Sponsored link
NO IMAGE

コロナワクチン逆転写

NO IMAGE

Pfizer BioNTech COVID-19 mRNAワクチンBNT162b2のヒト肝細胞内における細胞内逆転写について

概要
ファイザー社とバイオテック社が開発したCOVID-19 mRNAワクチンBNT162b2の前臨床試験において,BNT162b2注射を受けた動物に可逆的な肝機能の作用が認められた.さらに、最近の研究では、SARS-CoV-2 RNAが逆転写され、ヒト細胞のゲノムに統合されることが示された。本研究では,BNT162b2がヒト肝細胞株Huh7に及ぼす影響をin vitroで検討した.Huh7細胞をBNT162b2に暴露し,細胞から抽出したRNAに対して定量PCRを行った.その結果、Huh7細胞においてBNT162b2が高レベルで検出され、内因性逆転写酵素であるlong interspersed nuclear element-1(LINE-1)の遺伝子発現が変化することが確認された。BNT162b2 で処理した Huh7 細胞で LINE-1 open reading frame-1 RNA-binding protein (ORFp1) に結合する抗体を用いた免疫組織染色により、LINE-1 の核内分布が増加することが示唆された。BNT162b2で処理したHuh7細胞のゲノムDNAをPCRしたところ、BNT162b2に特異的なDNA配列が増幅された。この結果は、BNT162b2がヒト肝細胞Huh7に速やかに取り込まれ、LINE-1の発現と分布に変化をもたらすことを示している。また、BNT162b2のmRNAは、BNT162b2曝露後、6時間という短時間で細胞内でDNAに逆転写されることも示した。https://www.mdpi.com/1467-3045/44/3/73/htm

逆転写
RNAを鋳型にDNAを合成すること。mRNA鋳型に逆転写酵素により作られたDNAをcDNAとよぶ。https://www.weblio.jp/content/逆転写

逆転写酵素
https://www.weblio.jp/wkpja/content/逆転写酵素

逆転写の流れ。

この酵素は一本鎖RNA を鋳型として DNA を合成(逆転写)するもので、レトロウイルスの増殖に必須の因子として発見された。それまで、DNA は DNA自身の複製によって合成され、遺伝情報は DNA から RNA への転写によって一方向にのみなされると考えられていた(セントラルドグマ)が、この酵素の発見により遺伝情報は RNA から DNA へも伝達されうることが明らかとなりセントラルドグマの例外とも言われていたが、しかしこれは充分に起こり得ることであり真に起こりえないのはタンパク質のアミノ酸配列からゲノムが転写される方である(一つのアミノ酸コードに対し複数のゲノム配列があるため。及びアミノ酸をコードしない配列があるため)。

逆転写酵素はまた cDNA の合成に利用され、遺伝子工学や細胞で活動している遺伝子の同定など分子生物学的実験には必須の道具となっている。

レトロウイルスは RNA しか持っていないため逆転写して cDNA を作る。HIV などの増殖に必須であり、阻害剤が治療薬剤として使用される。エイズの治療薬として有名なアジドチミジン (AZT) をはじめとして、ddC、ddI、ネビラピン、ピリジノン、HEPT などの抗エイズ薬は HIV の逆転写酵素の作用を阻害する。

レトロウイルス以外にも、DNAウイルスであるB型肝炎ウイルス (HBV) の増殖にも必須の因子であることが分かっている。B型肝炎ウイルスは転写でプレゲノムRNAを生成したのちに逆転写によってDNAを合成している。B型肝炎の治療薬として用いられるラミブジン、アデフォビル、エンテカビル、テノフォビルといった薬剤はHBVの逆転写酵素の作用を阻害する。

Sponsored link

逆転写は細胞内にRNAが入り込む、といった考え方

現代生物学では細胞から細胞が生まれて倍々に増えると説明するにとどまり、最初の細胞がどう出現するのか、細胞がないところから細胞が生まれる過程について説明がありません。

赤血球の分化作用を踏まえると、細胞ができる前にRNAが入り込む、と考えることになるわけです。

赤血球がウイルスをとりこんだまま融合

ウイルス入り細胞に成長

赤血球が集まり融合して細胞に成長する、とすると、異物やmRNAワクチン成分が細胞に取り込まれ、病的細胞に成長するのは当然の結論となります。

血液に異物いれりゃ変な細胞ができるわな、と驚愕の結果でもないことになります。

抗ウイルス薬アビガンやイベルメクチンような薬品を取り込んで細胞に成長した結果、奇形になる

形が変わったのだから遺伝子も変更されたことになる

抗がん剤という発がん物質を注入し、毒を取り込んだ赤血球が病的細胞がん細胞に成長するわけです。

IARC発がん性リスク一覧(IARCはつがんせいリスクいちらん)は、国際がん研究機関 (IARC) による発がん性を有する対象の一覧である。https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧

医師にがんだらけにされ、マスコミや医師は全身がんの治療だと言い張ります。

食事療法で血液がきれいになり、逆分化作用でがん細胞が崩壊し異物・毒を排出するわけです。

患者が食事療法などを切望しても、無視して抗がん剤を打ちまくってきた東大医学部の教授4人が、自らががんになったら4人とも抗がん剤拒否で、食事療法で治したという、笑えないエピソードがある。http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/795.html

こう考えると、治療された患者は抗がん剤を打たれ、がんだらけにされてみんなぶっ殺されているというのに、抗がん剤を打たない医師だけがピンピン生きてるのも納得できるわけです。

抗がん剤を拒否してたら生きてたのに、出世させてくれた抗がん剤を否定されて腹立たしくなり、医師が無理やり打ったら死にました、とか、患者ががんで死んだようにみせかけたくて隠れて抗がん剤打って医師が急変させてた自作自演トリックなど、アホな話で枚挙に暇がないがん治療。

病院内で医師や看護婦が患者に近寄ると偶然、遺伝子のコピーミスが起こる、というのが現代医学の見解だそうです。

「僕は悪いことなんかしてないのに、患者が食事療法や気功だと言ってるうちに進行して手遅れになるんだ」
と医師がいうものだから

じゃあ何もしてないんですか、何もしないならお嫌いながん放置療法になりますよ

というと

早くやらないから悪いんだ

と。

早く注入すると薬として作用するけど、遅く注入すると効かないらしいのです。

いつやれば早いのかよくわかんないし…..

担当した患者が突然死、みんな死亡で手遅れ、誰一人早く注入できなかったんですかね

なんかやったんでしょうね。

 

薬物で人相が変わる
放射能でおかしくなる

異物のとりこみすぎで塩基配列なんかコロコロ変わってるわけです。

血液の成分にDNAがないことからDNAから細胞ができる、とするのも無理があるしhttps://ja.wikipedia.org/wiki/血液
細胞分裂説は細胞から細胞ができるとの説明で答えになってないわけです。

DNAは、赤血球が集まり融合する際か後にできるもの、と考えれば、血液中にDNAがないのは当然となる。
で、細胞が破壊されてDNAも壊れて血液中に流出したのがRNA(血液の成分にRNAは上記wikiに記載されている)
RNAが血液の酸性化で血液の質が悪くなると、悪い細菌やウイルスに成長する。

人工的に作ったRNAを注入して逆転写で病的細胞を作成、
血液の酸性化で血液の質が悪くなり、細胞が破壊されRNAが血液に流出し、悪い細菌やウイルスに成長し、接種後にウイルスまみれ難病になるのがコロナワクチン

と考えられるわけです。

で、デマ太郎教授は

「ワクチン接種で遺伝子が組み換えられる」
mRNAワクチンが遺伝子に組み込まれる可能性はありません。

ヒトの遺伝情報はDNAの形で細胞の核の中に保存されています。

mRNAは細胞の核に入ることができません。

仮に、mRNAが細胞の核に入ったとしてもRNAをDNAに変換できませんし、それをヒトのDNAに組み込むこともできません。https://www.taro.org/2021/06/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.php

細胞が赤血球からできるわけないと怒られたりしますが、これも仮説でした。
辻褄があわなくなり、無理やりこじつけの言い訳だらけにになる程度の低い仮説なわけです。

「科学的根拠」という言葉に弱い私たち。
でも、「科学の99.9%なんて仮説に過ぎない」と、この本は忠告している。
たとえば、飛行機が空を飛ぶ仕組みは、実はよくわかっていないとか。かつて天文学者たちはガリレオの自作した望遠鏡の性能を信じなかったとか。ノーベル賞を取った医学的治療の評価が、のちに180度変わって悪名高いものになったとか。
こうしたいくつもの科学的、あるいは歴史的な事例を通して、いかに我々が科学的根拠や世の中の常識を「正しい」と思い込んできたことか。そしてそれらを疑う「目」を持つことが、いかに困難であることか。
「思い込み」というのは、それを思い込んでいる本人が、それを「思い込み」だと気づいていないことに最大の厄介さがある。もしこれが個人ではなく、社会単位、国家単位の「思い込み」になれば、大きな紛争にだって発展しかねない。いや、歴史はそれを証明してきた。
知らず知らずに「思い込み」とういうアクセルを強く踏み込んでしまうと、やがて「暴走」になる。
少数者の警告を、大多数が「そんなこと、ありえない」と笑って聞き流しているうちに、世界はすでに暴走を始めているのかもしれない。
99・9%は仮説~思いこみで判断しないための考え方~ (光文社新書)

馬鹿がみんなで暴走しました

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".