Sponsored link
NO IMAGE

5G無線曝露とコロナ疾患との関連性を確認する画期的な研究結果

NO IMAGE
Sponsored link

5Gといったらキ・◯・ガ・イ

そう言われてた時代もありました

放射能もそうですが、目に見えないものが問題になると、とたんに役に立たなくなる高学歴の方々。想像力が欠落しています。

5G無線への曝露とCOVID疾患との関連性を確認する画期的な研究結果

https://www.naturalnews.com/2022-02-18-covid-disease-linked-5g-wireless-exposure-study.html

Journal of Clinical and Translational Researchに掲載された新しい研究により、武漢コロナウイルスの症状と5G無線放射との関連性が浮き彫りになりました。

これまでウイルスそのものに注目が集まっていましたが、この論文では、携帯電話の鉄塔からの電波など、病気を悪化させる環境に着目しています。

「すべての疾患に適用される疫学的三要素(エージェント-ホスト-環境)を考慮する上で、我々はコロナパンデミックにおける環境要因として考えられる、マイクロ波やミリ波を含む無線通信システムからの周囲の高周波放射について調査しました」と論文は説明しています。

「コロナパンデミックを引き起こしたウイルスであるSARS-CoV-2は、都市全体(第5世代[5G]の無線通信放射線[WCR])の導入直後に中国の武漢で表面化し、急速に世界的に広がり、最初は最近5Gネットワークを確立した国際社会との統計的相関を示しました」

2人の研究著者であるBeverly RubikとRobert R. Brownは、WCRの有害な生物学的影響に関する査読済みの科学文献を調べました。彼らは、WCRが有毒な環境補因子としてファウチインフルエンザの大流行に貢献した可能性があるいくつかのメカニズムを特定しました。

二人は、生物物理学と病態生理学の境界を越えて、5Gへの曝露が以下のような証拠であることを発表しました。

– 赤血球に棘細胞やルーローの形成を含む形態学的変化を引き起こし、凝固亢進の一因となりうる

– 微小循環を損ない、赤血球とヘモグロビンのレベルを低下させ、低酸素状態を悪化させる

– 免疫抑制、自己免疫、炎症亢進など免疫系の機能不全を増幅させる

– 細胞の酸化ストレスとフリーラジカルの産生を増加させ、血管傷害や臓器障害を引き起こす

– ウイルスの侵入、複製、放出に不可欠な細胞内Ca2+(カルシウムイオン)を増加させ、炎症性経路を促進する

– 不整脈や心疾患を悪化させる

5Gにさらされると本当にひどいコロナになるのですか?

5Gに限らず、ローカルネットワークシステムやWi-Fi、さらには携帯電話自体など、さまざまな機器からの低レベルWCRが内部毒性や細胞障害を作り出しているそうです。

また、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)の被ばくガイドライン以下の電力密度で、極低レベルのWCR被ばくによる非熱的生体影響(組織の加熱を引き起こす電力密度を意味する)が科学文献で報告されています。

「低レベルのWCRは、分子レベルから細胞レベル、生理的レベル、行動レベル、心理レベルまで、あらゆるレベルの組織で生体に影響を与えることが分かっています」と本研究は説明しています。

「さらに、がんリスクの増加、内分泌の変化、フリーラジカル産生の増加、デオキシリボ核酸(DNA)損傷、生殖器系の変化、学習・記憶障害、神経障害など全身に有害な健康影響を引き起こすことが明らかにされています」

地球自体は常にバックグラウンドで低レベルの自然な高周波を放射していますが、それは非常に低いもので、私たちの体はそれに対してネガティブに反応しません。これは、日常生活の中でますます浸透しているWCRの存在によって放射される人工的なRFの場合は当てはまりません。

興味深いことに、重症化するコロナの進行は、5G曝露による悪影響と密接に並行しています。これらには、血液の変化、酸化ストレス、免疫系の混乱と活性化、細胞内カルシウムの増加、心臓への影響などが含まれます。

「例えば、血液凝固と炎症はメカニズムが重複しており、酸化ストレスは赤血球の形態変化だけでなく、凝固亢進、炎症、臓器障害に関与しています」と本研究は説明しています。

「コロナとWCR被曝の間には、病理学的にかなりの重複があるのです。ここに示された証拠は、コロナの臨床的進行に関与するメカニズムが、実験データによれば、WCR曝露によっても生じ得ることを示しています。したがって、我々は、無線機器からのWCR曝露による有害な生物学的影響とコロナとの間の関連性を提案します」

 

さんざん言われてたタマホームの社長

 

文春報じたタマホームの「ワクチン接種したら5年後に死ぬ」「5Gがコロナ感染を引き寄せる」がデマな理由
7月20日、週刊文春がタマホームの玉木伸弥社長がオンライン会議にて「ワクチンを接種したら5年後に死ぬ」、「5Gがコロナ感染を引き寄せる」とのデマを発言したと報じました。

これらの主張はコロナに関する陰謀論のひとつとして有名なデマですが、なぜデマなのかを解説します。https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20210730-00250585

関連記事

タイミングが良すぎる次世代通信システム5G推進。異常なまでに執着するワクチン推進。ワクチンで体内に注入した粉状のチップで通信するわけです。人間に粉状のSIMカードを入れてスマホ化する計画を本気で実行しようとしています。電[…]

IMG
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".