Sponsored link
NO IMAGE

コロナワクチンによって強化、複合、悪化する病気

NO IMAGE

コロナ「ワクチン」によって強化、複合、悪化する病気
2022年03月01日(火)

https://www.naturalnews.com/2022-03-01-illnesses-intensified-compounded-exacerbated-by-covid-vaccines.html

米国の医師は、健康問題に関しては、決してワクチンのせいにしないので、この恐ろしい注射の健康被害を受けているアメリカ人は誰も真犯人を知らない。

もう何十年も前から、ワクチンには人体に決して注入されてはならない毒素が含まれていることが知られている。これらの汚染物質は、肺、消化管、皮膚など、身体の正常なフィルターや防御システムをすべて迂回してしまう。反応はすぐに出るものもあれば、数日かかるものもある。また、数ヶ月から数年かけて、その姿を現すものもある。しかし、そうなった場合、それは破壊的なものとなり得る。

医師は、ワクチン毒素を免疫反応を引き起こすのに必要な「アジュバント」や「賦形剤」として言い訳するように訓練されている。

アメリカの医師は、チメロサール(水銀)、アルミニウム、塩化ナトリウム、MSG、ラテックス、ホルムアルデヒド、ピーナッツオイル、ゼラチン、スクワレン、ヒト中絶細胞などの毒物を、免疫反応を引き起こすのに必要なアジュバントや賦形剤として言い訳するように訓練されている。彼らはいつもこう言う。「十分ではない」とか「ごくわずかな量だから害はない」と。大嘘だ。

これこそ誤報の典型だ。これらの物質は人体にとっては毒で、免疫系をショック状態に陥らせ、時には永久的な損傷を与えるほど中枢神経系を混乱させる。

さらに、子供や赤ちゃん(胎内を含む)は、ピーナッツ、乳製品、卵、ラテックス、大豆、グルタミン酸ナトリウム、その他ワクチンによく含まれる毒素に対して重度のアレルギーを発症する。これは、筋肉組織や血流に直接(血液/脳関門さえ越えて)繰り返し注入されたからである。

コロナ血栓注射はさらに健康上の問題を悪化させ、致命的な問題を新たに発生させる

最近のファイザー社のテレビコマーシャル(ラジオも)を見ていると、心房細動(AFIB)、心筋炎、不整脈を正常化させようとし、まるで健康な子供やスポーツ選手、軍人はこれを期待すべきかのように吹聴する。ファイザー社は、彼らの血栓注射に主な原因があることは言及しない。

コロナワクチンは、血管を詰まらせるためにくっつく(結合する)何十億ものスパイクタンパク質(有毒なナノ粒子)を注射または作成するため、心臓や血液の問題のない健康な人を含む何百万人もの人々が、心臓負担、心不全、死に苦しむことになる。ブースターショットは、殺戮に拍車をかけているだけだ。

さらに、コロナ「ワクチン」は、DNA損傷修復機構を阻害することにより、癌を引き起こす。このことは科学的に証明されており、コロナワクチン投与後に患者の血液とDNAを検査する医師によって暴露されている。

実際、Multidisciplinary Digital Publishing Institute(MDPI)が発表した新しい研究により、何十億ものスパイクタンパク質がDNAの自己修復を「著しく」阻害することが明らかになった。つまり、「自然免疫」に別れを告げることになるのだ。

言い換えれば、コロナワクチンは、人間をより多くのワクチンに依存させることを目的としており、一方で、自然免疫系と細胞が自己修復して適応する能力を麻痺させる。

具体的には、傷つけられる遺伝子は、がん腫瘍を抑制する遺伝子だ。これが、ちょうど2年前にコロナ遺伝子変異注射が市場に出て以来、新しいがん患者が急増している理由の一つである。

コロナ「ワクチン」によって強化、複合、悪化される病気には、がん、血栓、コロナそのもの、心筋炎、不整脈、AFIB、神経障害、慢性無気力とうつ、アレルギー、レストレスレッグ症候群、不眠、自己免疫疾患と機能障害(ADE)などがある。

CDCおよびFDAの臨床試験から抽出された第IV相データによるモデナCOVID「ワクチン」によるレストレスレッグ症候群

CDCが推奨するレストレスレッグ症候群(RLS)の永久注射をもう打ちましたか?

コロナワクチン第IV相臨床試験が分析・統合され、遺伝子治療注射によるRLSの発症と悪化に関する恐るべき統計が明らかになった。

モデルナ社のコロナ注射でRLSを発症した人の40%以上が、その日のうちに発症し、半数近くが血栓注射を受けた同じ週にRLSを発症した。それらの犠牲者の75%近くは女性であり、影響を受ける年齢の幅も広く、ほとんどが30歳以上だ。

さらに悪いことに、モデルナコロナワクチンでRLSを発症した人の60%は、決して回復しない。その他の副作用としては、頭痛(33%)、全身痛(29%)、慢性疲労(33%)、吐き気(28%)、悪寒、発熱、めまい、脱力感、不眠症などがある。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".