Sponsored link
NO IMAGE

ワクチン後遺症の治療に現代医学は敗北する

NO IMAGE
Sponsored link

デマ治療を散らかさないで!と叫んでいる者がいます。やりたい人だけ自己責任でやればいいわけですが。

責任は自分の不健康という結果で引き受けなければなりません。医師が悪化させばっかりなんだから、答えのない状況で、答えをみつけなければならないので、患者も大変です。

医師の言うことを安易に信じるにしろ、自分の不健康という形で結果を受け入れているのです。医師に騙し殺されて、責任を取った医師をほぼみたことがありません。たまに捕まってる方もいますが。

ワクチン後遺症の治療に全ての現代医学は敗北します。

イベルメクチンも同様です。イベルメクチンは骨を溶かして骨を溶かした成分で、酸化した赤血球を還元させているので体が弱ってしまい、免疫力が低下するということなのです。血液を酸性にしてることを意味します。

骨を溶かして駆虫する一時的に回復する覚醒剤的効果です。連続使用は危険ですが 、骨を溶かして回復した経験を忘れられず依存しやすいです。

骨を溶かしてるんだから一時的に元気になったように感じます。

病気もよくなった、ようにみえます。

ちなみに、コロナワクチンで絶倫になったという話もありますが、同じです。骨が溶けた成分が精巣に蓄積してギンギンになって元気になったと錯覚してるのですが、骨がもろくなっています。あとで骨折してました、歯が折れました、なんて報告が目に浮かぶようです。

ファンの方には申し訳ありませんが。

東洋医学的な観点では、好転反応の伴わない治療は失敗を意味します。

好転反応は発熱下痢などの不快な症状のことです。
薬を飲んでいきなり元気になったら治療ではないのです。

健康なものを食べて下痢したとか具合が悪くなったと文句を垂れますが、わかってないのです。薬で楽して不快な症状を消そうとするのは、目先の欲にとらわれ過ぎです。これが薬害の本質です。医師も患者も楽しようとして、患者はよけい苦しむハメになるのです。

発熱したから適切な治療になっている、わけではありませんので注意です。適切な治療には発熱などが伴うといってるので、論理を誤らないでください。毒を注入しても発熱・下痢は起こり得ますが、こんなのは免疫反応でも好転反応でもありません。

血液を酸性にする薬物では、細胞膜を破壊するコロナワクチンの効果を増幅させワクチン後遺症を悪化させるだけです。

従来の現代医学は、血液を酸性化にするものばかりなので何も治せませんでした。

医師が、自分たちで引き起こしたワクチン後遺症も治すことはできません。

がん患者も余計がんだらけにして患者を殺害している医師の方々には何も治すことはできません。他の治療法を模索する者を詐欺師呼ばわりして、無力な自分を慰めて正当化して逃げるだけが関の山です。

オカルトワクチンを無批判に信じ込み、大薬害を引き起こした張本人が、デマやオカルト医療に騙されないで、などと、どの口が言ってるのでしょうか。デマを撒き散らさないでなどと言ってるヒマはもうないですよ。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".