Sponsored link
NO IMAGE

ファイザー社の文書によるとコロナワクチンは「安全かつ効果的」ではなくmRNAナノ粒子が体内を循環していることを知っていた

NO IMAGE

https://www.naturalnews.com/2022-03-10-pfizers-own-documents-prove-they-knew-covid-vaccines-not-safe-mrna-nanoparticles.html

2021年末、米連邦地裁のマーク・ピットマン判事は、ファイザーに “コロナワクチン “の関連データをすべて公開するよう命じた。食品医薬品局(FDA)はファイザーを守ろうとし、今後20年間はデータを機密扱いにすることを提案した。

しかし、裁判所は、人々の生活と健康を破壊するために傲慢かつ横暴に使用されてきた製品の透明性を求め、情報の迅速な公開を命じたのである。

毎月5万5千ページのペースで文書が公開される中、研究者たちはコロナワクチンの真実を記録している。一つは、これらの注射はRNA複製技術を使って自然免疫系を悪用し、スパイクタンパク質の生物兵器の変種を大量生産しているということだ。

このため、免疫力の低下が広がり、疾病が強化され、患者数の増加、入院、死亡の原因となっている。さらに、ファイザー社自身の文書により、同社のコロナワクチンが「安全かつ効果的」でないことを知っていたことが証明されている。

ファイザーはまた、mRNAナノ粒子が体内を循環し、臓器に損傷を与えることも知っていた。FDAはとにかく緊急使用承認(EUA)を与え、ワクチンの「安全性」と「有効性」について国民に嘘をついた。

犯罪的過失か犯罪的陰謀か:コロナ19ワクチンに関するファイザーとFDAの欺瞞を解明すること

この医療過誤の歴史的問題におけるFDAの行動には、2つの説明しかない。FDAが過失でこれらの文書のデータを無視したか、あるいは詐欺を行い国民に害を及ぼす犯罪的陰謀に積極的に参加したかのどちらかである。

なぜFDAは、過去に医薬品を違法に宣伝し、司法省史上最大の医療詐欺の和解に至った会社(ファイザー)を盲目的に信用するのか?

ファイザー社の文書が公開された以上、ファイザー社とFDAの両方が起訴されるべきだろう。医薬品を違法に宣伝しただけでなく、国民に有害な製品を押し付けるために欺瞞と強制を用いたことで、起訴されるべきなのだ。

ファイザー社の文書は、公衆衛生上の重大な問題を提起している。これまでに少なくとも5万ページが公開されている。この文書の中で、ファイザー社は、絶対的なリスクの減少を無視して、エンドポイントを操作するために不正な診断基準を利用した研究デザインであっても、自社のワクチンがコロナを「予防」すると何度もFDAを安心させたのだ。

ファイザー社は、ワクチン接種を受けた人が、ワクチンの副作用に苦しんだ後でも、コロナ陽性反応を示し、同じ呼吸器症状を起こす可能性があることを理解していた。しかし、ファイザー社は自社のワクチンがコロナを「予防する」と繰り返し主張し、その効果についてFDAに嘘をつき続けた。

文書の中でファイザー社は、16歳以上の人にこのワクチンを「SARS-CoV-2によるコロナを予防するための積極的な予防接種」に使用するよう指示した。

しかし、ファイザーとFDAは、ワクチンの “効果 “がすぐに衰えることを示すデータも持っていた。そのデータは、2回接種しても、わずか1ヶ月でワクチンの効果が薄れることを示している。しかし、FDAは、ワクチン接種者がワクチンの効果を発揮するために毎月ブースターが必要であることを警告していなかった。

ファイザーとFDAは、ワクチンが広範な被害をもたらすという明確な証拠を持っていた

また、ファイザー社はワクチンの有害事象に関する圧倒的なデータを持っていた。製薬会社は、ブースター注射を追加するたびに有害事象が増加することを知っていたにもかかわらず、FDAは最初から2回接種のプロトコルを承認し、健康リスクが高まっている証拠があるにもかかわらず、3回目のブースター注射まで承認した。

ファイザー社は一連の文書の24ページで、有害事象の用量依存的な性質について書いている。この有害事象には、筋肉の壊死、線維化、脾臓の大きさと重量の増加とともに、深刻な等級の浮腫と紅斑が含まれていました。

「この副作用の発生率と重症度は、最初の注射と比較して、2回目、3回目の注射の後に高くなった」とファイザー社は書いている。

ファイザー社は、mRNAのナノ粒子が注射部位から移動した証拠も持っていたが、政府とメディアは、mRNAが分解され、全ての過程が三角筋に留まったと繰り返し嘘をついた。

ワクチン成分は主に卵巣、肝臓、脾臓に移動したが、副腎、膀胱、骨、骨髄、目、大腸、リンパ節、膵臓、唾液腺、皮膚、小腸、精巣、胸腺、甲状腺、子宮にも増殖していた。

ファイザー社とFDAは、ワクチン接種群がプラセボ群よりも全身性の有害事象が多く発生していることを示す明確なデータを持っていたにもかかわらず、ワクチン接種者は軽症でワクチン未接種者は「公衆衛生上の脅威」であると主張して、公衆に対して嘘をついた。ファイザーは、ワクチン接種者がワクチンによる健康への悪影響を経験する可能性が2~25倍も高いことを知っていたのだ。

文書の中で、ファイザー社は、容易に却下できる根拠のない報告に頼る受動的な有害事象監視システムを断固として好んだ。ファイザー社は、ワクチンによる傷害を正確に記録するための追加コストを負いたくなかったし、ワクチンによって傷害を受けた家族に補償することも望まなかったのである。

明らかに、ファイザー、FDA、CDCのいずれも、これらのワクチンについて適切なインフォームド・コンセントを与えず、無数の人々に一生を害する一方、偽情報で国民に嘘をつき、国民の信頼を損ねたのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".