株の感染流行に対応した広域火葬計画の整備について

火葬行政関連業務については、日頃より御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

他方で、今般のオミクロン株の感染力の高さは各方面から指摘されているところであり、死亡者数も再び全国的に増加している状況にあります。

火葬場については、国民生活・国民経済の安定確保に特に不可欠な業務を行う事業者であることから、先月17日に事業継続方法の検討を依頼する事務連絡を発出したところですが、その後、各都道府県における対応状況を聴取したところ、新型インフルエンザ等の感染症のまん延時においても、災害発生時と同様に、広域火葬計画に則った形で要員の派遣要請及び受入を行うことが非常に重要となると考えられます。

このことは、死亡者数の増加に対応した広域火葬体制の整備という点でも同様であり、各都道府県におかれては、緊急の事態に対応できるよう、広域火葬計画を改めてご確認いただき、必要に応じて、下記広域火葬計画を参考に規定の整備を行っていただくようお願いいたします。 https://www.mhlw.go.jp/content/000894387.pdf

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".