Sponsored link
NO IMAGE

生稲晃子 3回IGファルベンモデルナワクチン接種 発熱の副反応なしも腕は今回が1番痛い

NO IMAGE

生稲晃子 3回目ワクチン接種 発熱の副反応なしも「打ったほうの腕は今回が1番痛い…上げるのがきつい」
3/3(木) 8:35配信https://news.yahoo.co.jp/articles/bbc6851a23da873a2d3b39a3c210319c9a90506e

元「おニャン子クラブ」のメンバーで女優の生稲晃子(53)が3日までに自身のインスタグラムを更新。3回目の新型コロナウイルスワクチンの接種を終えたことを明かした。

「昨日コロナワクチン3回目接種していただいてきました」と報告。「2回目の時、翌日39.2度の熱が出て結構辛かったので、今回も出るよなと確信した私は、テーブル上を完璧にしておきました」と体温計や飲み物、薬が用意されたテーブルの写真を投稿した。

そして「今朝元気に起きて、娘の弁当作り。もうすぐだるくなってくるだろうと、やらなくちゃいけないことをサッサと終わらせておかなきゃ!と考えた私は、キッチンを片付け、洗濯をし、掃除…そして洗濯を取り込んで…あれ動けてる。買い物してきちゃおうとスーパーへ!夜、手冷たいし。高熱出ませんでした~」と副反応による発熱の症状はなかったと明かした。

また「私は3回ともモデルナです!!打ったほうの腕は今回が1番痛いです。今もまだ上げるのがきつい!微熱はあり、最高が37.2度…でも我慢できちゃうタイプなので全然平気です。と、こんな感じで私の3回目接種は無事、軽く終わりました」とした。

Sponsored link

生稲晃子(1917)がロシア革命

がんとの闘い
2011年3月、42歳の時にがん発覚。4月28日、43歳の誕生日に乳がんの告知を受ける。(正式な告知を受けたのは2011年4月28日)。5月6日に腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受け、放射線照射と薬による治療を続けた。2012年の夏、再発が判明。がんのできた部分を切除する再手術を受ける。2013年10月に3度目の切除手術、同年12月27日に右胸の全摘手術を受けた。2015年10月27日、右乳房の再建手術を受ける。同年11月、自らのがんを公表[12]。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%A8%B2%E6%99%83%E5%AD%90

また闘病するハメに

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".