Sponsored link
NO IMAGE

症状の役割、解毒の意味

NO IMAGE
Sponsored link

重曹を飲んだら急にお腹が痛くなって下痢になったという人がいます。

少量で慣れればいいものを、調べもしないで欲かいて一気に大量摂取したりで文句を垂れる者もいたりします。

体に良いものは、体の中に溜まった毒を出す力が強まるので、どうしても具合が悪くなります。

普段から健康的な生活をしている人ならば大したことはないのですが、ゴミのような物質ばかり取り込んでいる現代人の血液は汚れまくっています。

毒まみれの体のために、健康になろうとすると体調が一時的に悪化します。

解毒の意味

急に具合が悪くなったものだから、こんなものは効かないと決めつけてしまうのです。もったいない話です。

毒を出して良くなろうとしてるのを、医師が悪化したと誤解し抗がん剤を打って死なせ、がん死にして逃げる、などのひどい例もあります。がん死にして逃げりゃバレないから、と勝手に抗がん剤を無断で投与しまくり、がん死にみせかけている医師もいます。がんという不治の病と戦っている崇高な医師を自己演出したかったんだそうです。

医師が患者に近寄ると遺伝子の突然変異やコピーミスが起こるらしいです。なんでも出世競争に勝ちたいそうで、自分ががんになったら、治った人がいないから抗がん剤を打たないそうです。

医師が関わると、どんな努力も水の泡です。

人体は生体防御として毒を出してる機能を医師は知りません。免疫細胞が異物を破壊するとか夢でも見てるようですが、治療の基本は異物の「排出」です。

解毒の意味を理解していないのです。解毒をいったいなんだと思っているのでしょうか。人間の体内に溜まった毒は細胞となり体内に残っています。毒を出す時には必ず血液が一時的に汚れて苦しみを味わうことになります。

痛みがなくなったというのなら、神経を麻痺させるか細胞内に無理に取り込ませるなどして痛みを感じさせなくしただけです。

細胞に取り込まれるというmRNA遺伝子治療薬ワクチンでも出血や帯状疱疹が副作用にみられる以上、毒を出そうとしているのです。この排毒機能を最大限に引き出さないと後遺症はクリアできないでしょうが、最低限にしようとしてるのが医師です。

コロナ騒動初期には「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」とか抜かしてましたが、いまだに一発もあたることなく、収入だけはアップしてるのだから手がつけられません。

具合が悪くならずに回復の危険

急に元気が出てきた、絶倫になったなんて薬やワクチンもありますが、栄養剤などでないなら、覚醒剤的効果の疑いがあります。

人間の体内の骨が溶けてナトリウムの電子が補給されて一時的に回復はします。体を犠牲にして回復するので、最初のうちはスーパーマンになったように感じますが、あとから骨がボロボロになります。

覚醒剤をしている人は歯がボロボロなのは骨が溶けてるから、と推測できます。最初のうちはスーパーマンになったように感じるので、その快感が忘れられず、薬を常用するようになるわけです。

自分の病気を治せないのに他人の病気を治すのは無理

回復をする際には必ず好転反応はついて回ります。症状は、具合がよくなるときと悪くなるときに現れます。これが見抜けないなら医師ではありません。

好転反応など存在しないという医師もいますが、それは病気を治した経験が一度もないから見たことがない、ということです。

自分が病気になったこともないし、担当した患者が「ありがとう」と言いながらみんな死んでいったので、患者の口コミがなく自己アピールするしかないんでしょう。患者を死なせ死体の山を作り、自分だけ生き残った医師ってなんなのでしょうか。

自分の病気を治したことがないのに、他人の病気を治そうというのは無理な話です。

症状と言われるものはその箇所に病的細胞が集中してしまい、血液の流れが悪くなり痛みが生じ、その箇所が病気になっていることを示す兆候です。薬で痛みを消してしまうことによって気が付かないうちに薬と異物が病的細胞となり、病気が進行してよけい悪化している、という結果になるのです。

症状の意味すら考えない

その箇所が不具合を起こしてるのに、薬を使って見て見ないふりをするというのもいかがなものでしょうか。

その箇所が不具合があるとわかってるのに、わざわざ放射線被爆させて検査して再確認するのも馬鹿みたいな話です。

検査しても異常がないからと逃げる医師もいますが、具合が悪いと言ってるのだから具合を悪くする原因はあるのです。

具合が悪いと言ってるのに検査に異常がないから病気ではないです、というのなら検査の存在意義がありません。

症状がないのに早期発見して早期に治療したら手遅れで死にました、なんてほざき出す愚かな医師もいます。

症状を基準に考えてはいけません。症状がなくなったからといって病気が治ったことにはなりません。

ワクチン後遺症のように一時的に症状が消えたものだから後遺症が治った、なんて甘く見ていると再発するのです。体の中に毒がまだ溜まっているからです。

症状がなくても、その毒を出し続ければならないのです。ステロイドで小康状態にするなどと言うのは、どれだけアホなことなのかを理解した方がいいです。

検査して病気を発見してその病気が手で取れると考えているのなら、患者を治療する前に、ご自分の頭のお粗末さを治療すべきでです。いくら価値の高い方法を与えても、豚に真珠は与えるなの格言通り、馬鹿に教えても無駄ですが。

健康になりたいなら体調が悪くなるのも覚悟するべきです。苦しみもなく簡単に治るなんてのは虫がいい甘い考えです。

当サイトは、医師にさじ投げられたりで追い込まれた人向けに書いてるので、大して覚悟もないツイッターで聞きかじったようなそこそこ健康な人に難癖つけられても困ります。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".